Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





今年も正月から様々な事が起きておりますが、その中でひとつ気になったことを読売新聞から。


「バカジャコ」はダメ、差別語含む魚30種を改名へ

要約すると、
 日本魚類学会は、「バカジャコ」「イザリウオ」など差別的な言葉(「メクラ」「オシ」「ミツクチ」など)を含んだ魚の標準和名を改名する。
 見聞きした人を精神的に傷つけたり、不快感を与えたりすることがある上、別名への言い換えをバラバラに行う例も多く、混乱を解消すべきだと判断。計49の標準和名を同時に改名。新しい標準和名は学会以外に拘束力はないが、博物館や水族館などにも使用を呼びかける。

と、いうもの。



まず大前提として、あたりまえですが差別をすすめているわけではないということをお断りして、以下の文を綴ります。


今回の日本魚類学会の判断自体に関しては、自分たちが使う言葉に抵抗があるということで自主的に決定したということでしたら、まぁ特に述べることはありません。


表現をするということについては、少しですが何度か過去に書いてきましたのでここでは繰り返しませんが、言葉による差別で苦しむ人がいるということは、たいへん根深い重大な問題です。

しかし近年の、差別用語とされる言葉を使った者への感情的ともとれる集中攻撃、それを避けたいがためのマスコミの過度な放送禁止用語の選定や自主規制といった状況、いわゆる安易な「言葉狩り」は社会全体にとっても不利益です。


一つの言葉を差別用語と判断するかどうかは、それが明らかに差別や侮辱のために作られた、あるいは使われている言葉でない限り、個々の主観によって大きく異なります。
また、明らかな差別用語だとしてもそれを全て封殺して後世の人間が誰も知らないという事態になった場合、言葉がつくられてきた文化・歴史的な背景を知ることさえできなくなります。国民性とか精神的な根っこの部分はあまり変わらないのにね。

欧米では性差、宗教、障害、職業等に関する言葉の言い換え、“ポリティカル・コレクトネス”があまりにも過剰になりすぎて批判が巻き起こったり、ポリティカル・コレクトネスに関連して訴えられたりしないようにという、要はうわべだけの対応をするビジネスが繁盛するという事態になっています。



「言葉狩り」で挙げられた言葉を使わなければそれでよいということでは、いつまでも何も変わらないでしょう。

差別用語とされている言葉でも、どういう意図で使われているのか、発言や文脈の全体から考えなければならないのです。
逆に言えば、たとえ辞書を引いても差別的な意味のない言葉でも、それを使う人が差別意識を持っていればどんな言葉でも差別用語になります。



言葉は人を幸せにもできるし、殺すこともできる。
残念ながら全ての差別が無くなることはないでしょう。
だからこそ私たちは、常に自分の心の内と向き合っていなければならないのです。




■今日の“YouTube”

Words / F.R. David (YouTube)

この人、この曲しか知らないんですけどね(^^;


スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

お~o(⌒0⌒)oは~♪\(⌒▽⌒)/
朝からいいイラストを・・・(^^;
言葉って人の考えでどうにでも解釈出来るし、難しいところではありますね・・・
【2007/01/07 Sun】 URL // のぶじい # [ 編集 ]
慣れ親しんだ、魚の名前が消えるのは悲しいことですね・・・
差別的言葉ってNOBさんが仰るとおり、受け取る人によって違ってきますからね・・・
「まるで、ジャニーズ系みたいにカッコいい顔だね。」と褒めても、その人がジャニーズの人に悪いイメージを持っていたら、けなされたと取られてしまいますし・・・
確かに、差別用語を使うのは良くない行為(当たり前ですが。)ですけども、我々が使う言葉が少なくなっていくのは、なんとも残念です。

イラスト、素敵ですね!!セクシーな絵ですが、いやらしさが全く無く、さわやかな感じです(^^)

【2007/01/07 Sun】 URL // らっこあら # [ 編集 ]
後姿っていいですよねー笑
放送禁止用語って、放送しちゃいけないだけなのですが
多くは見事に死語となりました。
差別はよそう、という啓蒙に役立った部分もあるでしょうが
人間ってそんなに単純なものでもないですよね。
小さな摩擦を恐れて大きな断絶が生まれたり
さじ加減とか程度問題という考え方が失われたりしている気がします。

