Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ずっと放ったらかしにしていたメイン機のOSのバージョンアップをしましたところ、古いマシンとのネットワークに不具合が出まして、これを機会にとセットアップやらなにやらやっていましたら思いのほか時間がかかってしまいました。疲れた…(_ _;
日頃、コツコツやっていればそんなに問題ないのに…何事もそんな調子の私です。



さて、12年前の本日17日は、6434人の死者を出した阪神淡路大震災の起きた日です。
海外でもインドネシア沖での地震による大津波などで、今もまだ多くの方が震災による有形無形の影響で苦しんでいるわけですが、私たちはそこから何を学んだのでしょうか。

先日13日に起きた千島沖の大地震で北海道沿岸をはじめ、9万人を超える人を対象に津波警報が発令されましたが、実際に避難した人はその一割にも満たなかったということです。

地震大国と言われながらも、自分が災害に直面するまではいつまでたっても対岸の火事のような気分が抜けないのでは、お亡くなりになった方々の無念に報いることなどできはしないでしょう。

リンクさせていただいているさとさんが暮れに大震災の記録映像をたくさんアップしてくれていました。

ここから私たちが教訓を得て災害に対処する術を学ぶことこそが、亡くなられた方々への一番の供養になるのだと思います。



■今日の“YouTube”/ 訃報

以前ここでも紹介した、ブレッカー・ブラザーズのテナー・サックス奏者、マイケル・ブレッカー氏が、13日、白血病のため死去されました。57歳。

兄ランディと結成したブレッカー・ブラザーズはジャズ&フュージョン界で一世を風靡し、グラミー賞を11回も受賞。日本でも多大な人気を誇り、40回以上もの来日公演を行い、ジャズのフィールドのみならず、ロックやSMAPなどの歌謡曲のレコーディングにも参加するなど幅広い活動も支持されました。

ご冥福をお祈り致します。

Common ground / Brecker brothers (YouTube)

スポンサーサイト

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

おれ、車通勤ですが、毎日高速道路の下を走っています。
通勤時に大地震きたら終わりだなぁってよく思います。

起きてからじゃ遅いけど
起きないと動かない。日本人の国民性なのでしょうか。
【2007/01/17 Wed】 URL // たけ # [ 編集 ]
兄「もう、12年も経つのかぁ。あれから…。
  人間の記憶ってぇのは、どうしても風化してしまうんだなぁ。」

ボ「忘れてはいけない事もあります。」
兄「そうだね。
  全て見聞きしたものを教訓にしていくのが、
  我々、残った者の義務かもしれません。」

ボ「数々の天災、人災から、何か学んでいるでしょうか。」
兄「時々思い出すだけでは、何にもなりませんね。
  ワシも日々に追われ、そうなってたかも知れません。
  気を付けねば…。
  マイケル・ブレッカー、亡くなってたんですね。
  知りませんでした。ショックだなぁ。
  彼の柔らかい音、好きだったんですよね。
  ワシは性格からか、彼のような音は出せませんでしたが…。」

ボ「震災でお亡くなりになった方々共々、
  ご冥福をお祈りいたします。」
【2007/01/17 Wed】 URL // ボル(代筆 兄ちゃん) # [ 編集 ]
人間には「自分だけは大丈夫」と思ってしまう心理があるそうでございますが、
災害のときにもそれでは大変でございますよね。
災害に対処する術を学ぶことが大切…とは思っていても、つい何もせずにいる
自分がおります…。
一応、避難セットだけはございますが、取り出しにくい場所にございます。
【2007/01/17 Wed】 URL // 花矢 # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> たけさん
なるほど、そういうところで地震にあったりしたら、アウトでしょうね~。。。
私が以前都心の会社に勤めていた時、付近の町会の合同避難訓練で避難場所まで
歩いていくという大役を仰せつかりました。
その町会の避難集合場所というのが、皇居の北の丸公園でして、そこに行くまでに
高いビルの下を通り、ペンシルビルが立ち並ぶ歩道を歩き、雑多な家々がひしめく
路地を縫って向かいました。
仮に大災害が起きた時には“絶対にここまで生きて辿り着けない!”と思ったものです♪
有事の備えとしての防災ハザードマップとか、避難経路とか、もっと実態に則して策定
しないと無理ですね。役所の被害見積もりなんて、お気楽極楽レベルですよ。

> 兄ちゃん&ボル君
そうですね~。震災の教訓を誰も学ばない、忘れちゃうというのは更なる大きな損失
ですよね。人的物的問わず。あの時こうしていればよかったなんて、後から思っても
どうしようもないですから。ウチももっと考えないとな。。。
マイケル・ブレッカー、ショックです。人は誰でも死ぬとはいえ、まだ若すぎます。
白血病…。実は親類にもいるので(幸い治療経過は良好なのですが)、人ごとでは
ないのです。こちらも。(- -;

