Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





すべての創作物には著作権があります。その権利は尊重されて守られるべきで、二次利用に対しては正しくその対価を与えられるべきです。

え~、まずはこのことを確認しておきまして、今日の記事。



先月22日、練馬区の喫茶店でビートルズなどの曲をピアノで演奏し、著作権法違反に問われた経営者に東京地裁は懲役10月(執行猶予3年)の判決を下したというニュースがありました。
昭和56年の開店以来、日本音楽著作権協会(JASRAC)の許可を受けずに演奏を続け、平成13年に受けた演奏禁止の仮処分に従わなかったというものです。


この経営者逮捕の一報を聞いた時は単純に「やっぱ、そりゃまずかったね」という感を持った私ですが、続く30日には同じくJASRACが提訴した裁判でこのような判決がありました。


2004年6月、ピアノの生演奏をしている和歌山市のレストランに対してJASRACが著作権使用料を請求したところ、経営者は「演奏曲は著作権に触れないクラシックやオリジナル曲」と拒否。JASRACは大阪地裁に演奏中止の仮処分を申請します。
店側は「使用料の必要な曲は一切演奏しない」と述べましたが、地裁は翌年「確認するすべがない」と演奏差し止めの決定を出しました。

これに対し店側は演奏曲に問題がないことを示すため、音声付きモニターカメラを設置して店の様子をネットで配信、JASRAC側から常時確認できる態勢をとります。
この結果、控訴審の大阪高裁では「演奏曲を確認できる状態になった」として仮処分決定を取り消しました。

ところがJASRACは「(我々の)仮処分が退けられたケースは聞いたことがない」と、2005年10月に再び演奏の差し止めと、著作権侵害による損害金約250万円の支払いを求める訴えを起こします。

そして先月30日、大阪地裁の田中俊次裁判長は、「将来的に著作権侵害行為を続ける恐れがある」として演奏差し止めと店からのピアノの撤去、損害金約190万円の支払いなどを命じる判決を言い渡したのでした。



・・・仮処分決定が取り消されたのに、同じことをまた裁判で争うってどうよ?
いや、そこいらのチン○ラ(失礼)より執拗な因縁の付け方ですね。

例えば、育児ブログを開いているお母さんが、子供が描いたドラえもんとかアンパンマンの似顔絵をネットに載せたら、著作権管理者が「金払え」とメールを送ってきて、「ごめんなさい。これからはオリジナルの絵だけ載せます」と言っても「将来似顔絵を描かないとは限らないだろ!」と裁判所に訴えて、そのお母さんの家から筆記用具やパソコンを全部取り上げる。と、いうことと同じだと思うのですが( ̄- ̄;


実際にJASRACは、こんなメールを送ってくるそうです。
そのうち、ウチにも来るかな( ̄▽ ̄;

それから音楽著作権だけでなく、今度は漫画も“保護”されるそうで…。
何百万、何千万も売り上げるような一部の同人作家・団体はともかく、模倣って創造への原点だと思いますけれどね…。


この日本音楽著作権協会(JASRAC)とは、手っ取り早く言えば文科省の天下り組織で、昔から政治家・官僚や一部の音楽関係者などとの癒着がたびたび問題になっています。

自らが入居しているビルのオーナー財団への78億円の不正融資疑惑とか、理事の報酬は数千万円に上るとか、もちろんそのお金の出所は自分たちが管理している著作権という信託財産です。“濡れ手に粟”と言ったら失礼に過ぎる?
自分たちの利権をついばむ者著作権を蔑ろにする者は、小さな町の喫茶店やレストランでも許さないという姿勢。立派です?


