Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



零細三流デザイナーの私でありますが、雑誌や書籍等の制作に関わる者としてやはり看過できないことであると思われるので記してみます。

1月19日に自費出版大手の新風舎が、民事再生を断念し破産手続きを開始することになりました。
それに伴い、本の出版を依頼して契約を交わしながら出版される見込みの無くなった著者が約1100人、前払いした諸費用が約10億円に上るということです。

それ以前の2006年に破産した碧天社や、やはり自費出版大手の文芸社とともにこれらの会社の“共同出版”というビジネス形態は数年前から問題視されていました。


ここで自費出版と共同出版(あるいは協力出版)の違いを説明します。
自費出版とは、著者と出版社は制作請負契約を交わすだけで、本が出来上がれば著者に引き渡して終わりです。本を売ったりするのは著者自身。もちろん売ったお金は著者のものです。
共同・協力出版というのは、多くの場合商業出版と同じような本の販売を前提として出版社が出版権を持ち、費用は出版社と著者の双方で負担するという契約で、本の売り上げは出版社のものになります。著作権は著者にあるので売り上げに応じた印税は(契約に準じて)著者のものです。


ところが共同出版で問題になっているのは、全国の書店にあなたの本が置かれるなどと勧誘して、本の出版費用のほとんどを著者に負担させ、あげく出版した本はほとんど流通に乗らないというようなケースが多いためです。

自社で文学賞などを設けて応募してきた人に言葉巧みに勧誘して、出版費用に自社の儲けを上乗せして著者に負担させれば、実際に本が売れなくても会社側は全く懐は痛みません。
先の新風舍においても、既に出版された約600万冊(著者約1万5000人)が在庫のまま放置されているということです。



ではキチンと取次を介して流通経路に乗せれば本が売れるかというと…そうでもありません。
一年間で出版される書籍の数はおよそ7万点、部数は約13億冊。そのうち返品率は約40%です。実売部数が約8億冊だそうですので、単純に割ると1冊平均1万1千部ちょっと売れている計算になりますが、中には数十万部も売れる本がいくつもあったりします。実際のところ新刊書や小説などは1万部売れれば大ヒットと言われています。
プロの書き手や編集者が知恵を絞って出版社が宣伝を打っても、ほとんどの本は全く売れないのです。

従って多くの中小の出版社の経営もたいへん苦しいのが現状で、毎年かなり名の通った出版社が何社も倒産したり吸収合併されたりしています。
今年1月に入ってすぐに、草思社という会社が民事再生法を申請したのも注目を集めました。「間違いだらけのクルマ選び」や最近では「声に出して読みたい日本語」などのヒットで知られた会社です。

出した本の4割が戻ってくるという現状で、各社は売り上げ確保のためにとにかく多くの本を出そうと躍起になります。すると見かけ上の売掛金だけでも計上することができます。また出版社と書店を結ぶ取次会社からは、販売代金の見込払いが受けられます。しかし出した本はやっぱり売れずに戻ってくる。
こうして自転車操業のような体を為しているのが実状で、一度どこかでつまずくと立ち上がれなくなってしまうことが多いのです。

このような現実ではろくに宣伝もしないような素人の書いた本がいきなりたくさん売れたり、ましてや重版されて印税が発生するなどということは余程のことがなければありません。
さらに書店と取次会社が交わしている委託販売制により、書店側も売れない本はすぐに返品してしまいます(上に書いたようにたくさんの新刊書が次々に来るため)。一般の書店に本が並ぶということさえなかなかに厳しいのです。
(先に上げた碧天社は契約した書店の棚を借り上げて自社の本を置いていたそうですが、その返品率は8割を超えていたそうです)


こういうことは出版に関わる人間なら当然知っているはずですから、素人の著者たちにバラ色のようなメリットだけを伝えて、安易に共同出版契約を結ばせる会社というのは誠実だとは言い難いでしょう。
そういう会社は結局は儲けを上乗せして著者に制作費のほとんどを支払わせる事自体が目的となっているので、とにかくおだてたり褒め上げたりして出版させさせればいいというワケです。
(共同出版で本を出している著者の作品のレベルが低いと言っているワケではありません)

