Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1945年。今から61年前の一昨日8月6日は広島にウラン型原子爆弾“リトルボーイ”が、明日9日には長崎にプルトニウム型原爆“ファットマン”が落とされました。

多くの市民の尊い命が犠牲となったこの日。各地で悲しみも新たに平和への祈りが捧げられることでしょう。
しかしながら原爆の被害を受け、後遺症に苦しめられながら暮らしている方々にとっては遠く過ぎ去った昔のことではありません。
そして今もなお、世界各国で“被爆者”は増え続けているのです。



みなさんは『ヒバクシャ』という映画をご存知ですか。
(映画の詳細は↑こちらへ)


日本に投下した原爆で使用されたプルトニウムを生産、製造した工場の汚染。
何も知らされずに原爆投下を想定した訓練に参加させられたアメリカ軍兵士。
旧ソビエト連邦で起きたチェルノブイリ原発での事故。
湾岸戦争で米軍がイラクで使用した劣化ウラン弾による被爆。


人類がその最悪の大量殺戮兵器を最後に使用したのは61年前。なのに新たに被爆した人、もしくは被爆の事実が新たに判明した人はどんどん増え続けているのです。


私たちは史上唯一原爆を投下された国の人間として、もっとこの事実を理解し、ヒバクシャの声を後世に伝え続けていくべきでしょう。


スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

なるほど
そうか、考えたこともなかったけど、こんな被爆もありますよね、たしかに…。↓↓
>日本に投下した原爆で使用されたプルトニウムを生産、製造した工場の汚染。

そうなると、実際の原爆投下によって被爆した「敵」だけでなく、その準備段階で「味方」を被爆させてしまうことにもなる…。(戦争のときなんて、「使い捨て」状態かもしれないですけど。)

「原爆がなければ戦争は終わらなかった、だから原爆は善だ」という声もいまだ世界で聞かれる中で、世界の人々(+戦争を知らない世代)に実感を持ってもらうのは、実はすごく難しいことなのだと思います。なんとなく平和に暮らせていれば、悲惨な出来事はすべて過去のもの、あるいは遠い国の出来事、他人事になってしまいがちです。

特に、世界に原爆の恐ろしさを発信するという意味では、唯一原爆投下された日本人の被害は当然伝えられるべきものとはいえ、やはり他人事になってしまう可能性はやっぱり否めないのではないか。それだけに、ヒロシマ・ナガサキとともに、世界中の多様な「被爆」を伝えることにはとても意味があるんじゃないか?と思ったりします。
【2006/08/08 Tue】 URL // とりじろう(♀) # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
アメリカで原爆実験の行われた軍事基地で、実験後に調査をした作業員や軍人は
なんの防護服も着せられずに被爆したそうです。
また、ハンフォードという場所では50年以上も大量のプルトニウムを製造し続けて
世界でも最大の放射能汚染地となり住民への被害も出ています。
しかし、アメリカ国内ではこのような事は知られていません。
広島や長崎の被害の実態も多くの人は知りません。
一瞬にして何万人もの命を奪う大量破壊兵器が“善”であるわけがありませんよ。
今は日本の子供たちさえ、こうしたことを知らないこともあるのが現実です。
【2006/08/08 Tue】 URL // NOB # [ 編集 ]
早く原子力発電に変わるもっとイイものを開発しないとっ!!!

原爆だけでなく、普通の生活に関わるものでも、十分ヒバク要素が。
レントゲンとかCTなんかも日本は、諸外国に比べて、細かく輪切りしていくんだけど、あまり撮りすぎると、ヒバクするそうです。
そういった人も年にけっこういるそうです。