え~、こんなFlashありました。(ちっと音デカイかも)
すごいぜ!JASRAC伝説

(↑ここで言う「オーケン事件」とは、元筋肉少女帯の大槻ケンジ氏が、著作に自分が書いた筋少時代の歌詞を載せたところ、JASRACから「ウチの管理物だから金払え」とお達しが。自分が作ったものなのに…と思いながらも大槻氏は著作権使用料をJASRACに支払う。当然その分の印税が支払われると思っていた大槻氏は、いつまでたっても1円もよこさないJASRACに問い合わせるも、JASRACは「わからない」と言うだけ。というものです)


日本での音楽ダウンロード販売のパイオニアである平沢進氏の話←は興味深いです。

(↑「YMOの謝罪」というのは、コレ。創作者の気持ちを無視した悪しき著作権の使われ方ですね)



と、この問題は調べるほどに複雑で難しい要素が増えてくるのですが、肝心なことは“至極真っ当なこと、筋が通った正しいこと”のように思える事柄でも、唯々諾々と自らの思考を放棄して鵜呑みにしてはいけないということです。


日頃、ここでも自分で書いているのにな。常に考えることを忘れちゃいけません。私、ちょっと反省しております。






■今日の“YouTube”

さあて、私にもJASRACからメールの来る日が訪れるのでしょうか(笑)

高木ブー伝説 / 筋肉少女帯 (YouTube)
特にファンというわけでないです。(^^;

Logic Airforce / P-MODEL(平沢進) (YouTube)
“テクノ・ポップ”という言葉が流行りましたね。

千のナイフ / YMO (YouTube)
この初の全米公演が大評判となり“逆輸入”という形で凱旋帰国を果たしたYMOですが、ライブアルバムを発表しようとしたところ、渡辺香津美のギターと矢野顕子のボーカルがレコード会社の契約の違いで収録できないというハメに。結局、彼らのパートを削った形で『公的抑圧』という物凄い皮肉を込めたタイトルで発売されました。



さて、YouTubeに違法アップするユーザーの著作権侵害を苦々しく思っているJASRACはさらに規制の強化を求めているようですが、一方ではYouTubeと連動しようとする企業も多く現れています。

それとは違いますが、宇多田ヒカルの公式サイトでは期間限定ながら、新曲「Flavor Of Life」のPVフルバージョンの配信をしています。
(↑配信終了しています)


はっきり言ってYouTubeのプロモーション効果って大きいと思うのですよ。ネットの粗い小さな画像で事足れりと思われる作品の方が問題はあると思うな。厳しい言い方かもしれませんが。
もうすぐ会社が無くなりそうな東芝EMIですが、このような積極的なプロモーションは他社も見習うべきなのではないでしょうか。

ぼくはくま / 宇多田ヒカル (YouTube)
さとさんやとりじろう(♀)さんに教えてもらいましたが、かわいすぎます♪


ゴールデン☆ベスト P-MODEL「P-MODEL」&「big body」 パブリック・プレッシャー ぼくはくま(DVD付)
写真左より
『ゴールデン☆ベスト P-MODEL』活動再開したP-MODELの90年代のベスト盤。
『パブリック・プレッシャー(公的抑圧)』香津美の超絶技巧ギターが無くなったかわりに、YMO自体のサウンドが楽しめる(^^;。20年以上前の録音だが全然古く感じない。
『ぼくはくま/宇多田ヒカル』DVD付き。カワイイよ~♪



スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

兄「JAS○ACと自らを名乗る半公的搾取機関については、
  言いたい事は山ほどありますが、長くなるので…。」

ボ「ボク達の所にもメール来る?」
兄「来たら、ネタだな。
  先日、日○テレビの夕方のニュースを見てたら、
  大阪地裁の無NO裁判長が言い渡した、
  二度目の仮処分の事を報道していました。」

ボ「はい。」
兄「笛○アナの横にコメンテーターとして来ていた
  元高校教師、アーチェリーの日本代表の山○さんは、
  『著作権は保護されなければいけない大事な権利です。』
  と、言っていました。
  いや、確かにその通り。
  キチンと権利者にその配分が成されていればね。
  著作権に大して興味の無い一般の人達の認識って、
  この程度のものなのだな、と悲しくなりました。」

ボ「著作者が声を上げれば良いんじゃないですか?」
兄「制作者側は、そういう面倒な事は苦手なのが常。
  そこに付け入って搾取を続けるのが前出の団体です。
  法律が緩和されて、管理団体が増える事を危惧しているのか、
  最近のJAS○ACのやり方は、ヤ○ザよりエゲツない。」