他にも放送が始まって数十年の間に、随分と悪影響があったと感じています。
僕は放送に携わる人間の影響力が軽減されるという点で
インターネットは素晴らしいと思うのですが、彼らは商売敵だからか
インターネットは恐ろしい、と連呼しておりますね。。。
【2007/01/07 Sun】 URL // けん # [ 編集 ]
(O_O)へぇ
これ決めた方は 考え過ぎですね・・・
そんなコト言い始めたら 収拾がつかなくなりますよねぇ
言葉を使う人が確りしないと・・・な感じで何だか がっかりです
変更は困る!と声高に反対している研究者サイドの人も居ることですし・・・

こうゆうのを責任転嫁ってゆうのかな?
【2007/01/07 Sun】 URL // さと # [ 編集 ]
後姿がキレイな女性…いいなあ…。
けっこう大変ですよ,後姿の維持は。背中とオシリを常に美しく保たないと…。

アタシもこの記事,別の新聞ですけど見ましたよ。
記事見た瞬間に,正直ちょっと(?)って思いました。
基本的に,アタシもNOBさんと同意見です。

ただ,訴えられないことや苦情でイメージダウンしないことに対して,
マスコミが保守的になるのはわからないでもないです。
言葉に限らず,製品とか,はたまた医療においても,何でもかんでも訴える人が増えてる印象があるんですよね~。
そして,だいたい訴えた側が勝訴してどっかの会社やら病院やらが謝ってたり…。
(少なくとも,そういうものしか報道はされないですよね)
そうなってくると,先手を打って使う言葉を自粛したり,
説明書に「は?」って思うような警告がかかれてたり(たまにありません?)
はたまたお医者さんがみんなやめていったりするんじゃないかと。

大多数が不快に感じることや,明らかに正当な主張であればともかく,
ほんの一部の人たちからの苦情とか,実は消費者側のミス?みたいなことでも,
何でもかんでも「消費者の権利」的な発想で訴えたり…。
で,それを知ったほかの人々も,訴えればいいもんだって思い始めて,
どんどんいろんなことに過敏になっていく…。
てな具合に,お互いが過敏になりすぎてるように思えるのはアタシだけでしょうか…。
【2007/01/07 Sun】 URL // とりじろう(♀) # [ 編集 ]
そういえば昔、教科書に載ってた“ちびくろさんぼ”と言う話も、無くなったかタイトルが変わったか忘れましたが、そのことを知った時「何が問題なのか?」さえ分らなかった事を思い出しましたよ。
【2007/01/07 Sun】 URL // takan # [ 編集 ]
NOB様
マスコミの矛盾点。
それだけ神経質になっていながら、バラエティでは意外と垂れ流し。。。
まして政治の世界なんて矛盾の塊のような世界。
そんな規制をしていたら全ての言葉が使えなくなっちゃう。
言葉を使う時のTPOや状況判断も出来ない度量の狭い人間も増えている。。。
言葉やその背景にあるものを知識として知っていれば、取捨選択ができるはず。
なんだかきな臭い世界にむかっているような気がしてならないこんな時こそ、しっかりと見据えていなければ!と思うのですが。。。。。
【2007/01/07 Sun】 URL // アザリア # [ 編集 ]
兄「って事は『バカ貝』もダメって事ですかね。
  あ、あけましておめでとうございます。」

ボ「おめでとうございます。」
兄「今年も宜しくお願い致します。」
ボ「兄ちゃん共々、仲良くしてやって下さい。」
兄「何だか窮屈な世の中になってきたなぁ、
  ってのが、印象でしょうか。
  こういう事って、最後は思考停止に繋がる様で、
  怖いですね。」

