Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Complete Village Vanguard Recordings, 1961


1961年の6月25日は、ニューヨークのクラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードにてビル・エヴァンス・トリオによる歴史的ライブが行われた日です。この日の演奏から『Waltz for Debby』『Sunday At The Village Vangard』というジャズ史上に残る二枚の傑作アルバムが生まれることとなりました。


ビル・エヴァンス(p)、スコット・ラファロ(b)、ポール・モチアン(ds)という構成の
このピアノ・トリオを語る時に“三位一体”、“インタープレイ”という言葉が使われるのですが難しいことはさておき、要はベースとドラムというリズム隊が単なるサポート役になるのではなく、三人が対等の関係でお互いに影響しあい、さらなる高みを引き出してより緊張感のある演奏に昇華するって感じ方でいいんじゃないかしらん( ̄w ̄

美しいメロディーに絶妙に絡み合うリズム。特にエヴァンスはベースのスコット・ラファロに絶大なる信頼を置いていたようで、彼自身のファースト・トリオは自らが表現したい音楽を最大限に発揮できるものとなりました。


しかし運命は残酷。結成から一年半ほどの活動でジャズ史に最高の革新をもたらしたという評価を得たこのトリオですが、この6月25日のライブ・レコーディングが最後の演奏になってしまうのでした。その10日後の7月6日にラファロは自動車事故により25歳の若さで亡くなってしまいます。トリオが至高の境地に向かっていた途上での若き才能ある朋友の突然の死はエヴァンスに慟哭を与え、その後しばらく演奏活動を止めてしまい麻薬に手を出すようになってしまいます。


美しく繊細で緊張感に溢れた音楽そのもののように、彼自身も脆く傷つきやすい人だったのでしょう。その後も別れを告げた恋人が直後に地下鉄へ飛び込み自殺をしたり、愛する兄にニュー・アルバムを捧げようとしたら完成前に銃によって自殺してしまったりという悲劇の度にさらに麻薬に溺れていったのでした。


1979年、エヴァンスはマーク・ジョンソン(b)、ジョー・ラバーバラ(ds)という新鋭とトリオを組みます。エヴァンス自身が「ラファロ、モチアン時代に匹敵する」と称したトリオでした。長いキャリアの間に様々なミュージシャンとの共演を経ても、目指した形は在りし日の6月25日の三人の姿だったのかもしれません。


新メンバーに全幅の信頼を寄せたエヴァンスですが、この時にはもう長年の麻薬の使用により体は回復不能なダメージを負っていました。
己の死期を知っているかのように精力的な演奏活動を続けるも、1980年9月9日から14日の予定で行われたニューヨークのクラブ、ファット・チューズディでの演奏中の11日、ついに力尽き、4日後の15日に亡くなってしまいます。享年51歳。
これまた一年半ほどの活動だったエヴァンス最後のトリオは、急いでその完成形を見い出そうとするが如く自らの死の直前までライブを続け、一枚もスタジオ録音盤を残すことはありませんでした。


にほんブログ村 イラストブログへ



■今日の“YouTube”/ リバーサイド4部作

幼い頃からクラシック音楽の教育を受けていたビル・エヴァンスは1956年にジャズマンとしてソロ・デビューを果たすと、天才白人ピアニストとして注目を集めました。

マイルス・デイビスは彼の演奏をたいへん気に入り、エヴァンスを自分のバンドに加え二人で新しいアドリブ「モード(中世の教会音楽の手法をジャズに取り入れようとうする試み)」を完成させようとします。しかし黒人メンバーばかりのバンドに一人白人がいるということで、エヴァンスは逆差別を受け、一旦バンドを離れたりまた呼び戻されたりという目に遭います。

1959年末、モード時代のマイルス・デイビスの名作『Kind of Blue』を発表後、エヴァンスはマイルスのバンドを離れ、スコット・ラファロ、ポール・モチアンと自身初リーダーとなるバンドを組み、リバーサイド・レーベルにスタジオ録音盤、ライブ盤それぞれ2枚ずつを発表することになります。後に“リバーサイド4部作”と呼ばれ、ビル・エヴァンスの最高傑作と言われる4枚です。


モードの手法でアドリブ表現を広げた『Potrait In Jazz』と『Explorations』のスタジオ録音盤。

Portrait in Jazz Explorations

Come Rain Or Come Shine~Autumn Leaves / Bill Evans Trio (YouTube)

