Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
man.jpg

昨日、9年前に山口県光市で起きた母子殺害事件の差し戻し控訴審判決が広島高裁で出ました。

元少年と弁護団が新たに提示した証拠や供述が全て退けられ、一審の無期懲役を破棄し元少年に死刑判決が言い渡されました。

弁護側は即刻上告しましたが、遺族の本村洋さんにおいては応報という目的は果たせたとしても結果的に三人の人命を奪うことになるこの事件が、これからの裁判においてプラスに働くようにならなければ意味がないという旨を語っておられました。


本村さんや他の犯罪被害者・遺族の方々の苦しみや努力によって、この9年の間に被害者・遺族の救済への司法の場は少しずつ開かれてきた一方、凶悪犯罪への厳罰化も進む傾向にあります。
今回の事件の元少年も「死刑になっても仕方がないと考えるが“判例”になるのならば避けたい」ということを言っています。


来年5月からは凶悪犯罪の刑事事件裁判に一般市民が参加する、裁判員制度が行われる予定です。

この取り組みはアメリカなどの陪審員制度と比較されますが、陪審は有罪か無罪かを決めるだけ。日本の裁判員制度は量刑まで決定することになります。
その際“素人”は合議する専門家に助言を乞うことができますが、本職の裁判官は過去の判例から大きく逸脱するような判断はしないでしょう。
今回の判決は“18歳でも被害者が二人でも反省態度や状況により死刑もある”という判例を作ることになります。過去の永山事件などの“四人殺害で死刑”という判例からはグッと死刑への敷居が低くなったと言えます。
同様の事件の裁判で自分が裁判員に選ばれた場合、罪の償いのために人の命を奪うという選択をしなくてはならなくなるかもしれないのです。


ここで忘れてはいけないのは、刑事事件の被告だからといって裁判が結審するまでは被告は有罪でも無罪でもないということ。
普通の市民感情を司法の場にという目論みですが、意識せずとも最初から過ぎた勧善懲悪の感情を持って裁判に臨むのはたいへん恐いような気がします。その逆も然り。

また“判例”も物差しになるとしてもそれを守るためのものではないということ。「判例違反になる」などと、思考を停止して役人と同じことをするのでは市民の参加はいらないでしょう。


裁判の過程で知り得る情報や判決によって、裁判員が被るかもしれない心的外傷へのケアなども含め「必要だが拙速」という意見も多い裁判員制度。加えて死刑の存廃という問題などありますが、人を裁けるのは人しかいないという現実の前で、いろいろと考えてしまうこの頃です。


ちなみに私のいる県では、約355人に1人の割合で裁判員候補者に選ばれると。全国一の高確率なんだそうで。ほえぇ。


にほんブログ村 イラストブログへ



■今日の“YouTube”/ "Guilty"

キレイな女性から「有罪…」なんて囁かれたこと…ないなぁ。(^_^;

Guilty / Barbra Streisand & Barry Gibb (YouTube)

1980年にバーブラ・ストライザンドがビージーズのバリー・ギブのプロデュースで発表した傑作アルバム。アルバム1曲目に収録のタイトル曲でのデュエットは大人の魅力ムンムンです♪


Woman in Love / Barbra Streisand (YouTube)

アルバム『ギルティ』2曲目に収録の名バラード。改めて聴いても良いなぁ。



ギルティ ギルティ・プレジャーズ
写真左より
『ギルティ』スーパースター同士が出会うと必ずしも良い方に転がるとは限らないものですが、これは例外とも言える名盤です♪
『ギルティ・プレジャーズ』前作発表から25年経った2005年に再び二人が作り上げた作品。こちらは聴いておりません~。アルバム評はなかなか良いようです。(^^;


スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

日本での裁判員制度はまだまだ問題がありそう…
NOBさんが書かれている様に、感情を抑えて判断するのは裁判官だから
裁判員はどのスタンスで臨めばいいのかが明確になっていない。
感情でいけば危険な制度になりそうです。
罪状告知は一般からの裁判員が下すのは辛いんじゃないでしょうか?
では無期か?と言われると無期は無期で問題がありすぎますし…
個人的には終身刑の導入を考えて欲しいと思っているんですけどね…
何にしても、色々な問題が噴出しそうな予感がします。
【2008/04/24 Thu】 URL // KKMD # [ 編集 ]
あぁ そうだねぇ
結審するまでは有罪でも無罪でもないんだ・・・
逮捕された=有罪みたいに話してることあるかも
逮捕されてなくても あの人が犯人じゃないの?とかね
マスコミからの情報が多すぎて 誰でも裁判官になった気分になるような

検察審査員に選ばれたことがある
その期間には実際に担当事件はなかったのだけどね
裁判員制度はどうなっていくのか もし選ばれたらとか まだまだ未知って感じがする
【2008/04/24 Thu】 URL // ユイ # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> KKMDさん
私、考えたようなこと書いてますが、もし自分の身内が犯罪被害者になったりした
ら、犯人というか容疑者に対してはやはり厳罰を求めてしまうでしょうね。
過去の判例などと比較検討するという前に、そういった感情って当たり前のような
気がしてしまいます。
では実際に自分が凶悪犯に死刑の判決を出せるかというと、それはまた考えてしま
うところ。現在の刑法では死刑の下は無期懲役というのも落差がありすぎるし。
難しいですね。

> ユイさん
マスコミってのは、被害者をさらに鞭打つような報道の仕方をします。
容疑者についても怪しいというだけで、かなり人権を侵害するような物の言い方を
したりと。けれど私らも他人事だと、つい面白がって見てしまうような。
気をつけて考えていかないといけないことが、たくさんあります。
自分の“感情”の形成のされ方なんて一番怪しいかも。(^_^;
とりあえず裁判員候補に選ばれたとしても、私のような個人事業主は拒否できる
らしい?ですが、複雑ですね。

【2008/05/02 Fri】 URL // NOB # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> masaさん

私も自分の家族が犠牲になっても、加害者がのうのうと生きていられるということ
になれば同じように考えますよ。きっと。
人を殺したという罪はよほどの情状がない限り、自らの死を持って償うしかないの
ではと思います。

本村さんも事件直後に同様の発言をしていましたが、それについて随分と批判が出
たことを覚えています。そういった批判には「なぜ?」という思いがありました。
罪刑法定主義は、乳児を叩き殺して母親を死姦するような犯罪者の人権も守ってし
まうのかと。

しかし裁判員制度においては、市民感情を取り入れたいということですが、単なる
恩讐で判決を下すワケにもいかないでしょうし…。

今後“予測不能”な犯罪にも一般裁判員は参加することになるのでしょうか。
難しいなぁ。。。

【2008/05/19 Mon】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/432-afa64b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
永山事件 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
[ 気になるキーワードでブログ検索! ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。