ボ「そこら辺は、報道されないですね。」
兄「テレビ局も報道ばかりではないからね。
  音楽番組やってたり、ドラマでも主題歌とかあるでしょ。
  ハッキリ言うのが怖いんだよ。
  新聞社も、自分の傘下にテレビやラジオがあるもんだから、
  ハッキリとは言えない。
  一般の人に知らしめるには、ネットだけではなく、
  マスメディアの力が必要なんだけどね。
  ココが日本のマスコミが腑抜けだと言われる所だね。」

ボ「兄ちゃん、語り足りなそうですが…。」
兄「NOBさんにご迷惑をお掛けするので、この辺で…。」
【2007/02/10 Sat】 URL // ボル(代筆 兄ちゃん) # [ 編集 ]
微妙な問題
挫折の原因ともなったのですがエフエム局を創り運用してました
毎年調査票が来て記入して僅かですが支払ってましたよ
ご存知で無いようですがTV局もラジオ局も同じように支払ってますし
その際には抜き打ちで放送時間と使用曲の詳細も記入させられます
著作権を守るって意味からは必要でしょうが・・・
果たして全てに公平にって考えると微妙な気がしてなりません(∂_-)ネッ
【2007/02/10 Sat】 URL // eternal0660 金妻のパパ # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> ボル君&兄ちゃん
本文に引用したメールですが、失礼ながらヤ○金の架空請求かと思いました。(^^;
記事を書くにあたっては、本会員である作曲家の方のホームページやブログなども
読ませていただきまして、内部から状況を改めようと尽力されている人がいるのも
事実なのですが、それ以前に役員とか理事とかいう方々が驚くほどモノを知らない
という現実もありました。
既得権益で不労所得を手にできる構造というのは、誰も変えたくありません。
当然メディアグループも、傘下にレコード会社はもちろんテレビ・ラジオ局もある
わけですから、旧態の著作権管理会社とは自前か既存の会社かの違いはあれど、
べったりくっついているわけですよね。
50%の天引きって暴利でしょ。どう考えても。
新しく民間の著作権管理会社が参入してくるということは、競争相手というレベルの話で
はなく、“敵”以外の何者でもないわけです。
あ、私も長くなりそうなのでこの辺で…。

> eternal0660 金妻のパパさん
FM局を創って実際にそういう業務にも携わられていたのですね。^^
パパさんほど詳しくはありませんが、テレビ・ラジオ局の件は存じております。
最近は人気ドラマの主題歌などは、放送開始からしばらく経ってから発売されますね。
著作権料を払わなくていいうちに、プロモーションをたっぷりやってから登録したり、
人気アニメの主題歌が頻繁に変わるのは、その時間をレコード会社が買い取って、
自社の楽曲の宣伝に当てているという、商売上手というか持ちつ持たれつという関係が
目につきます。大きいところはそういうことも自由にできますが。
私も以前関係していた団体で、ある楽曲を使用させてもらおうと権利許諾を求めに行った
ことがありました。細かに定められた規約と、CDやMDに貼るシールを貰ってきましたが、
実際の運用に対するチェックは現実的にはありません。(非営利団体でしたが)
しかしそういったところでも“不幸にして?”目を付けられたりすると、厳しい請求が行われたり
する現実も伝えられています。
JASRACのホームページには
「人々にとってかけがえのない音楽文化の普及・発展に尽くしてまいります。」と
あります。真にそのようにあれば問題はないのですが。難しいですね。(^^;
【2007/02/10 Sat】 URL // NOB # [ 編集 ]
そんなにお金欲しいなら真面目に働けジャスラックのアンポンタン(火暴)
皆にコピペを送付して 弱者から巻き上げるような姿勢が気に食わないですよね
何だか どこぞの違法な悪質業者にかなり酷似してそう・・・(笑)

