Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
arakawa.jpg

女子フィギュアスケートの荒川静香選手が、金メダルを獲りました。
(上記写真はフィギュアの結果を伝える新聞の号外です)
日本待望のメダル第一号は、アジア初のフィギュアスケートの金メダルでもあります。
テレビで見ていても、荒川選手の銀盤を華麗に舞う演技は会場の空気を変え、心にじーんと染み入るようなものでした。その滑走を終えた時点ではメダルは確定していませんでしたが、ほんとうに素晴らしかったです。おめでとうございます。
また4位には村主選手が入りました。NHK杯の時のようなスケーティングができていたら、メダルも夢ではなかったでしょう。惜しかった。
また果敢に4回転に挑戦して失敗してしまった安藤選手ですが、荒川・村主両選手も壁を乗り越えて二度目の五輪に挑戦したことを考えると、これからの飛躍に期待できると思います。
現在日本のフィギュアスケートは、早くから有望選手を選抜して長野にあるトレセンで強化合宿を行っています。
今回の快挙は、そうしたいわばナショナルチームとしての強化が結実したものです。

対して今五輪で不振のノルディック、クロスカントリーからは一環した指導・練習が行われていないという不満を口にする選手の声も届いています。
チームとしての合同合宿も行われず、強化は個人や企業任せ。指導方針も曖昧だと。
今回のフィギュアや、夏季五輪の水泳チーム、プロが参加する球技との取り組みとはあまりに違いがあります。
日本伝統ともいえるステートアマは、不況等による企業チームの解散や規模の縮小といった影響の中で、賞金競技に出場するプロや国を挙げて強化を図ってくる選手との差は今後ますます開いていくことでしょう。

以前の記事で五輪はメダルが全てではないと書きました。(大会緒戦の上村愛子選手や、女子カーリングのチーム青森、あるいは今日の荒川選手がもしメダルを取れていなかったとしても、その熱闘は記憶に残るでしょう)
アフリカや赤道近くの国々も参加してくるようになった冬季五輪。そのような国はまず参加することに意義があります。
これは日本選手の成績に一喜一憂している我々にも言えますが、日本選手団もそうしたレベルでよいと協会や関係者、選手個々も思っているのでしょうか。そうなら別に構いませんけれども。

五輪はプロ解禁となってから、その大会としての性格も変わってしまっていますが、冬季五輪に派遣される日本選手団は何を目指しているのかということを、改めて考える時ではないでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:トリノ五輪!! - ジャンル:スポーツ

荒川選手
エキシビジョンもよかった・・・♪

しかし、プルシェンコは凄すぎ!
【2006/02/25 Sat】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/73-b42b8ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。