ボ「自分で考えなくなりますよね。」
兄「何だか最近のおかしな現象は、
  元は一緒の様な気がしますね。
  『想像力の欠如』という言葉に集約される様な…。」

ボ「コレ、じき記事にしますか?」
兄「そうだね。
  何か、ケツの座りの悪い感じがします。」
【2007/01/08 Mon】 URL // ボル(代筆 兄ちゃん) # [ 編集 ]
変えたから何?って思う。
だったら 障害者 って言葉自体を
私は変えたい。
健常者と障害者・・・これのが大きい差別だと
私はいつも思ってる。
だから私は障害者って言葉を使わないようにしている。
【2007/01/08 Mon】 URL // shisuta # [ 編集 ]
NOBアニキ!遅くなりましたがあけましておめでとうございやす!
たしかに現在の日本は差別用語に敏感になりすぎている気がします。「障害は個性だ」と言うバリアフリー化を進めている割には障害者に対し過敏な処置を採っている気がしますね。NOBさんの言う通り、差別に感じる用語なんて死ぬほどありますよ。メガネザルとかイソギンチャクとかも怪しいもんです。要は差別をしないという各人の確固たる意識を固めることが重要なんですよね?でもそんな政策は難しいですね・・・・うーん・・・。
今年もよろしくお願いします!
【2007/01/08 Mon】 URL // キッチン # [ 編集 ]
俺のこのHNもそろそろ規制をかけないとイケナイかもしれませんねw
【2007/01/08 Mon】 URL // ZENRA-MAN # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> のぶじいさん
朝からすみません…(^^;
言葉は同じことをいっても表情とか口調とか文脈で変わりますもの。
思いっきり誤解されていたりもするし、むずかしいですよね。

> らっこあらさん
そうですね~。
> その人がジャニーズの人に悪いイメージを持っていたら
そんな時、相手が怒ったりしても理由がわからなかったりしてね。(^^;
こうなるとどういう言葉遣いがボーダーかなんて、混乱してきますよね。
たとえば目の不自由な人に向かって「めくら」とか罵るのは論外ですが、
日本語では“めくら”とか“めしい”とか広義で様々な表現に用いることはあります。
それを“盲目”とか“目の見えない”というように置き換えると意味が通じなくなって
しまったりしますもの。もちろん根っこはもっと深いですが。。。
いつもイラスト、気に留めてくださってありがとうございます♪

> けんさん
ありがとうございます。女性の体の線って、それだけで芸術ですよね。(^^
そうですね~。禁止用語の自主規制とか、ポリティカル・コレクトネスも様々に
評価されている部分はもちろんあります。個人的には明らかに行き過ぎという
部分が多いと感じられますけどね。
テレビ・ラジオ等の既存の放送メディアの功罪と、これから整備されなくては
ならないインターネットとの断絶の仕方も通じるものがあるような気もします。
大概ヒステリックになるのは、既得権益が脅かされる方ですが。

> さとさん
いえいえ、ニュースでは昆虫や動物などでも同じような名前が付いているモノは
たくさんあるので、そちらにも波及するのではないかと( ̄- ̄;
右倣えと事無かれが好きな国民ですからね。同様な動きは加速するのではないかと。

> とりじろう(♀)さん
ということは現在多大な努力でとりじろうさんはキープされていると♪
ぜひ今度見せてください!(・_・/
引用させてもらったのは読売新聞なんですけどね。購読は絶対にしませんっ!
(関係者の方、いましたらごめんなさいね。だって、勧誘があまりに悪質…)

裁判というのは罪かどうか、罪を償わせるために罰を与えるかどうかということ
を決めるわけですが、法の精神というのは円滑な社会運営を目的としたルールに
より、自分自身を制御するためで、他者を制御するためではありません。
しかし、それをはき違えているような訴訟が多いような気がします。
ポリティカル・コレクトネスの本場アメリカでは、結局その周辺に弁護士や政治家
が多大な利益をあげれるシステムが出来上がっている。
そうするとみんな槍玉に挙がらないように最初から腰がひけるということになる。
そういう社会は健全とは言い難いでしょうね。

> takan さん
「ちびくろさんぼ」は絶版ではありません。出版社の店頭からの自主回収です。
注文すれば購入できます。この事件の端は1988年のアメリカの新聞がはじまり
ですが、日本で大きくなったのは「黒人差別をなくす会」の活動によります。
どういう会かというのは、すみませんが検索してみてください。たくさんヒット
しますので。

> アザリアさん
夜のお固いニュースも昼間のセンセーショナルなワイドショーも一緒の局ですから
ね。ヘタな言葉は使わなくても人を傷つけることは得意になっているようで。
心ある政治家なりがいたとしても、彼らの口からこういった“面倒くさい”ことが
語られることはないでしょうね~。アメリカ大統領が言ってくれれば言う事を
聞くかもしれませんが。なんたって“美しい属国”ですから(^^;
あぁ、言葉ってむずかしい。。。