ぼくはくまは やっぱりかわいぃなぁ・・・癒されます
宇多田さんのは ドラマの挿入歌ですね 昨日見てたので
直ぐにピンときました 切なめで良い唄ですよね
【2007/02/10 Sat】 URL // さと # [ 編集 ]
へえええええー!
JASRACの徴収したお金が制作者の印税になるわけじゃないんだー!!
恥ずかしながら初めて知りました(゚∀゚;)
ひとつ勉強になった~!
むかーーーーし、就職活動であちこちに資料請求ハガキを出してたとき、
JASRACから来たパンフに「今日も闘いの日々」みたいなことが書いてあって
びっくりしたことを思い出しましたw
【2007/02/10 Sat】 URL // みみ # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> さとさん
風邪なんかひいてませんか♪
はは、手厳しい…(^▽^;
あのメールは削除要請の文面ですが、わかりやすいものではありませんよね。
『ぼくはくま』、一時期頭の中でずっと流れていましたよ(笑)
宇多田ヒカル、すごい才能の持ち主だと思いますが、個人的にはファーストが一番
スキでした。

> みみさん
正しくは、徴収したお金の一部しか制作者の印税にならない、ということですね。
著作権料の半分はJASRACに委託した管理会社や音楽出版社に渡されます。
残りの半分からJASRACの取り分?を引いた一部の額だけが制作者に渡されます。
たぶん数%という微々たる数字です。
以前メジャーデビューしている知り合いに、印税の明細を見せてもらったことがある
のですが、あまり売れていない方だったので(笑)、額面数十円のものでした。(^^;
NHKのテレビで使用されたようだったのですが、「(使われているところを)オレも
見たかった」なんて言っておりました。。。
「今日も闘いの日々」というのは、自分たちは不法取締官とでもいう意識なんでしょうか。
【2007/02/10 Sat】 URL // NOB # [ 編集 ]
なんだかな、、、、
NOBさんJASRACって今日まで著作権を守ってくれる正義の味方だと思ってました。
インネンつけるっていうか、、、、うう~~ん、人の知的所有権とか守らなくてないけないけれど、なんかこれ変だよね。
見方が変わってしまいました。
【2007/02/10 Sat】 URL // みえこっち。 # [ 編集 ]
著作権は守られるべきだとは思います。
だけど、守りすぎると良い音楽に触れる機会まで、減ってしまう気がします。
※著作権の侵害をする気持ちはありません。

フラッシュの話が本当だとすると、気軽に演奏会などを開けませんね・・・
僕のよく行く、バイクショップも素敵な音楽がかかっているのですが、それも、ジャスラックから請求が来そうですし・・・

YMO、懐かしいです♪
東風を始めて聞いたとき、ビビビ!ときました。
千のナイフは始めて聴く曲だったのですが、とても素晴らしかったです!!
【2007/02/10 Sat】 URL // らっこあら # [ 編集 ]
お金って恐ろしいな~。
ブレーキが利かなくなるんだね~。
結局 利益追求だけの気がするよ。
世知辛いもんだね~。
著作権は大切だけどね。
実は・・私のあんなちんけなブログでも
書いた翌日にはネタが真似されてることが
多々あります。確実に私の所に来ているのは
知ってますが・・黙認してます。
でも・・・これだけ続くとちょっと。(ーー;)
マネはうれしくもあり悲しくもありです。
個人的なとってもスケールの小さいお話になってしまって
ごめんなさ~い。(*^^*)
【2007/02/10 Sat】 URL // 2/10shisuta # [ 編集 ]
皆さんお怒りのようで、私も
もう文字の多さから、皆さんのゴラァーが伝わってきます。
コンサートでは、収容人数と入場料と使用曲数で複雑に使用料が変わってくるんですよ。それにN○Kの集金人にみいに各地方にスパイ…もとい調査人がいて、コンサートの広告やチラシをチェックしてるとか・・・
1000人収容の会場でお客様たった1人でも1000人入ったことにして算出
まともに払っていたら赤字
ヤバ…(汗 このへんで
【2007/02/10 Sat】 URL // うめ # [ 編集 ]
ご心配有り難うございます
風邪は引いておりません大丈夫です♪