兵器もそうだけど、そういった生活に関わる部分においても、注意が必要だね。


ちなみにアトムは、原子力パワーで動いているので、とても危険ですwww
【2006/08/08 Tue】 URL // ZENRA-MAN # [ 編集 ]
昨日の夜中・・広島の原爆についてのTV観てたばかりです。
私はだめですね!冷静さより感情移入が先で 涙・涙・涙で・・もうタオル持ってグシャグシャでした。原爆で助かった方が自分も被爆者でありケガだらけの中「命ある限り地球の人のために・・」って誓い色々なことをやってました。その方が発起人になって「広島の原爆風景」という絵画を有名な画家さんに描いて貰った作品・・・・凄まじいものでした。とても暗い怖い赤色の作品。。。。あ~いったものをもっとゴールデンタイムに放送して欲しいです。
チェルノブイリ原発での事故。。。これも色々観ましたが 今だ 立ち入り禁止区域があるそうですが・・そこでしか生活したくないと言って そこで被爆して生活している住人。私の尊敬する美輪さんも長崎での被爆者ですから体験談を聞いてます。一体亡くなった方や被爆した方達が何をしたっていうんですか。繰り返してはイケナイですし語り継がなくてはいけないですよね。とても辛いですが・・・・
【2006/08/08 Tue】 URL // shisuta(ヒゲ部) # [ 編集 ]
ウクライナ(チェルノビル)は、かなりすごかったそうです。
南太平洋の実験被爆で、NZ AUS 等も大気汚染をこうむった経験があるとか。まさに実験された南の島々は、言うに及ばずですが。ひどい話です。
【2006/08/08 Tue】 URL // やま # [ 編集 ]
この時期に良く見る原爆の番組
この時期にならないと、なかなか原爆のことを思い出さないです。
ダメですね~(×_×)
今日見たニュースで、世界の子供達に原爆の悲惨さを伝える催しが
あった見たいなんてすが、子供達の反応は
「戦争においてみんな平等だ~」とか
「日本だけ被害者だなんておかしい~」
みたいなコメントがけっこうあったそうです。
ちょっと意外でした(^^;)
【2006/08/08 Tue】 URL // キムねえ # [ 編集 ]
以前、広島の原爆ドームに行ったときは震えが止まらなかったもので
ございました。
慰霊碑のようなところに千羽鶴が置いてあったのでございますが、
それを見た瞬間、作った方々の思いが流れ込んでくるような気がして、
言葉にできないような思いを感じたものでございました。
日本は唯一の被爆国としてもっと原爆に対する理解を深め、世界に
発信していくべきなのでございましょうね。
【2006/08/08 Tue】 URL // 花矢 # [ 編集 ]
広島の原子爆弾
3月に他界した妻の祖母が去年、テレビを見ながら
原爆が投下された時の様子を話してくれました。
祖母は、広島に住んでおり原爆の爆風により倒壊した建物の下敷きに
なったそうです。運良くカスリ傷程度で済んだらしいですが、
その後の広島の様子はホントに地獄のようだったと・・・。
祖母は亡くなりましたが、今度はワタクシ達が下の世代に
伝えていかなければならないと考えております。
【2006/08/09 Wed】 URL // ぐしお # [ 編集 ]
少し話が逸れているのかもしれませんが、長崎に落とされた第二の原爆は当初、福岡県の小倉に落とされる予定だったそうです。
小倉の天候が曇りだったから長崎に予定変更したらしいです。
当時、俺のじいちゃんが小倉で働いていた(まだばあちゃんと出会ってもない頃だったんですが・・)ので、もしも小倉に原爆が投下されていたら今の俺は存在していなかったはずです。
だから何?と言われるかもしれませんが、俺はこの事実が未だに恐怖なんです。この時期がくるといつもじいちゃんがこの話をしていました。
人や、その人に関わる全ての人の人生を無理やり変えてしまうことは絶対に許されることではありません。
俺も原爆には小さな頃から興味があったんですが、言いたいことがうまく伝えられません。稚拙な文章になってしまいますが、世界中に「リメンバーヒロシマ」を叫びたいです。
【2006/08/09 Wed】 URL // キッチン # [ 編集 ]
黙祷・・
今日の午前11時2分。
ちょうど職場でデスクにすわったばかりのとき
サイレンが鳴り響きました。
黙祷・・・。

