Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユダヤ律法に背き婚外子インマヌエルを生んだ母マリアと養父ヨセフは、宗主国ローマの課税台帳への登録ができずパレスチナの地を流転します。
ヨセフはダビデ王の末裔であり、ローマの支配に抵抗していた人々によってインマヌエルは救世主イエスとして反ローマの象徴とされます。

このようにして生まれた原始キリスト教ですが、その後のキリスト教は支配層と密接な関係を築き、中世には教会によるサクラメント(秘跡)を通じて結婚登録による教会簿という形で人々の支配を担います。
しかしフランス革命に代表される近代化・民主化により教会支配は打破され教会簿はうち捨てられることになり、ヨーロッパ諸国では登録による人々の支配は終わることになります。


支配者による徴税と結婚の管理、奴隷の供出を目的とした戸籍制度は中国で出来たものです。
日本にも伝わった登録制度は、古くは天皇家の奴隷台帳といったものでした。律令制により良民と賤民、嫡子と庶子の差別といったことが始まりますが、民衆の抵抗は根強く、時代は地方分権の荘園制に移行したことで中央集権のための戸籍はいったん立ち消えとなります。

全国的な戸籍の復活は明治政府が制定した壬申戸籍で、華族から新平民・土人といった表記も記し差別を広げたうえ、民間の習俗を破壊し戸主に絶大な権限を与え幾度かの改訂の後、男尊女卑・家父長制の「家」という概念が確立。天皇を頂点とする国民皆兵国家は戸籍による支配で完成を見ます。
さらには植民地であった朝鮮や台湾の人々も、創氏改名させられ皇民として徴兵・強制連行が行われたのでした。


1945年、第二次大戦の敗戦によって日本はGHQの占領下に入ります。
GHQは家族主義こそが中央集権・封建制の源だと、宮家の臣籍降下、財閥解体を行って分家や同族を追放し、戸籍は戸主権の廃止に加え三代戸籍を禁じて夫婦と子供だけの構造にし夫婦は平等としました。

しかし1951年に出来た住民登録法は地方自治の資料のためと言いながら戦前の戸籍や原簿がそのまま流用され、夫婦平等のはずの住民票に“世帯主”という表記がされます。さらに67年の住民基本台帳法改正により、再び国家行政のためのものとなってしまいます。


 前置きが長い( ̄▽ ̄;


民法772条の「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」とする規定のために無戸籍となった兵庫県内の女性が出産しました。
母親に戸籍がないため生まれた子供の出生届が受理されず、子供も無戸籍になる可能性が高いことが懸念されています。
また、大阪の無戸籍の女性が2005年と06年に生んだ二人の子供が、いずれも無戸籍になっていることもわかりました。

いずれの女性の母親も前の夫の暴力などが原因で居所を知られたくなかったり、手続きの複雑さのために届けや裁判をできなかったため自分の娘に戸籍を作ることができず、二代続けて戸籍が無いという問題が起きています。


例えばアメリカなどでは、国内で生まれたという出生証明があれば両親の国籍がどこの国であろうがその国の国籍をもらえます(生地主義)。
そして全ての行政サービスは住民票があれば受けることができます。

血統主義の日本では子供が生まれた時に日本国籍をもらえる条件は国籍法第2条によると、
1. 出生の時に父又は母が日本国民であるとき
2. 出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民であったとき
3. 日本で生まれ,父母がともに不明のとき,又は無国籍のとき
ただし、この“父母”というのは子供が生まれた時に法律上の親子関係が確定していなくてはならないとされます。
身元のわからない捨て子の赤ちゃんは市区町村で戸籍と住民票がもらえるけれども、戸籍に記載のない母親の子供はいずれにもあてはまらないということになります。


現に目の前に生きている人間がいるのに、書類上いないことになってしまうというこの国の戸籍とはなんでしょう。

昭和22年に制定された現在の戸籍法では、個人の尊厳を守り男女平等であるからして「家」という概念は関係ないと役所の人は言うかもしれませんが、ではこの法律は今いったい何を守るために存在しているのでしょうか。

幕末に“一君万民思想”を唱えた長州出身の閨閥のボンボン前総理が言っていた「美しい国」に戻るための足がかりとしてなんですかねぇ。


この問題は普段意識する事無く当たり前のように受け止めていたこと、それ自体がものすごく高い壁となっている人がいるという事実によって、きちんと考えていかなくてはいけないということを教えてくれたのでした。おそらく全ての人にとって。


大阪のケースでは“人道上の配慮”として2人の子供には住民票が与えられています。
兵庫の女性は近く出生届を出す予定だそうですが、鳩山法相や法務省は子供の福祉のために対応を検討しているということ。また民法772条の300日規定(これが制定されたのは明治29年)の改定については、自民党内で議員立法を検討しているようです。


生まれて来た子供には何の罪もないはず。





にほんブログ村 イラストブログへ ←“絵日記”のカテゴリです



■今日の“YouTube”/ 佐藤竹善


生まれ来る子供たちのために / 佐藤竹善 (YouTube)

シング・ライク・トーキングの佐藤竹善によるオフコースのカバー。
声は割と好き。アルバムは買ったことないけど( ̄w ̄


Change The World / 佐藤竹善 & Char (YouTube)
こちらはCharと共演したエリック・クラプトンのカバー。

Amazing Grace / 佐藤竹善 (YouTube)
コーラスも全部一人で多重録音みたいっす。

木蘭の涙 / 佐藤竹善 with コブクロ (YouTube)
こちらはコブクロと一緒にスターダスト・レビューのカバーをしてます。


なんかカバーの紹介ばっかり。ホントによく知らないのでww
気になった方は↓コチラへどうぞ。
佐藤竹善 (Amazon.co.jp)


スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

生まれてきた子には
ナンの罪もありませんね
しっかりとした法の体系を
作ってこそ法治国家と言えるのに。

いろんなところで
ざる法なんですね
【2008/06/04 Wed】 URL // あすとろ # [ 編集 ]
つれづれに・・・
戸籍にのらない子供達は、隣国にも恐ろしいくらい沢山いるそうですね。
二番目以降は、戸籍にのせられないので・・・ということですが。

ま、これ以上は書いちゃだめかな。
公開のブログですものね。。。
【2008/06/04 Wed】 URL // ゆき # [ 編集 ]
確かに、おかしいよね・・・
実際に生きている人がいるんだから・・・

あっ!
竹善さんだ!
こっちでFMの番組やっているもんで、たまに聴きますよ!
【2008/06/04 Wed】 URL // のぶじい # [ 編集 ]
超お久しぶりです♪
っていうか、ここのところNOBさんへのコメントは毎回『お久しぶり』と書き始めている気がします・・・(;゚Д゚)

『無国籍が判明』したのなら、なぜ適切な対応ができないのでしょう。
決まり事に穴があるのは、当たり前の事だと思うのです。
大切なのは、その穴から落ちてしまった事例に対し、適宜対応する事だと思います。

町役場の窓口なんかは、きっと昔から『無国籍な女性』達について
知っていただろうに。
プロとしての仕事をキチンとしてもらいたいものです。
【2008/06/06 Fri】 URL // tomocof # [ 編集 ]
戸籍がないということは、義務教育もちゃんと受けられないし
パスポートや運転免許も持つことができないって
ことなんですよね(´・ω・`)
生まれながらにそういう権利を剥奪されてしまっている人たちの
人生がどんなものか、想像に余ります。
生まれてきた子供にも、そのお母さんにもきちんと権利が
与えられるといいですね。
戸籍の経緯、勉強になりました~。
結婚して本籍地が夫の実家になり、運転免許を見た人と
「あ、あっちの出身?」
「いえ、違うんですけど」
みたいな会話になることがときどきあって
イヤだな~と思っていました(;´∀`)
このこと自体は男女差別!とまでは思わないけど、
気分としては微妙~ですね(笑)
【2008/06/07 Sat】 URL // みみ # [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
> あすとろさん
ホントに子供には何の落ち度もないのですが。
何十年も前に制定された民法などは、現代の科学や生活様式の変化などに対して
実情にそぐわなくなっているものが多々あるのでしょう。
しかし戸籍法などは、いまだに父系を重んじる部分が強いんですね。ざるという
よりも恣意的なものです。
本当は自治体の長の判断などで、現行でも救済措置ができると思うのです。
法律には守るためのものがあるはずですが、それが市井に向いていないんですね。


> ゆきさん
戸籍発祥の地、中国には実は今は日本式の戸籍はありません。度重なる支配者の
交代で、施政者が全国規模で取りまとめた戸籍というものは失われてしまったん
です。もちろんそれに代わるものはありますが、主に戸口調査や住民の届けによ
るものなのだそうで、日本のような正確さはありません。
おっしゃる通りに二番目の子供とかがいても届けるわけはないので、彼の国の本
当の人口はどのくらいかはわかりませんね~( ̄▽ ̄;
届けの無い子供(黒核子)はたいへんな問題のはずですが、そもそもいない人間
なので政府も表立って対策を取れませんし、それ以前に農村部では女児が生まれ
ると間引きされたり捨てられるといった事も問題になっています。


> のぶじいさん
結局こういうことって、役所や役人がどちら側を向いているかってことなのだと
思います。法律で手続きできないとか、決まりがないからダメというのではなく
て、目の前に困っている人がいたらなんとか助けるのが公僕の務めのはずなので
すがね~。緊急の救済措置を講じてみて、それが万一違法だとしたら然るべき所
に裁可を仰ぐとか争ってみる。その間に合法的な救済ができるように尽力するっ
てことが、あるべき姿だと思うのですが。

佐藤竹善さんってそちらの出身なんですか? 楽曲とかセンス良さそうなので
きっと番組も楽しいんでしょうね♪


> tomocofさん
いえもう、私こそすっかりごぶさたしておりまして…m(_ _)m
のぶじいさんのコメントの返事にも書きましたが、加えて公務員ってのは前例に
倣って波風立てないようにして出世していくものなんでしょう。もちろんマジメ
に市民のためにがんばっておられる方は大勢いらっしゃるのでしょうが…。
ハンコ一つないだけで全てダメって言うような人たちなんだもの、法の適用外の
ことに対して自分で考えるという感覚は無いのでしょうね。自分が関わって、悪
しき?前例を作るのは避けたいと。
そんな調子ですから、声を上げずにガマンを強いられている方々って、まだたく
さんいるのだと思います。


> みみさん
行政のサービスは本来住民票があれば受けられるはずなんですよね。戸籍という
のは単なる手続きに必要なだけであって、現に居を構えて生きている人間の上に
位置するものではないはずなのに。
本籍地なんていうのも、どちらかの籍にするという以前に本来なら表記の必要な
んてないはずかと。私は結婚した時に当時住んでいた東京の住所にしちゃいまし
た。次に今住んでるところに越したのですが、奥さんに届けを頼んで本籍も一緒
に動かしてくれと言っておいたら役所の窓口で「動かさなくてもいいんですよ」
みたいな余計な事を言われたとか。気を利かせたつもりなのかな。
思い入れがある人もいるでしょうが、私は後々何かの手続きなどの際に遠くまで
行ったり頼んだりするのが不便だと思うだけです( ̄w ̄

【2008/06/09 Mon】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/438-fb859bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。