> 花矢さん
「自分だけは大丈夫」、ありますね。思いますね~。すごく。甘い考え(笑)
何かの折に避難セットとか救急セットとか揃えても、取り出しやすい場所に置くとかいう
意識は最初のうちだけなんですよね~( ̄▽ ̄;
…ウチの緊急持ち出し袋って、何が入っているんだっけ…(爆)

【2007/01/17 Wed】 URL // NOB # [ 編集 ]
確かに津波警報が出ても逃げないもんですよね。
私の実家は瀬戸内海に面してますが、一度津波警報が出た事があります。が、瀬戸内海で?と逃げなかった記憶が・・・・・・
【2007/01/17 Wed】 URL // takan # [ 編集 ]
反省しきりです。
数年間、何時何があっても避難できるように絶えず準備していたのに・・・いつのまにか懐中電灯はどこかに埋まり、非常食は食べ尽くされ。
自然災害が有れば一番に陸の孤島になる地域にいるくせに、ダメダメです。
地域の避難訓練には参加しておりますが。(^^ゞ
教訓を活かす事無く生きていてはいけないですよね。ほんとに。(TT。)ハンセイ・・・です。
【2007/01/17 Wed】 URL // ぽんた3号 # [ 編集 ]
辛い日ですよね
どなたにとっても悲しい厭な思い出ですね
あの時には10年ぶり2回目の台湾におりましたが・・・
現地の社員が少ない給料からお金を持ち寄って
私の仲間の為にと寄金してくれた事を思い出します
本当に辛い思いでの方々に鎮魂の祈りを申し上げたいです
【2007/01/18 Thu】 URL // eternal0660 金妻のパパ # [ 編集 ]
12年たったなんて.... 早いですね~
うちは大阪にいなかったので、恐怖経験してないんです
でも、帰ってからすごい事がおきたんだな~って実感しました(--;)
兵庫が実家の友達は、水とお菓子をリッュクにつめて
線路をずーーっと歩いたって言ってました。
忘れてはならない事ですね...
【2007/01/18 Thu】 URL // キムねえ # [ 編集 ]
12年前の震災前日、ちょうど新幹線で神戸を通過しました。
新潟中越地震も福岡西方沖地震も間一髪真逃れました。
他人事のように考えちゃだめですよね!
【2007/01/18 Thu】 URL // のぶじい # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> takan さん
そうなんでしょうね~、私はそういった経験が無いのですが、私の父母はチリ沖地震の際の
三陸海岸の大津波の時に、九死に一生を得ています。その頃二人はまだ出会ってなかった
のですけれど。母は高台にいたらしいのですが、父は危うく逃げ遅れるところだったとか。
そういう話はきちんと伝えていかないといけませんよね。

> ぽんた3号さん
そうなんですよね(笑)非常食を入れ替えようかとか言って、食べたらそのまま…(^^;
とりあえず現在は、三日分の水や食料を用意しておけばなんとかなると言われますが、
記憶に新しいアメリカのカトリーナの前の巨大ハリケーン、アンドリューがフロリダに上陸
した際のテレビ・ドキュメンタリーを見ましても、政府や公的機関の救援は必ずしも迅速・
的確ではないという事実もありますしね。
巨大災害の経験の無い地域や自治体では、混乱も十分予想されるでしょうからね。。。

> eternal0660 金妻のパパさん
自然の猛威の前に人は無力ですが、そうした温かい心を寄せ合うことが人の強さでも
ありますよね。素敵な方々ですね。
私は関西方面には直接親類等はいなかったのですが、友人知人の中にはたいへん
つらい経験をされた人もおります。
思いを馳せた祈りが、今ここで生きている私たちの明日に繋がるようにしたいですね。

> キムねえさん
運良く離れていたんですね。でもやはりお帰りになってからいろいろ苦労もありました
でしょうか。神戸の方々は苦労どころの話ではなかったと存じますが。(- -
12年といえば、干支が一回り。長い時間ですが、あっという間の気さえします。
震災の時に、チームワークよくバケツリレーなどで延焼を食い止めた町会は
現在逆に町ぐるみで耐震化から取り残されているなどと新聞に書いてありました。
神戸にだってまた大地震が来ないとは言えませんものね。まだまだたいへんな
思いをされている人がいることも、忘れてはならないです。

> のぶじいさん
のぶじいさんも、なかなかに運の強い方なんでしょうか(^^
でも一歩歯車が違えば、その全てに遭っていたかもしれないのですね。こわい。。。
暮れの新聞に、青函連絡船の沈没と飛行機の墜落とホテル・ニュージャパンの火災を
全てタッチの差で回避できたという強運の方が大往生されたという記事がありました。
いろいろな人生がありますね。
【2007/01/18 Thu】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/305-07d77823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。