Nardis / Bill Evans Trio (YouTube)



そして、6月25日のヴィレッジ・ヴァンガードでのライブを収めた2枚。特に人気が高い『Waltz for Debby』と『Sunday at the Village Vanguard』。

Waltz for Debby Sunday at the Village Vanguard

My Foolish Heart / Bill Evans Trio (YouTube)

Solar / Bill Evans Trio (YouTube)



記事冒頭のジャケット写真は『The Complete Village Vanguard Recordings, 1961』という三枚組のアルバムで、6月25日に収録されたテープをそのまま全て(曲間のやりとりや停電で中断した曲まで)CD化したという貴重な記録にもなっています。


スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

記念すべき日だったですね
エヴァンス大好きです
学生時代にもらったサインが
わたしの宝です
【2008/06/26 Thu】 URL // あすとろ # [ 編集 ]
こんち(*^_^*)
あたしははじめてきいたなまえだった(^。^;)

NOBさんはなんでも知ってますね♪
雑学王みたい(笑)


ところでやはり
PCからのカキコは弾かれちゃいまふ(^。^;)


だからいま携帯からです。

【2008/06/26 Thu】 URL // うらら # [ 編集 ]
沁みるわ~~~
ビルエヴァンス、いいですね。
彼の美しい曲はもとから好きでしたけれど、そういう人生を歩んだ人とは知りませんでした。

これは夜、グラス傾けながら聴きたいですね。
最高です。
【2008/06/26 Thu】 URL // きゃんでぃ # [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
> あすとろさん
なんと! エヴァンスのサインをお持ちなんですか。来日公演の時にでも入手
されたのでしょうか。すごい~。
ファット・チューズディでのライブの後、20日からは日本公演も予定されて
いたんですよねぇ。残念ですぅ…。でも当時はお金もない子供でしたし…(^_^;


> うららさん
なんでも知っているワケではなく、知っていることしか書かないだけですwww
逆に今のヒットチャートの歌手の名前とかは8割方知りませんよん。。。

う~ん、どうして書き込みできないんでしょうねぇ。ISPとか変えました?
もちろんuraraさんのホストを禁止とかした覚えはないのですが、今、もろもろ全部
解除してみましたので、よければもう一度トライしてみてください。お手数かけます。
m(_ _)m


> きゃんでぃさん
好きなアルバムとか一時期ず~っと聴いていると、久しぶりに聴こうとか思うと
手にしただけで何か聴いた気になっちゃうとかありません?
“ながら”で聴けないアルバムって結構時間を拘束されたりするので( ̄w ̄
それでも聴けば、やっぱりイイんですけど(笑)

【2008/06/26 Thu】 URL // NOB # [ 編集 ]
ヴィレッジ・ヴァンガードって言われると,あのお店しか浮かばんです^^;
天才と呼ばれる人って,波乱万丈な人生送ってたりしますけど…
ビル・エヴァンスもまたしかり,って感じかしら。
【2008/06/26 Thu】 URL // とり(♀) # [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
> とりちゃん
ヴィレッジ・ヴァンガード…本屋・雑貨屋さんのアレですか(笑)
ニューヨークのこっちの店は1935年開店なので、断然本家本元ですけどね(^_^;
う~ん、天才の苦悩というのは凡人にはわからないのかもしれないけれども、
誰にだって日々、大なり小なりドラマはありますからね。一日ぐーたら寝ている
だけでも(笑)だから美しいとか素晴らしいと思う心の共有はできるんだよね♪
【2008/06/27 Fri】 URL // NOB # [ 編集 ]
うう~~ん
NOBさん、わかる気がする。
アルバム手に取った瞬間頭の中で聴いているっていうか、、。
聴いてなくても自分の一部にもうなっているってかんじもするなあ。

ちなみに今日は梅煮るのにビルエバンス聴きながらやってはかどりました(爆)

うちの近所でビレッジバンガードといやあ、どでかいハンバーガーを出す食堂でございまする。
【2008/06/29 Sun】 URL // きゃんでぃ # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> きゃんでぃさん
梅干し漬けながらビル・エヴァンス♪
なかなかオツでございます?( ̄w ̄
ビレッジバンガードはハンバーガー屋さん。。。
結構あちこちにいろいろあるのですねぇ。

【2008/07/03 Thu】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/442-7783381c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。