Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BillEvans

ダラダラとためていた仕事をしていたら、こんな時間になってしまった。
エ~、アジアシリーズは千葉ロッテの優勝でした。順当な結果ですが、最後追い上げられましたね。
昨日今日と沼津では「よさこい東海道」。今年も行けなかったなぁ。これで今年の大きなよさこい関係の祭りは終わりでしょうか。

とりあえず最初は毎日何か書こうと思っているのですが、時間がなくなってしまったため、だいぶ前に書いたイラストで間に合わせ。(^^;
Bill Evans。
ゴリゴリのジャズ・ピアノが好きな人からは敬遠されがちだけど、死の直前までピアノを弾いていた魂のジャズマン。
ジャケットを手に取るだけで、もう聴いた気になってしまうのですが(笑)やっぱイイです♪
スポンサーサイト

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

カッコイィ~!
NOB画伯のEvansへの愛情伝わる素晴らしい絵ですね!
感動しました!
最近、中山康樹さんという方の
『ビル・エヴァンスについてのいくつかの事柄』
という本を読んだのですが、
エヴァンス=甘いラウンジ系(?)というパブリックイメージを覆す
刺激的な伝記/論文でした。
「モントルーのビル・エヴァンス」ではじめてエヴァンスを聴き、
その魂の解放ぶりにぶっとんだ僕には胸のすくような本でした。
NOBさんの絵にも、僕が勝手に『誤解』している「そんなエヴァンス」
が表れているような気がします。
素敵な作品を拝見させていただきましてありがとうございました。
ではでは。
【2005/11/14 Mon】 URL // nightwood # [ 編集 ]
(^-^;
nightwood さん、お褒めいただいて恐縮です。お尻がこそばゆい(笑)
『モントルーの~』はそのジャケットとともに、モントルー・ジャズ・フェスを一躍有名にした名盤ですね。
私は『ワルツ・フォー・デビィ』でした。加古隆氏が何かの本で一曲目『マイ・フーリッシュ・ハート』の出だしで、背筋がゾクッとしたと書いていましたが、正にソレでした。
エヴァンスも、その美しいメロディとはかけ離れた、全うなジャズマン?(笑)としての激しい生涯ですよね。
中山康樹氏の本は読んだ事がないので、今度探してみます。

【2005/11/15 Tue】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/6-e1926518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。