Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩、ボーッとテレビを見ていましたら通販の番組になりまして、いつもならチャンネルをかえてしまうのですが、紹介する商品に興味を惹かれまして見続けていました。

「へ~、コレ、欲しいかも~」と思ったその商品がコレ↓
            BOSE クワイアットコンフォート3(←BOSE HPへ)


このヘッドフォン、ノイズキャンセリング・システムを搭載していて、周囲の騒音や低周波ノイズなどを低減させてしまうというもの。
仕組みは内部の超小型集音マイクが外部からのノイズをキャッチすると、瞬時に周波数データへと変換し、同時にそのノイズと逆位相の信号を高速発生させて打ち消してしまうというスグレモノ。らしい(笑)

BOSE社の製品は、NASAや米国の軍用飛行機や民間航空機のパイロットにも採用されているということです。軍用機なんて軽量化のために遮音材なんて入ってませんからね。

で、騒音をカットするから、ヘッドフォンのボリュームも小さくて済むので耳にやさしい。もちろんスピーカーメーカーのBOSE社だから、小さい音でも特殊構造で重低音はバッチリ。

本体のコードを抜けば、勉強や仕事中など集中を要する作業にもイヤーパッドとして使えるし、人間の声の帯域は消さないということなので会話も可能だということです。



ね~。なんか良さげでしょ。
でも価格は47,250円もするのよん。テレビの通販でも同じ値段でした。

と、値段でためらってしまいましたとさ。私。( ̄▽ ̄;


でも、イイよね。コレ。




■今日の“YouTube”/『ワルツ・フォー・デビイ』ビル・エヴァンス・トリオ

ワルツ・フォー・デビイ+4ワルツ・フォー・デビイ+4
ビル・エヴァンス スコット・ラファロ ポール・モチアン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上の“ノイズキャンセリング・ヘッドホン”で聴いてみたいアルバムはと考えて、真っ先に思いついたのがコレ。ビル・エヴァンスのいわゆる“リヴァーサイド四部作”といわれる黄金の名盤の中でも、最も美しい作品。秋の夜にピッタリです。

一曲目の『マイ・フーリッシュ・ハート』の静寂の中から、ほのかに立ちのぼる最初の一音。初めて聴いた時にこれだけで全身に鳥肌が立ちました。このアルバムが気に入るかどうかで、エヴァンスが好きかキライかに別れるんじゃないかなぁと思います。

1961年6月25日の日曜日、ジャズクラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」でのジャズ史上に燦然と輝くこの録音からわずか10日後の7月6日、エヴァンスの朋友スコット・ラファロ(b)は、自動車事故により27歳の若さでこの世を去ってしまいます。
ポール・モチアン(ds)と共に最も完成されたと言われたピアノ・トリオは、二度とその音を奏でることはなくなってしまったのでした。


My Foolish Heart / Bill Evans Trio (YouTube)
恋に身を焦がす心を歌った美しい「マイ・フーリッシュ・ハート」。

Waltz For Debby / Bill Evans Trio (YouTube)
結婚する姪のために贈った愛らしいタイトル曲「ワルツ・フォー・デビイ」。
64年の演奏(ベースはG.ピーコック?)。両方ともちょっと音が悪いけど…。




昔描いたエヴァンスの絵。過去記事の使い回し(^_^; (クリックで大きくなります)

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

兄「いやぁ、欲しいっスね。
  ノイズキャンセラ付き。
  他でも色々出ているので…。
  ただ、どれも値段がね。」

ボ「お高いですね。」
兄「商売なら兎も角、
  趣味で使うにはもうちょっと安くないと…。」

ボ「趣味だから良い物って手は無いですか?」
兄「アリだけど、
  今、懐が低気圧なので…。」

ボ「ははは。」
兄「以前、どこかでジャズもお好きと
  拝見致しました。
  何が最初に来るかと思っていたら、
  ビル・エヴァンスですか。
  なんとも心が優しくなる繊細な音色は、
  好きなピアニストの一人です。」

ボ「日本贔屓だったみたいですね。」
兄「そうみたいね。
  晩年、色々大変だったようですが、
  体がボロボロでもステージに立ち、
  そこで倒れて息を引取る。
  現実に"生涯現役"だった人です。」
【2006/10/29 Sun】 URL // ボル(代筆 兄ちゃん) # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> ボル君&兄ちゃん
ねー、高いですよね…でもいいですよね。でも買えない( ̄▽ ̄;

ビル・エヴァンスは、大好きです。もちろん全部のアルバムは聴いていませんけど。
非公式盤なんて、いったいいくつ出ているのかもわからないし。
晩年は兄の自殺や、自身の麻薬への依存など心身共にたいへん不安定だったようですが。
1980年9月9日から14日までの予定で、ニューヨークのクラブ“ファット・チューズディ”に
出演。指は二倍に腫れ上がり、メンバーが病院に行こうと懇願するも頑に拒んで演奏を続け
るも、11日に自ら病院に行くと告げ舞台を降ります。
肝硬変と出血性潰瘍で医者も驚く程に手遅れだったということで、三日後に息を引き取り
ました。20日からは来日公演も予定されていたのですが。享年51歳。
正に死の直前まで、ピアノの前に座り続けていた人です。
【2006/10/30 Mon】 URL // NOB # [ 編集 ]
これよさそうですよね!!
NOBさん、わたしもボーズ博士のこのヘッドフォン、いいなあ~~って思っています。
でもけっこう良い値段するんですよね、、、。
沖縄に1~2回行けます!!(←すべての価値判断がこれか!! いかんいかん)
【2006/10/31 Tue】 URL // みえこっち。 # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> みえこっち。さん
そうですね、値段がたいへんよろしくて。。。そのぐらいの性能はあるのでしょうが。
> 沖縄に1~2回行けます!!(←すべての価値判断がこれか!! いかんいかん)
なるほど~。モノの価値基準は沖縄旅行の費用に当てはめるのですね(笑)
とてもわかりやすくて、よろしいかと。(^_^;
【2006/11/01 Wed】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/261-4ecfa499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。