Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国


今日8月6日は、62年前にアメリカによって広島に原爆が投下され、14万人が虐殺された日です。
午前8時からの平和記念式典では、この一年で亡くなった5千人余の名簿が新たに納められ、広島原爆で命を落とした人は25万人を超えました。

原爆投下時刻の午前8時15分には、式典に集まられた4万人の方々が一斉に黙祷を捧げました。



上記タイトルと写真は、双葉社から出ているこうの史代作のコミックです。

『夕凪の街』は原爆投下後10年経った広島の町で母と暮らす平野皆実の物語。
『桜の国』はそれから50年経った現代の東京での皆実の弟、旭とその娘、七波の物語。

被爆しながら生き残った負い目を抱き続ける皆実は、同僚の打越と思いを寄せあうも原爆症が発症してしまう。
家族に内緒で広島に向かう父、旭の後を追う七波は、父の故郷で自分の母や家族の生い立ちを知る。


こうの史代は、ことさら悲劇的になることなく、その柔らかな筆致で淡々と被爆者と被爆二世の日常を描き出します。
それがなおのこと、生き残ってもなお苦しみ続ける被爆者の悲しみや差別をくっきりと浮かび上がらせ、読む人の胸に迫ってきます。



3年前に刊行された本ですが、「第9回 手塚治虫文化賞」「第8回 文化庁メディア芸術祭大賞」を受賞し、Amazonのレビューにはいまだに書き込みが続けられていて、その数は200件を超えています。→『夕凪の街 桜の国』



また、皆実役に麻生久美子、七波役に田中麗奈を配して映画化され、ただいま上映中です。
映画『夕凪の街 桜の国』オフィシャルサイト

私はまだ観ていないのですが、原作に忠実に映画化されているとのことなので、ぜひ映画館で観てみたいと思っています。


先日紹介した『ヒロシマナガサキ』も公開中です。



漫画表現というものは、こういうことができるのだという魅力を改めて伝えてくれるコミックでした。
ぜひ一度、手に取ってみてください。



夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国こうの 史代

おすすめ平均
stars62年前の今日、起こったこと
stars非日常を日常の感性でとらえさせてくれる芸術作品
starsこの悲しい気持ちを私は表現できないのです。
stars何度も繰り返し読みました。
starsテーマは反戦だけではない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 イラストブログへ ←今日もなんにも描いてませんが…



■今日の“YouTube”

手塚治虫の代表作『鉄腕アトム』。そのアニメ作品を虫プロがアメリカに売り込んだ時、まず名前の“アトム”が原子爆弾を想起させるとしてNG。内容もアトムが敵ロボットを叩き潰すのが暴力的だとして難色を示されたということです。結果『Astro Boy』と改題されて発表されたのでした。
有色人種はドカドカぶち殺したり、劣化ウラン弾をバンバン撃ちまくる国なんですがね♪


Stone Me Into The Groove / Atomic Swing (YouTube)

バンド名に“Atom”を冠する“アトミック・スウィング”はスウェーデン出身のバンド。
93年のデビューなのですが、音がウネウネ、グダグダと70年代ロックやパンクの好きなトコだけ取りました~というような、いかがわしいバンドです(笑)
たまたまレコード屋で1stアルバムの1曲目『Panicburgh City』を耳にして、あまりにツボに入りまくってその場で買ったのでした。(^_^;

こちらで試聴できます→どっかのファンサイト


カー・クラッシュ・イン・ザ・ブルーイン・ゼア・ファイネスト・アワー~ベスト・オブ・アトミック・スウィングBroken Habanas
写真左より
『カー・クラッシュ・イン・ザ・ブルー』アトミック・スウィング、93年のデビュー・アルバム。なっかなかゴキゲン(死語)なアルバムですよん。ドアーズ、ストーンズあたりが好きな人は聴いてみてね。
『イン・ゼア・ファイネスト・アワー~ベスト・オブ・アトミック・スウィング』1stがバカ売れして日本公演も二度も行うなど順調だったバンドも“ロックンロール・ライフ”を満喫しすぎてその後尻すぼみ。97年の日本公演を最後に解散してしまうのでした。そんな彼らのオリジナル・アルバム3枚と未発表曲からなるベスト盤。
『Broken Habanas』…と思ったら昨06年に突如オリジナル・メンバーで復活。自らの1stのジャケットをパロディするなど、いかがわしさ健在。音も1stに近い作りになっています。日本盤は未発売。


スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

最初NOBさんの描いた絵かと思いましたー。
これコミック原作だったんですね。映画は気になっていたのですが。
本屋さんに行ったら探して読んでみます。
【2007/08/06 Mon】 URL // モノログ # [ 編集 ]
今もテレビで原爆の話をやっております。
多くの若者は今日が何の日か知らないのでございますね。
驚きでございました。
夕凪の街 桜の国はまだ読んだことがございませんが、
読んでみたいと思いましてございます。
映画も観てみたいものでございます。
【2007/08/06 Mon】 URL // 花矢 # [ 編集 ]
これ・・・・・・
気になっていたんです。きちんと現実を見たいものだから。
今日の朝・・私も黙祷しました。
先程のニュースで若い子に街頭インタビューで「今日は何の日か知ってますか?」の問いに誰も「広島原爆投下の日」って応えられないのを見て絶句しました。
若い子達が無関心なのは結局知識がないからで・・知識がないと興味もわかない。なんで知識がないのか・・・教えて貰っていないのですね~。
やっぱり近代史から教えてさかのぼっていく教育に変えた方がいいと思うんです。私みたいに明治大正昭和が好きでという人以外は皆・・しっかり習う戦国時代やその前や・・に興味が湧くようです。後・・・受験目的な勉強。近代史からはあまり出題されないらしいですね。
何とか教科書を改訂してほしいものです。そうすれば・・・こういった映画も・・本も・・もっともっと皆が観ると思うんですが・・・ね・・・。9日には長崎投下の日がやってきますね。本当に痛ましい。
【2007/08/06 Mon】 URL //  shisuta # [ 編集 ]
その映画なんとなく見たくなった
あんまり映画とか見ない人間だけど
【2007/08/07 Tue】 URL // ゼンラーマン # [ 編集 ]
こんにちはm(__)mお久しぶりですm(__)m
8/6、忘れられない悲劇の日です・・・
この悲しみを、二度と繰り返さないために、後世に伝えていかないといけないのかもしれません。

ご紹介していただいた本は、購入を真剣に検討中です。
映画は、ちょっと遠いですが、頑張って見に行ってきます。ナ○トや、河童の映画も気になったのですが、やはり悲しみを風化させないためにも、行ってきます。
【2007/08/07 Tue】 URL // らっこあら44 # [ 編集 ]
ヒロシマナガサキは全米で放映されたようですね~
何か反響あるかな?
日本でも若い方に見てもらいたい.....
やはり話だけより、感じ方が違いますよね
【2007/08/07 Tue】 URL // キムねえ # [ 編集 ]
これは興味を持ちました。今度読んでみようと思います。
私は映画とか映像より、漫画とかのほうが好きなので。
【2007/08/07 Tue】 URL // takan  # [ 編集 ]
NOBさんらしいご紹介
最近はヒロシマ・広島・原爆の文字だらけです
人類が起した最大のミスで罪だと思いますが・・・
こうの史代さん作のコミックのご紹介をいただいて
気持ちが安らかになった思いが致します
本当にありがとうございました心から感謝申上げます
強烈な描写や言葉では無くても良識ある方々に
キット深い感銘と二度と過ちを起さない誓いの心を戴きました!
【2007/08/07 Tue】 URL // eternal0660 金妻のパパ # [ 編集 ]
最近書店でよくみかけます。
なんだかおもしろそうですね!
読んでみよう・・・。(′∀`●)

【2007/08/08 Wed】 URL // ンピィー # [ 編集 ]
娯楽漫画ばかりでなく、こういった作品も手に取るべきですねぇ…
原作も気になりますが映画の方も気になっている作品の一つです。
【2007/08/08 Wed】 URL // KKMD # [ 編集 ]
ほんわかした絵をかかれる方ですね。漫画のことも映画化のことも知りませんでした。是非読んでみたいなと思います。
明日は長崎に原爆が落とされた日です。
二度と使われることのないよう 悲劇をくりかえさないよう
みんな仲良く生きていきたいですね。
【2007/08/08 Wed】 URL // ゆうこ@結 # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
お返事遅くて、ホントすみません。。。

> モノログさん
私がココで描いている絵とは、タッチが全然違います~。(^_^;
自分にできない・描けない絵を描いている方は、全て尊敬の対象です。
今でしたら、店頭とか映画化のコーナーとか目立つところにあると思いますよ♪