> ボル君&兄ちゃん
明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します。
そうですね。思考停止、想像力の欠如。まさにその通りです。
もう、子供の時分から違うような気がします。昔は外での遊びをみんなで考えて
とっくみあいのケンカもして、どんな悪ガキでもこれ以上はダメという線を学習
しましたよね。まぁ、手に負えない“バカ”は昔もいたけれど。
今の子がみんなそうだとは言わないけれども、そうしたトレーニングの欠如が
肉体的、感情的に相手を傷つけてしまう限界というのをわからなくさせている
気もします。
兄ちゃんの記事、楽しみにしていますね♪

> shisuta さん
そうですね。「障害」という言葉は昔は『障礙』と書いたそうです。略字は“碍”。
“害”も“礙”も「そこなう、さまたげる」という意味ですが、“害”は「他を」ということです。“礙”には他をそこなうという意味はありません。
悪い差別的なイメージの“害”が用いられたのは、“礙”が戦後の国語改革で当用漢字から洩れてしまったためです。そもそもが当用漢字というのは使用頻度が低いとされた漢字の排除のためで、段階的な漢字の全廃を目的にされたものでした。
戦前のものは何でも悪いという風潮があったにせよ、GHQの占領政策に政府のみならず新聞社などの大手マスコミも音頭をとっての漢字全廃決定だったのです。
現在は「障碍者」と呼ぼうという動きもあるようですね。
“碍(社会的障壁)”があるために生活が妨げられる人、という意味合いだそうです。

> キッチンさん
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。^^
そうですね。残念だけど私の住んでいる地域なんて、ちっともバリアフリーじゃ
ないです。いつも同じ道路や歩道を工事するのに、狭くて段差は残ったまま。
いま、最寄り駅でもやっとエレベーターの工事はしているけれど。
ハレもの扱いだけして、置いてけぼりってのが一番ひどいですよね。
残念だけど差別をしないようにする法律って難しい。最後は心の問題だもの。
でも自分のまわりで触れ合う人たちとだけでも、お互いが心豊かにやさしく
つきあっていけるようには、なんとかできるかもね。みんながそうすればきっと
変わっていけるのではと思います。

> ZENRA-MAN さん
規制ですか。ZE○RA-MANさんとか、Z■NRA-MANさんとか?
よけい気になりますな( ̄w ̄

【2007/01/08 Mon】 URL // NOB # [ 編集 ]
NOBさんのお返事を見て思う・・・
自分のコメント見てると 誰に向けて言ってるんだろ・・・と
思いました NOBさんのことを考え過ぎだの 責任転嫁してるだの
言ってる訳ではありません 紛らわしいコメントで 本当にごめんなさい
これ決めた人達・・・とゆうのを入れ忘れてました
【2007/01/08 Mon】 URL // さと # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> さとさん
あ、そんな風に思ってませんでしたよ。だいじょうぶです。(^^
レスはさとさんの心配をよそに、さらに無思慮に事態が進むのではないかと書いたわけです。
私も言葉足らずでごめんなさいね。
【2007/01/08 Mon】 URL // NOB # [ 編集 ]
同感です!!
NOBさん、この言葉狩りってポーズですよね、ポーズ。

うちの出版社は見識が高いです。
ちゃんとしてます!!

っていうデモンストレーション感じちゃって、私、どうしてもなじめないです。
ちび黒サンボもお手伝いさんも、いいじゃないですか。

ネグロイド系の男このサンボ君、ハウスヘルパー、八百屋さんはベジタブルスタッフなんておかしい!!

昔、知り合いのあるひとが若い頃、バカチョンカメラは馬鹿でも朝鮮のお方でも使えるカメラといえば丁寧でいいのかっ!!って怒っていました。
【2007/01/08 Mon】 URL // みえこっち。 # [ 編集 ]
なんだかバクッと読んでしまいました。
本当にそうですね。
言葉は人を幸せにもできるけど殺すこともできますよね。
すっごいすっごい分ります!!
【2007/01/08 Mon】 URL // とらぼるた # [ 編集 ]
イラストと・・・
 内容は関係なかったのですね^^
差別用語を禁止する前に心の問題・・・例えば親が差別はどぅしてイケないのか、するべきでなぃのかを、しっかりと子供におしえてあげられるような環境を作らなければ意味がなぃような・・・っと私は思ぃます。
改名された魚たち・・・σ(^-^;)が知ってぃる魚がどれくらぃいるのかなぁ~ww
【2007/01/08 Mon】 URL // たんぽぽ # [ 編集 ]
え~と最近NOBさんのブログは会社で開いてはいけないと学習しました(笑)。なにせいきなり出てくるイラストが…はははは~。