さて、そうした言わば“悪徳商法”に引っかかったとも言うべき著者の方ですが、一方的に不利な条件で騙されたと思っても“契約”を結んでしまっていることをタテにされて事後処理が難しいのだそうです。
また自費出版と共同出版の違いや、出版権と著作権のあり方を取り間違えている当事者も多いようです。
(最近は意図的なのか、出版社側でも出版の仕方の言い方を混同しているようですが)


このブログにご訪問くださる方々は文章や絵の上手い方も多いですし、少なからず本や雑誌等の制作に興味があるという方もいらっしゃると思います。

もし自分が協力・共同出版で本を作ってみようと思いましたら、見積もりは一社でなく何社にもあたってみて、相手の言うことを鵜呑みにせず、契約内容を精査せすることが必要です。(これは他のことでも当然ですが)
共同出版という形態自体に問題があるということではなく、良心的な出版社も当然あります。しかし、このようなトラブルが多発しているということを覚えておいてください。


消費者保護のための自費出版営業・契約ガイドライン
消費者のための流通させる自費出版チェックリスト
 ↑(NPO法人リタイアメント情報センター)のページ

さらに詳しく知りたいという方は“共同出版”などの単語で検索をかけると、いくらでも出てきます。



しかしねぇ、こういうことに敏感でなくてはいけないはずの新聞や雑誌で、この問題を取り上げているのってあんまり見たことないんですよねぇ…。
出版社は広告主様だからなのでしょうか。


あと実は私、しばらく前ですけれど友人からの孫請けのようなお手伝い仕事で、こういった出版社から出た本のデザインや装幀を何冊かやったことあります。
奥付の名前は発注元になっているので、私の名前は出てないんですけれどね(笑)
安いくせに手間かかるので、すぐにやらなくなりました。
いろいろ読むと著者側はかなりな金額をふっかけられているようで。ソコは絶対にぼったくりだな( ̄▽ ̄;



にほんブログ村 イラストブログへ ←“絵日記”のカテゴリです



■今日の“YouTube”

安直ww

Paperback Writer / The Beatles (YouTube)


ザ・ビートルズ 1962年~1966年(赤盤)(期間限定) 「ペイパーバック・ライター」は1966年にビルボード1位を獲得した曲で、ビートルズが最後にステージで演奏した“新曲”です。
この頃はもう多重録音などを駆使してどんどんレコーディングが複雑になり、4人だけのステージで再現できる音ではなくなって行きます。

写真は『ザ・ビートルズ 1962年~1966年』通称“赤盤”。
今なら期間限定で低価格になって発売されています。


スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

出版業界でも他の業界でもいえることなんですけど、営利に走りすぎてる気がするんです・・・
お金って大事ですけど、そこまで営利団体はお金に執着しすぎな気がします。
もっと、読む人や作る人の事を本当に考えて欲しいです。

その点ブログは、様々な人の話が沢山読めて嬉しいです♪

それはそうと・・・
NOBさぁ~ん!記事の絵で鼻血ださせようと狙うのはやめてください(笑)ここで流した鼻血を献血したら・・・

※冗談です。お気を悪くしたら申し訳ありませんm(__)m

あ、アレですね。はい、僕に服を着た女性の免疫がないだけでしたorz

【2008/01/27 Sun】 URL // らっこあら # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> らっこあらさん
え~と…。
 > 服を着た女性の免疫がない
ということは、裸なら全然OKということなのでしょうか(笑)
今は“着エロ”とかいう言葉もあるようですし…。いや、エロく描いたつもりはない
んですけどね。でも喜んでいただいて、ありがとうございます。(^_^;

う~ん、私企業は利益を出さなくてはいけないということはありますけれど。
ただ今の状況だとそれが従業員や、ひいては一般の消費者(この言葉はなんか
違和感あるのですが)に還元されているとは言いにくいですよね。
世のため人のためというか、広く社会に貢献するという意識が希薄なんでしょう。
みんな。
出版業というのは、その中でも殊に文化を育んだり世の中を見つめていく役割を
担っていると思うのですがねぇ。理想に過ぎないのでしょうか。

【2008/01/27 Sun】 URL // NOB # [ 編集 ]
ネットで検索すればすぐに「甘い話には裏がある」と
いうことはわかりそうなんですけどねー(==;)