> 花矢さん
先日観た「ヒロシマナガサキ」でも渋谷の街を行く若者が、8月6日について何も
知らないというのが、印象的というかショックでした。
でも結局それは、伝えてこれない私たち上の世代の責任なのですよね。
あまり人に強く自分の趣味を薦めることはしたくないのですが、この作品はホント
によかったです。ぜひ読んでみてくださいませ。

【2007/08/11 Sat】 URL // NOB # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
お返事遅くて、ホントすみません。。。

> shisutaさん
私も一緒に黙祷しました。9日の長崎の時も。
この本のあとがきで著者も触れていますが、若い子が原爆のことを知らないのは
「知ろうとしないのではなく、知る機会に恵まれないのだ」と書いてあります。
そして「唯一の被爆国と言われながら平和を享受する後ろめたさは、広島人と
して感じていた不自然さよりも、もっと強いのではないか」とも。
後述に関しては、元から知らない子はそこまで考えが及ばないとも思いますが、
今、自分の国を知ろうとするのなら、近現代史から教育するのは当たり前だと
思います。事実諸外国はそうしている。(偏向的かどうかはともかく)
歴史と伝統も大切ですが、真の国際社会の一員として自覚を持つには、もっと
大事なことがあるのですがね。それとも近現代史を子供が学習すると、支配層に
とっては不都合なことがあるんですかねぇ。。。

> ZENRA-MANさん
私も最近はさっぱり映画館に足を運んでいません(^^;
でも、これは観たいですね。あと『トランスフォーマー』も(笑)

> らっこあら44さん
あ~、河童の映画、ありましたね。うん、それも興味あります♪
でも私たちが下の世代や自分の子供に平和の尊さを語る時が来るとしたら、この
国がどのように歩んで来て何を行ったか、されたかということをちゃんと知って
おかないといけないのですよね。やっぱり。

> キムねえさん
『ヒロシマナガサキ』が全米でテレビ放映されたことや、現地で行われた試写会の
様子などがニュースで短い時間で取り上げられていました。
観客は「ストロング」「パワフル」などと口にしていましたが、これは映画の根底
を貫くものを感じ取ったということでいいのかしらん。。。
私たちが知らない以上に、アメリカの人は被爆後の被害者の惨状を全然知らないの
です。原爆肯定という形でエノラ・ゲイ号が展示されているスミソニアン博物館な
ども、写真のテロップを取り違えていたりする無神経さらしいですしね。
ベトナムでの枯葉剤による二次被害などについても全く同じで、彼らにも真実を
知ってもらう機会が増えるということは、何よりも大切なことだと思います。

【2007/08/12 Sun】 URL // NOB # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
お返事遅くて、ホントすみません。。。

> takanさん
私もマンガ、大好きですよ~。ナルトとかブリーチとかも好きですが、こうした
良い作品に触れるのが何より楽しみです。神田にあるマンガ専門書店などに行った
日にゃ、半日吟味していますよ(笑)
でも最近は雑誌の数も多くて傾向も細分化されているし、パックされて中身は見れ
ないしで、たいへんです。ブックオフなど、古本屋でチェックするにも売れ筋しか
置いてないし…。
これはホントにいい作品だと思いますよ。

> eternal0660 金妻のパパさん
パパさんは人生経験も豊かですし、国防にも携わっていた経歴もお持ちで、人並み
以上に思うところがおありかと存じます。
原爆は「しょうがない」と発言した大臣もおりましたが、無差別大量虐殺兵器の
使用が許されていいはずがありません。
選挙で大敗しても居座る総理も、過去に小型核の保有も使用も問題ないなどと発言
していましたが、核保有の議論さえ飛び越して、抑止力としての保有よりも使用に
まで口を滑らすのは、とんでもないことです。
広島、長崎で弁舌を奮っている姿が滑稽に見えました。

> ンピィーちゃん
ぜひ読んでみてくださいね。
おじさんは一読目で何度も胸に込み上げるものがあって、嗚咽しないように
こらえるのがたいへんでした(*´∇`*)

> KKMDさん
そうですね。週刊少年誌等に連載の作品も大好きなのですが、本棚の整理をする
たびにマイナー?な作品しか残らなくなっていって、今ウチのマンガの本棚は
一般に誰も知らないような作家さんの作品ばかりになってしまっていますww

> ゆうこ@結さん
みんな仲良く。理想ですけれど、なかなか家庭や地域の中だけでもたいへんなこと
ですよね(笑)
でも、二度と悲劇を繰り返さないようにしていくのが、私たちの努めです。

【2007/08/12 Sun】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/390-4ee7b3a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。