人の口に戸は立てられないし、言葉はどんどん生まれて消えてゆくものだから、その意味も変わっていくし、使われ方もその時代時代でうつりゆくものですね。「こんな仕事じゃ片手落ちだ」という表現を、差別用語だ、と糾弾する人がいるとしたら、それは糾弾する側がどこか歪んでいるんじゃないのかなぁと思います。過剰反応というんでしょうかね。。。みんな気持ちに余裕がないんだなぁ。
【2007/01/09 Tue】 URL // snowberry # [ 編集 ]
あ、ついでに。F.R.Davidのこの曲、高校のときに大好きでした。この曲の入ってるアルバム、持ってます。でも、良い曲はこれだけだったりして(笑)。
【2007/01/09 Tue】 URL // snowberry # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> みえこっち。さん
そうですね、というか出版社等のメディアって、そもそもそんなに見識が高いのか
どうか。
自主規制もそうなんですが、少し前の有害コミック騒動などでもポリシーを微塵も
感じられない対応をしていたのを、すぐそばで見てきましたから。
『ちびくろさんぼ』に限らず、争う前にすぐに事無かれ主義に走っていては標榜
する“表現の自由”なども虚しく響くと思うのですがね。

アメリカなどでは、体の不自由な人のことを「困難を乗り越え目標を達成した」
なんて書き方もNGなんです。いわゆる“障がいは個性”だから逆差別だと。
至極まっとうに聞こえますが、同じ考え方で「男性が道具を使って物を作る」や
「女性がキッチンで家族の食事を作る」という表現もダメなんだそうです。
性別による役割分担の固定化につながるということなんだそうで…( ̄_ ̄;

> とらぼるたさん
やさしい思いやりの気持ちをこめた、ただひとことで全然違う状況や良い関係に
なるものですよね。逆もまた然り。
とらぼるたさんご自身は、そうしたことで辛い経験をされてきたのですから
なおさら切実に感じることでしょう。(・_・

> たんぽぽさん
イラストは、まぁ、何か言葉をかけられて振り向いたというイメージですが
ほとんど関係ありませんね、ハイ。(^^;
心の問題、なぜ差別はいけないのかということ。たんぽぽさんご一家に限らず
これからどの子も、どのご家庭もそういった場面に直面されるかも知れません
もの。大人がしっかりと子供たちに考えてもらえる環境作りがより大切になって
いきますよね。
魚たち…、実際名前を変えられてもわからなかったりして。ホントに( ̄w ̄

> snowberry さん
あらら、すみません。ご迷惑をおかけしまして(^^;
これからブラウザのウィンドウは小さめにして様子を見てください(笑)

そうですね、みえこっち。さんのコメントの「バカチョンカメラ」もそうだし、
「百姓」とか「土方」とかも、昔の時代劇などを放映した際に「作品のオリジナ
リティを尊重して…」なんて断りのテロップが入ったりしますよね。
人って誰しも持って生まれたものは違うし、その後の生活環境もそれぞれ違う。
そういった差異を認めたり見つめたりしながら、様々に対処して生きていくもの
だと思いますが。
上のたんぽぽさんのブログに、「みんな違って、みんないい」って記事を書かれて
いたのですが、そういうやさしさや温かい目が足りないのですよね。

F. R. David、アルバム聴いた憶えがあります。でもこれしか残ってないっす(^^;

【2007/01/09 Tue】 URL // NOB # [ 編集 ]
なんだかいろいろ考える人が多いみたいですねー
この思いつきに反対できる人も居なかったんでしょうね。。。

おそくなりましたが
あけましておめでとうございます!

【2007/01/10 Wed】 URL // やま # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> やまさん
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
学会というのは、上が決めたら下は従うだけなんでしょうかね? よく知りませんが…。
ま~、あんまり偏った考えになってしまうようにならないでほしいですね。
【2007/01/10 Wed】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/299-75a291ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。