新風舎で検索しただけでやばそうな話がわんさか出てきますし。
それに気がつかないほど、舞い上がってしまうのでしょうか?
勿論、甘いこといって騙すようなことをする側が悪いのですが・・・。
【2008/01/27 Sun】 URL // ゆずぽん # [ 編集 ]
兄「以前、今回の記事にも出ています新風舎だったと思いますが、
  主催の新人賞に応募して、賞は取れなかったものの、
  担当者から『出してみませんか?』と言われた女性が知り合いにいて、
  『何やら、面白そうな(怪しそうな)話だな』と、興味を持ち、
  コネを伝って、応募した何人かに話を聞いた事があります。」

ボ「何でも首を突っ込む…。」
兄「そのワシの知り合いの女性は、
  自伝を書いたのではなく純粋に小説。
  特に"エロ"の描写が素晴らしくて、
  『フランス書院に持ってった方が良いよ』と、
  ワシも言ってしまったくらい…。」

ボ「"フランス書院"?」
兄「細かくは突っ込むな。
  今は、少女マンガの描写の方がもっと過激だわい。(笑)

  皆さん仰っていたのは、
  多少の疑いを持ちつつも、言葉巧みに気分良く持ち上げられて、
  どこかフワフワした気持ちのまま、話が進んでいってしまう。
  と、言う事らしいです。
  『どこぞの新興宗教の勧誘と似ているな』と、
  話を聞いていてワシは思いました。
  一種の催眠術の様なものだな。…とも。」

ボ「なるほど…。」
兄「ワシが話を聞いた皆さんは、
  たまたま入賞は逃した方々。
  気合の入れ方はそれぞれ違っていましたが、
  大なり小なり落選でガッカリしていた所に、
  担当者からの救いの言葉があった様です。
  いや、悪魔の囁きか…。」

ボ「『神が一体君に何をしてくれた。
   私と組めば、君の望む事は何でもしてやろう』。」

兄「ま、そう言う事かな。

  結果的に組織ぐるみの"詐欺"になっていた事を、
  その担当者達が、
  当時知っていたかどうかは分かりません。

  『詐欺にかかる人は"想像力"が足りない』と良く言われます。
  『ちょっと冷静に考えれば分かる事だ』と…。
  ただ、動機はそれぞれ違えど、
  自分の著書を出版したいと願っていた人達です。
  それなりの(失礼)想像力は持ち合わせていたと思います。

  ワシは、何を言いたかったか…。
  やはり見聞を広めておかなければ、
  折角神から賜りし想像力も、
  悪い連中の飯の種にしかならない、と言う事。

  ワシも『兄ちゃんって素敵♪』などと言う、
  悪魔の囁きに浮き足立ったりせぬ様、
  しっかり構えていたいと思います。」

ボ「NOBさんの記事から多少論点がズレました事。
  よそ様のお宅で講釈をぶってしまいました事。
  兄ちゃんに代わって、お詫びいたします。」
【2008/01/27 Sun】 URL // ボル(代筆 兄ちゃん) # [ 編集 ]
声巧みに誘っておいて
あとは知らないふりとは。
あなたの著書がすばらしいので、是非なんて
言われれば、誰だってうrしいですよね
そんな心理を逆手にとって
許せない行為ですね
【2008/01/27 Sun】 URL // あすとろ # [ 編集 ]
ぼったくり、嫌ァ―(艸゜□゜)―ッッ!!
【2008/01/27 Sun】 URL // れもん # [ 編集 ]
業界によって色々問題あるのですねぇ。

うちの業界も特殊なんで、まぁ、いろいろと(苦笑
政治がもろに響く業界なんで今の状態はホントなんとかして欲しいです。

景気が上向きは絶対嘘ですよね
【2008/01/27 Sun】 URL // たけ # [ 編集 ]
新風舎の件はNETでもいろんな所で取り上げられていましたね。
実際の所、自費出版と共同出版の違いはNOBさんが書かれている通りですから
契約をきちんと突っ込んで確認しなかった方にも落度が無いとはいえないと思うんですよね。
ワシも仕事で外注作業をした時に仕事料をもらう前に会社側がトンズラって事も経験してますしw
自分でちゃんと確認をとって、契約内容におかしい所があったら確認して
納得いくまで突き詰めないと
泣きを見てしまうことありますよ…
見極めはとても難しいですけど…
【2008/01/27 Sun】 URL // KKMD # [ 編集 ]
本屋さんも大変なようです・・
新風社のことは私も新聞で見ました。自分の本が書店で並ぶことを夢見てらした方はとてもお気の毒だと思います。。
でも、私の住む町の本屋さんも結構大変なようです。とにかく本を読まない人が多いらしいです。若い人じゃなくそれも中年が。