ぼくくまヌイグルミがあったら欲しいですよね(笑)
何時か探してみよう・・・∑(O_O) はまり過ぎ
ファーストと言えばオートマチックですね懐かしぃ~
いろんな人があの仕草真似してたの思い出します(笑)
ジャスラック フラッシュ映像にしたのは◎ですね すごく解り易い
【2007/02/10 Sat】 URL // さと # [ 編集 ]
 私が町にプロの劇団を呼ぶ企画をしたとき、どこで聞きつけたか電話をかけてきたのがJAS**Cの職員。使用音楽に著作権がからみますからと、会場料や入場料、1ステージいくらの契約とか、根掘り葉掘り。ウンザリ。仕舞いには契約書を見せろ!なぜ、見せなければならないのか?
「我らは、著作者の地位を守るために依頼を受けているとか・・。」著作者の地位を守る等と言うので、社*庁のように食い物にされたりしていることは一切ないのだろう。
 いずれにしても、日本はこの部分では遅れているとも聞いたことがあるし、非常に微妙なことのようですね。
【2007/02/11 Sun】 URL // あすとろ # [ 編集 ]
J*S*Cはねぇ・・・
私も仕事で多少は知っていますけど・・・
ついでにB-CASカードも何とかして欲しいわ・・・
【2007/02/11 Sun】 URL // のぶじい # [ 編集 ]
???なんだか無縁なお話なので(笑)あまり聞いた事はないんですが
すごいですね。
著作権は大切ですけど・・・・
コワ~イ・・・JA○RA○
お金儲けみたい。
【2007/02/11 Sun】 URL // れもん # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> みえこっち。さん
何事もそうですが、独占化というのは様々な問題が出てくるということですね。
巨大な利権構造も出来るし、その汁を吸うことだけを考える人間が集まるという
ことです。元官僚で高額な退職金を手にJASRACに天下り、腰掛けした後にまた
高額な退職金を手に政界に打って出て県知事になっている人もおられます。

> らっこあらさん
もちろん著作権や知的財産は守られなければなりません。
が、JASRACの規定を厳格に適用すると、人前で鼻歌を歌うことさえ憚られます。
JASRACは著作権を守る組織ではありません。委託された著作権を管理して料金
を徴収する団体です。
多くの制作者は自身の著作権が全く知らない、もしくは選択の機会を与えられない
うちに音楽出版社などに譲渡され、JASRACに委託管理されます。
譲渡された会社とJASRACには半永久的に制作者に渡るよりも高額な著作権料が
入ってきます。

YMOは大好きでしたよ~。コンサートもよく行きました♪

> shisuta さん
えぇ~!そうなんですか。shisutaさんのブログのパクリをしているトコがあると。
shisutaさんの記事って、とてもおもしろくて、なおかつ考えさせられたりします
が、ほとんどshisutaさんの実体験じゃないですか。
いくらおもしろいからって、それを他人が自分のことのように書いているわけ?
マネされるほど感心してくれたというのは、書き手にとっては嬉しいことなのかも
しれませんが、それを勝手に続けられる神経ってわかりませんね…。

> うめさん
そうそう。コンサートとか“よさこい”の演舞でも余興でも著作権料がかかってくる
楽曲を使用するような場合は問題になってきますね。
たまたま目をつけられたら、運が悪いと…もとい、利用者側も意識を高めなくては
いけないということも、もちろん大切ですけれどね。(^^;

> 再びさとさん
はい、わかりました♪ おヒマな時はのぞきにきてね。(^_^
宇多田ヒカルが今週の『笑っていいとも』に出ていて、実際にクマのぬいぐるみに
はまっていて、あの曲を作ったそうですね。
『オートマチック』は仕事中にJ-WAVEから流れてきたのを初めて聴きました。
ちょっと衝撃でしたね。

