Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今日からWBCが開幕します。
日本代表の王監督は「真剣勝負」を口にしますし、イチロー選手も「国のために戦うのは名誉なこと」と言います。もちろん各国代表もやるからには負けるつもりはないでしょう。メディアも“野球版W杯”と報道したりしています。
ですが例年だとキャンプ序盤のこの時期。世界大会を行うのに適しているかと言うと疑問ですし、サッカー等のW杯と決定的に違うところは、コレが米MLBの興行であるということです。
開催時期、球数制限、スター選手の不参加、キューバ問題、各国のゴタゴタなどなど諸々の懸案も、豪腕セリグ・コミッショナーの世界戦略の野望の前には些細なことなのでしょう。

かつてサッカーの母国イギリスでは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの“4か国”で“世界一”を決めていました。
それに対抗したのが、フランスのジュール・ルメ氏。彼は真の世界一を決めようと、欧州・南米諸国に呼びかけ第一回W杯(ジュール・ルメ杯)の開催にこぎつけます。南米ウルグアイでの開催ということで、当時は船でトコトコと行かねばならず欧州の強豪国は軒並み不参加でしたが、とにかくも一応の成功を遂げたことで第二回のイタリア大会ではドイツなども参加するようになります。本家イギリスがしぶしぶ参加するようになったのは第四回から。今ではご存知の通り、世界最大のスポーツ・イベントです。

ベースボールにおいて、もしフランスの役割を担えるとしたら日本しかなかったはず。
まあ、サッカーほど世界的に普及していないことを考えると、米メジャー・リーグの意向を無視して世界大会を行う事はできるはずもないですが、特定の人気球団におんぶだっこで自分たちのことしか頭になかった各チームや日本球界は、米球界に対抗できる最大の切り札というべきものを考えもしてこなかったわけです。

こうなったからには、一次リーグ無敗通過はあたりまえ。日本のオッズは4番目のようですが、決勝ではアメリカに圧勝する姿を見せてほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ


管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/78-2eaa7ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。