昔は中年(私ぐらいの年齢の人です)はよく本を読みました。電車の中はもちろん家でも。でも今は電車で携帯を触ってるおじさんやおばさんがほとんどですし、家に帰ったらTVを見てますもんね。老眼になって本を読むのがしんどいのもあります。。。反省しています。。

ところで記事に全然関係ないことなのですが、助けてください。ここにスレッドを立てたので、お時間のおありのときに回答してくださると超嬉しいのですが・・
http://blog-watcher.5.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=1600507
【2008/01/27 Sun】 URL // 三毛猫 # [ 編集 ]
なんか逆に本を出版してみたくなりましたw
【2008/01/28 Mon】 URL // ゼンラーマン # [ 編集 ]
ありがとうございます!!
お蔭様で最強のバトラーに生まれ変わりました☆
本当に感謝、感謝です~~

テンプレートを触るのは怖かったのですけれど、頑張ってやりました☆
闘って帰ります☆NOBさん、風邪でしんどいのにすみません・・
【2008/01/29 Tue】 URL // 三毛猫 # [ 編集 ]
人間の欲望を言葉巧みに手中に入れる。
人の欲の弱さがもろに浮き上がるお話だと思いました。
私は月の出費の中でも書籍に掛けるお金が多いです~。
本大好き人間ですからね~。何でも裏は付き物ですけど・・・いやですね~正直。

金欲がある限りこういった問題は常に起きているんだよね。でも人間だから欲があって当たり前。膨らみすぎれば爆(は)ぜるの(方言かな?パンクするって事だけどヾ(@~▽~@)ノm)は当たり前。

欲のコントロールの勝負にかかってきますね~。特に今の時代は誘惑が多いから・・・あ~葛藤葛藤!ってな風に真剣に読みふけった後にビートルズが来て爽やかな風だ~。有名な曲だけど私タイトル知らないのって多いんだ~。何に関してもだけど。(笑)んでも彼たちも金銭問題もあったりで大変だったな~。なんだか・・・・キリがない文章になるんで強引にここで〆!またね~NOBさん。ヽ(=´▽`=)ノ
【2008/01/30 Wed】 URL // shisuta  # [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
> ゆずぽんさん
ある事柄に手を出してみようと思ったら、まず情報収集してみるというのは
基本だとは思うのですがねぇ。下に兄ちゃんが書かれている通りに、思い入れ
が強すぎたりすると、気がはやるというのもわかるような感じはします。
そういう点につけ込む輩が悪いのは当たり前なんですがね。


> ボル君&兄ちゃん
いろんな事を詳しくご存知ですね。さすが。
おっしゃるコトはわかりますよ~。ちょっと前までは出版ということに関しては
現在のようにDTP(特にWindows)は普及していなかったので、自分の書いた
文章が“活字”になるということは、それだけでスゴイ(と思ってしまう)ことは
理解できます。私、写植・版下メインの頃からこの仕事してますから。

そういう会社の営業や編集たちは、当然会社の方針は分かっていると思います。
どんな本だろうが担当一人の所存では最終的に形になるわけありませんので。
やはり自分の作品を世に出したいと思っている人達は、目の前にチャンスが来た
と感じたら、飛びついてみたくなるのも分かる気はします。
だからって“騙された”方たちを悪く言うのは、やっぱりかわいそうなんだな。
こういう話は。

もうコメントはお好きにしていただいて全然構いませんよ。
私も書きたいことが10あっても7、8くらいの割合でしか表していませんので。
筆力が無くて、いつも5か6ぐらいにしかならないですが(笑)
こういったコメントで補完していただければ幸いです。ハイ(^▽^