> あすとろさん
あすとろさんも、なかなかたいへんな思いをされたのですね。
もちろんJASRACにも真面目に問題意識を持ってお仕事にあたられている方々は
大勢いらっしゃると思います。しかし年間何百億という著作権料が行き来する場所
ですので、一部の役員や理事、外部の人間によると思われる不明朗なお金の流れは
残念ながら多々あるようです。。
著作権料として徴収され制作者に払われるお金は、3ヶ月JASRACに滞留されます。
言い換えれば常に何十億というお金がJASRAC内部には留保されています。
最も問題になったのは、1994年に外部の古賀政男音楽文化振興財団へ、公益法人の
定款に違反して無利子で78億円を融資した事件です。
当時のJASRAC理事長と理事会のごく一部だけで決められたとこの融資を元に、
古賀財団は入札なしで某ゼネコンに古賀会館というビルを建てさせ、そのビルに
JASRACが相当に高い賃貸料を払って入居するという計画でした。
これにはJASRACの内外で批判が相次ぎ、協会員の小林亜星氏らが、理事会に対し
融資の撤回と執行部の退陣を要求。理事会が申し入れを拒否すると、小林氏らは
東京地裁にJASRACを提訴。執行部は総辞職します。
しかしその後、逆に古賀財団からJASRAC側が訴えられたり、新理事長に文部省
官僚が天下ったり、不自然な和解を勧告する裁判長を罷免したりと、ゴタゴタは続き、
結局融資額を52億円にすることで和解が成立するという、事件となりました。
このような問題がまたいつ起きるかということはわかりませんけれども。

> のぶじいさん
ご存知ですか~。。。( ̄▽ ̄;
それからB-CASカードのようなDRMの問題は、多くの方があまりご存じないとは
思いますが、ホントは身近なことで恐いことですよね。
ここで書くと長くなってしまいますが。。。(^^;

↓“B-CAS”って何?という方はコチラをご参考に
http://ja.wikipedia.org/wiki/B-CAS

> れもんさん
そうですか~。(^^;
でも何か事をやろうとしたら、結構身近になってくる問題ですよ。
08年からはマンガの著作権も扱おうと画策しているらしいので、れもんさんが
上手に描いたあのドラえもんの絵などをブログに載せたら、文句言われるかも
しれないんですよ(笑)
著作権は大切ですけど、文化の発展の妨げにはならないでほしいですね。


【2007/02/11 Sun】 URL // NOB # [ 編集 ]
ふへえ~~~っ
政界とJASRACを行ったりきたり、、、その政治家さんって誰!!!って聞いてみたいです。
さしさわりがありといけないので遠慮しておきますが、、。

独占はどんなことでも不正の温床になりがちですね。
やれやれ、、、。
【2007/02/11 Sun】 URL // みえこっち。 # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> みえこっち。さん
文部省 天下り 知事
とでも入れて検索すれば出てきます。
大臣官房までお務めになった方ですが、リクルート事件で辞職。
それから天下りをスタートさせております。( ̄▽ ̄;
【2007/02/11 Sun】 URL // NOB # [ 編集 ]
ふ~ん、自身の演奏をUPするのも駄目なのか・・・・・・

【2007/02/11 Sun】 URL // takan # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> takan さん
自分が演奏したものを自身でアップしたとして、著作権者が他にいる楽曲を演奏した
場合、許諾を得るなり著作権料を払わないと、NGということです。
厳格に過ぎると、誰も何も音楽を楽しめないという状況になってしまいそうですね。。。
【2007/02/12 Mon】 URL // NOB # [ 編集 ]
まゆにシワを寄せて読んでしまいました。
難しい話だけど・・
でもこういうのってだめなんですね。
私、普通にいいと思ってました。。。
【2007/02/12 Mon】 URL // といめ # [ 編集 ]
ここってさ、CDの売り上げへっても
収入だけが最高記録たたき出しまくっているんだよね。

誰か突けばいろんなもの出て来そうだけどね。
【2007/02/12 Mon】 URL // たけ # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> といめさん
眉間にしわ寄せていると、かわいいお顔からとれなくなっちゃいますよ~。(^^;
著作権の保護と制作者への還元は大事なことですけれど、正しく運用されないと
利用する私たちも困ることになってきそうですね。難しい問題です。

> たけさん
それはもう、カラオケと着うたです。日本独特の文化ですね~。
音楽もダウンロード販売が主流になってくると、レコード会社なども今までの商態を
変えて行かなくてはいけませんよね。JASRACも然りかな。
真面目な協会員もたくさんいると思いますけれど、ますますアコギになったりして?
【2007/02/13 Tue】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/319-273d1343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
音楽が好きになり始めたのに。初めてトラックバックとやらをさせていただきます。NOBさんhttp://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/319-273d1343うまく行ってなかったらごめんなさいPDA ネタで音楽を聞こうと
[ 名前をつけて保存 ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。