Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BIKE1.jpg


BIKE2.jpg


BIKE3.jpg


BIKE4.jpg



ドアーズ(The Doors)は1965年にボーカルのジム・モリスンを中心として結成された4人組のロック・バンドです。バンド名はオルダス・ハックスレーが18世紀の詩人ウィリアム・ブレークの詩「忘れがたい幻想」の一節から取った本のタイトル『知覚の扉』を元に名付けられました。


デビューアルバム『ザ・ドアーズ』は1967年1月にリリースされ、第二弾シングル「ハートに火をつけて」は大ヒットとなり、ジム・モリスンは当時のセックス・シンボルの一人となります。
しかし、バンドのライブ・ステージは挑戦的であり反抗的だという評判を貼られ、ドラッグを連想させる歌詞は度々問題になり、ジム・モリスンはスターとしての地位にフラストレーションを感じるようになっていきます。

1969年3月のフロリダ州マイアミでのコンサートで、ジム・モリスンはステージ上で性器を露出して自慰行為をしたとして逮捕されます。以降バンドは反社会的とされ、活動も縮小。
アルバム『L.A.ウーマン』発表後の71年7月、ジム・モリスンは著作に専念するとして休養を取るために渡った、パリのアパートのバスタブの中で謎の死(ドラッグによるとされる)を遂げてしまいます。“The Lizard King”と呼ばれた稀代のロック・スターは享年27歳でした。

(ストーンズのブライアン・ジョーンズ、ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックス、ニルヴァーナのカート・コバーンも27歳でなくなっている)



2003年、ドアーズのオリジナル・メンバー、レイ・マンザレクとロビー・クリーガーがザ・カルトのイアン・アストベリーをヴォーカルに迎え、『21世紀のドアーズ(The Doors of the 21st Century)』として活動を開始。

しかし、元メンバーのジョン・デンズモアと故ジム・モリソンの遺族などがドアーズの名の使用差し止めを訴え、2005年7月に裁判所から使用禁止命令が出たのを受け、新たに『ライダーズ・オン・ザ・ストーム(Riders on the Storm)』と改名して活動することになりました。

『ライダーズ・オン・ザ・ストーム』は、ジム・モリソンが在籍した最後の作品『L.A.ウーマン』のラストに収録された7分を越えるブルース色の色濃い名曲のタイトルで、ジョン・デンズモアの自伝のタイトルでもあります。



L.A.ウーマンThe Best Of The DoorsRiders on the Storm: Trib to T
(左より『ドアーズ/L.A.ウーマン』、『ドアーズ・ベスト』、『ライダーズ・オン・ザ・ストーム』)
スポンサーサイト

テーマ:今日の一曲 - ジャンル:音楽

バイク絵 かっこいい♪
27歳で4人の方が亡くなるのに変な因果関係を感じるのは
うちだけでしょうか? どんな理由であれ若くして亡くなるのは
居た堪れない気持ちでしょうね 関係者の皆さんや親族とか・・・


追記
NOBさん 有り難う♪(しつこくコメントしてごめんなさい)

また追記(笑)
腕上げてる写真しか無いのでしょうか? イラストも上げてるのには笑いました(爆)
もうちょっと良い写真をチョイスしてあげても良いのでは・・・
チクビかなり気になりますねぇ(爆)何故にハダカ?
ステージで自慰行為したのも頷けそう(苦笑)
【2006/09/26 Tue】 URL // さと # [ 編集 ]
NOBさん
がかいたの?じょうずだね。。。ってあたりまえか?(笑)
あはは。

お仕事は順調ですか?
【2006/09/26 Tue】 URL // urara # [ 編集 ]
(。・ω・)ノ゛ コンチャ♪
今日の絵。。。かっこいい~~~
思わず続きを読み忘れるところだったσ(^_^;)アセアセ...
絵の才能ゼロのkotoは、羨ましい・・・・
【2006/09/26 Tue】 URL // koto # [ 編集 ]
「地獄の黙示録」で「The End」が使われてましたね。
というか、それがきっかけで、それ以外あまり知らないんですけど。
子供の頃サントラまで買いましたよー

【2006/09/26 Tue】 URL // やま # [ 編集 ]
黒乳首は、出さないほうがイイジャケットになってたような希ガスwww
【2006/09/26 Tue】 URL // ZENRA-MAN # [ 編集 ]
ドアーズ知りませんが....イラストかっくいい~(^^*)v-238です。
【2006/09/26 Tue】 URL // キムねえ # [ 編集 ]
なかなかかっこいい絵ですね!