> あすとろさん
そうですね。誰でも誉められて悪い気分になる人はいませんし…。
出版社の編集というのは、作家と読者を繋ぐために腐心するべきであるのに、
こういう会社の人間たちはどういうモチベーションで動いているのでしょうね。


> れもんさん
やらずボッタクリは最低です( ̄w ̄


> たけさん
どの業界、どの仕事もそれぞれにたいへんなコトは抱えているのは当然かと。
研究者のみなさんは政治の事情に様々な要素が直結しているのですね。
景気って上向きだったのですか(笑)末端までは全然回ってこないな~。(- -;
【2008/01/31 Thu】 URL // NOB # [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
> KKMDさん
そうなんですよね。おっしゃる通りに被害を被ったとされている著者側にも
問題はなかったかというかと、個々のケースで軽重はあるにせよ当然ゼロでは
ないというのが、複雑な気持ちにさせるのですよねぇ。鞭打つつもりは無いの
ですが、難しいっす。
私も同じような経験ありますよん。一ヶ月間かかりっきりで、当初の予定より
ずっとスケジュールを詰めさせられて収めた仕事だったのに、支払いを延び延び
にされたあげくその取引先が潰れてしまったという…。
フリーになる前から長いつきあいのある会社だったので、ついつい許していたん
ですよ~。泣きましたわん。


> 三毛猫さん
町中の本屋さんの経営もとってもタイヘンなんですよ。個人商店はどんどん潰れ
て行ってます。青山ブックセンターなんて有名店さえ倒産するんですから。
本屋さんて儲かる商売じゃないです。一冊1000円の本を売って書店に入る粗利
は200円ほど。諸々の経費を引いたら100円がいいとこでしょうか。
本を一冊万引きでもされたら、10冊売り上げないと損害をカバーできません。
これではすぐに店が潰れます。好きじゃないとやっていけない商売ですね。。。

熱出しててお返事おそくなりましてすみません。


> ゼンラーマンさん
ん~、ゼンラさんがどんな本を出されるのか、すっごく興味があります。
何事にもマメそうだしなぁ…。(^_^


> 再び三毛猫さん
はい、拝見しました。
<head> タグは通常一番上の方ですよ。
丸ごとコピーペーストできるように書いときましたので♪
もう不毛なバトラーになったのですから、他の強いバトラーに文句言ってもダメ
ですよん(笑)


> shisutaさん
そうですねぇ、プライドや功名心をうまくくすぐるようなセールストークなんで
しょうね。兄ちゃんも書いてますが新興宗教や催眠商法だと。そういう類いに
近いのでしょう。
オウム真理教が信者数を伸ばしていた頃、私の知り合いが勧誘担当?の信者と
話をする機会があったのですが、とにかく彼らは何でも聴いてくれるし、全部
肯定してくれると。ものすごく親切で熱心なんだそうです。最初は。
あれではその後、言葉巧みに支配されるのも分からなくはないと言ってました。
欲のコントロール、難しいですね。何か物事がうまくいかないと、ゼロからの
再スタートではなく、今までがマイナスだったと思い込んでその分まで取り返
そうという気持ちなるのかも。私にもありがちだな。(^_^;
“爆ぜる”は普通に使うと思います~。
“Paperback Writer”には日本語だと“三文文士”というような意味があるのですが、
ここでは著者のみなさんをバカにするようなつもりで使ったのではなく、単に
思いついただけです。深読みなさらぬように。。。

【2008/01/31 Thu】 URL // NOB # [ 編集 ]
大丈夫~。深読みしてないよ~。
単に意味が分からなかっただけだから(^^)ニコ

お気遣いありがとうございます。
NOBさんが人をばかにしてるなんて思ったこともないですよん。大丈夫大丈夫!!
(^^)ニコ
【2008/02/01 Fri】 URL // shisuta # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> shisutaさん
あらら、こちらこそ気を遣わせてすみません。
shisutaさんに言ったというわけではなく、単に曲タイトルと本文の
繋がりについて書き足しちゃっただけです。
ごめんなさい。(^▽ ̄;
shisutaさんに(他の方にもですけれど)は、ウソついたり、心にも
ないことを書いても全部バレてしまうと思う(笑)
【2008/02/01 Fri】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/423-847ba561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。