あっ、リンクさせてもらいました。ペコリ(o_ _)o))
【2006/09/26 Tue】 URL // のぶじい # [ 編集 ]
NOBさんただいまー!
洋楽を全く聴かない俺ですけど、NOBさんが熱く語ってると聴いてみたくなりますね。
シャゲナベイベー!
【2006/09/27 Wed】 URL // キッチン # [ 編集 ]
NOB様
今までの記事を順を追って。。。今日で完読!笑ったり、考えたり、ドキドキしたり、素敵な絵と文章にすっかり魅了されてしまいました。
そして、今日のこのバイクの男性の背中が素敵で。。。ときめいています。(主人以外にときめくなんてめったにないもんで。。。テヘヘ)
音楽、私もよく聴くカーペンターズやダリル&ジョン、マンハッタントランスファー(これは主人の影響)勿論小田さん。。。今もべビィフェイスとルーサーバンドロス、マットビアンコ等を聴きながら。。。
shisutaちゃんから、私とNOBさんが共通する部分があるとの言葉で勝手に親近感を持ってしまいましたm(__)m
何より奥様とのやり取りがいいですね。。胸にズンときましたv-218
【2006/09/27 Wed】 URL // アザリア # [ 編集 ]
NOBさんイラスト最高!!永ちゃんの「レイニー・ウェイ」って感じですね。私 矢沢の永ちゃん好きなんです。あ~いった表情で歌える歌手は少ないですよ~。これは良いイラストを見させていただきました。ライブにはよく行きました~。

ところで洋楽の方ですが ジャケットの並べ方にセンスを感じました。
あまり乳首はいりませんね。(^^ゞ

薬は中毒になりますよ。私も色々経験してきました。違法の薬ではないですよ。シンナー吸ったりとかもないです。たばこも吸いませんから。

何かしら色々あるんですよね。私も人生で何度も自殺を考えたことのある人だから・・・寂しかったんじゃないんですかね~。寂しさや孤独は人を変えてしまいますから。ちなみにダーリンは43歳ですが過去1度も自殺なんて考えたこともないというまたこれも変わった人です。
【2006/09/27 Wed】 URL // shisuta # [ 編集 ]
コメントありがとうございます

> さとさん
カート・コバーンだけ20年以上離れていますが、みんな衝撃的な登場をして
衝撃的な死を迎えています。当時のロック・ミュージシャンの生き様と言うには
簡単すぎますが、なにか示唆しているようにも思えますね。

いつもコメントありがとうです。なんにも気にしてないですよ(^_^

> urara さん
はい、私が描きました。。。ありがとうです。(^^;
仕事は~、どうでしょう・・・てへへ。ぼちぼちがんばってます?(^_^;

> koto さん
ありがとうです。
絵って、うまいへたより“味”だと思います。
他人が描く絵は、自分には描けない魅力が必ずあります。
kotoさんだって、きっとそうです♪

> やまさん
「地獄の黙示録」での「The End」、すっごいはまってますよね。
カッコイイ。よすぎです。あれでドアーズを知ったという人も多いかと。
でも「ハートに火をつけて」とか他の曲も、聴けば“この曲が”ってみなさん
わかると思いますね~。

> ZENRA-MAN さん
あえて乳首に触れる感性がさすがです。( ̄w ̄

> キムねえさん
上にもコメントで書きましたけど、聴けば知っている曲もあると思いますよ。
私もキムねえさんのイラストのファンであります♪

> のぶじいさん
ありがとうございます。リンクの件、了解致しました。
こちらからもさせていただきますね。どうもありがとうございます。m(_ _)m

> キッチンさん
おっ、お帰りなさ~い! どうでした、ミラジーノの旅♪
何事もなく(いや、あった方がネタ的にはいいんだろうけど)元気ですか。。。
これから旅行記がぼちぼちあがってくるのかしらん。楽しみです。(^^
今回は特に熱く語ってはいないですが(笑)、よかったら聴いてみてね♪

> アザリアさん
わ、ほんとに全部読んでくださったのですか。どうもありがとうございます。
ウチの奥さんとのやりとりで、何か胸に来るものがあったでしょうか…(・_・
この背中は私です。。。嘘です(^▽^;
カーペンターズ、大好きですよ~。ルーサー・バンドロスやマットビアンコも
好きですね。その辺りの音楽は結構聴きましたよ。節操がない(笑)
shisutaさんから共通する部分があると…。ふむふむ。親近感をお持ちいただい
たということで、光栄ですがなんだか恥ずかしい気も(^-^; ありがとうございます。

> shisuta さん
ありがとうございます♪ 永ちゃんですか。私も好きですよ~。
高校の時、憧れていた先輩(女性)の家にオジャマして、部屋に入れてもらった
時に、永ちゃんのアルバムがカーペットの上に無造作に置かれていたのです。
マジメで清楚な感じの先輩も永ちゃんを聴くんだと、ますますその先輩と永ちゃん
が好きになった覚えがありますね♪(笑)

永ちゃんのライヴはもう10数年行っていないのですが、横浜スタジアムでの
コンサートに行った時、席はスタンドのかなり上の方だったのですけれど、
『トラベリン・バス』でアリーナ(グラウンド)の満員の客がタオルを広げて
一斉に投げ上げる様子は壮観でした。トリ肌立った~♪

一度も自殺を考えたこともないというのは、それはそれでよろしいことかと。
私はやっぱりあります~。随分若い時のことですけれどね。(^▽^;
人が通ったことのない野を行く人というのは、その苦しさや哀しさは理解される
ことは難しいことでしょう。孤独との戦いなんでしょうね。。。
【2006/09/28 Thu】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/241-8d22cf99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。