私たちは小学校の頃から9日は登校日となっていて
かならずこの11時2分に黙祷をしてきました。

地元紙でも年中 被爆者の手記など記載されています。
語り継がれる原爆のおそろしさ 差別 苦労などです。

私には読むことができません。つい、いけないとおもいながら
目をそむけてしまいます。でもちゃんと読まなきゃとおもい少しだけ
読むときもあります。
想像できない 当時の地獄絵。私は小学校の頃見学旅行で長崎市の原爆資料館に行ったこともあります。あのときに書いた感想文の見出し、出だしも未だに覚えています。

言葉にあらわすことも 思い出を語ることもためらわれるほどの
大きな心の傷を受け 苦しんでなくなった方々、今なお苦しみ続けておられる被害者 そのまた家族の方々のことを忘れないで 語り継いでいくことが 長崎に生まれ育ったものの使命かもしれません。 
【2006/08/09 Wed】 URL // Lucky # [ 編集 ]
私は原爆の時代には生きていなかったですが
密かに黙祷を捧げてみました。
【2006/08/09 Wed】 URL // さくら # [ 編集 ]
コメントありがとうございます

> ZENRA-MANさん
原子力施設を清掃作業する人たちも、かなりの量の放射能を浴びてしまうとか
聞きました。今はそういう待遇が改善されているのかしら…。
以前東海村で原発施設の外の会社で臨界事故が起きました。
あれほど特殊でなくても、身近にも被曝の危険はありますからね。。。

アトムもそうですが、ガンダムも原子炉を積んでいるモビルスーツをあんなに
バンバン破壊しあって、もう周囲は人の住める環境ではないでしょうねぇ( ̄▽ ̄;

> shisuta(ヒゲ部)さん
民放テレビは視聴率が一番大切なのでしょうが、くだらない特番ばかりやっていないで、
広島、長崎の原爆や第二次大戦のこととか、レバノンで何が起きているかとか、
ゴールデンでビシッと特集する局が一つくらいあってもいいですよね。。。
さんざん文句を言われても、やはりNHKくらいにしか望むべくもない。
私たちが低俗なモノしか求めていない裏返しなんでしょうけど。
もっと事実を語り継いでいかなければ、亡くなったり今も苦しい思いをしている方々が
報われません。

(ヒゲ部)←気に入っているんですね(笑)

> やまさん
アメリカは国内や南の島々での実験が批判を浴びたので、地下実験場での試験に
切り替えましたが、そんな試験場を持たない後発の核保有国、イスラエルやインド、
パキスタンなどが信頼に足るデータを得られるほどの実験は出来てないはず。
北朝鮮は論外。
そういった国がもし核ミサイルを発射して、不測の事態に陥ったとしたら。とんでもない
被害が出る可能性もありますし、世界中に放射性物質が散乱する恐れもあります。
どこか遠くの国の出来事ではありませんよね。世界は繋がっているのですから。

> キムねえさん
子供たちはそういう反応をするのですか。呑気なコメントを言ってるのは日本の子供
ですか、アメリカの子供ですか?
結局自分が当事者ではないという、高見の立場から考えただけの反応なんでしょう。
でも仮にも今、平和を享受している国の子供はそんなものなんでしょうね。
ひょっとすると大人も( ̄_ ̄;
【2006/08/09 Wed】 URL // NOB # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> 花矢さん
慰霊碑の千羽鶴を見たら、思いが流れ込んできたと…
花矢さんもそういう感じる力があるのでしたよね。きっとそうなのでしょう。
日本が真に戦後60年、そういう立場から世界に働きかけていれば、自衛隊を海外に派遣せずとも各国の理解が得られて、尊敬さえ集めることができたでしょうね。
今からでも遅くはないと思います。

> ぐしおさん
お婆様はたいへん幸運だったのですね。その時生き残っておられなければ、ぐしおさん達に続く命の営みもなかったわけですから、ほんとうによかったですね。
きっとぐしおさんの思いは私などもよりも、ずっと強いことでしょう。

> キッチンさん
その話は存じています。第一目標は小倉、次いで長崎と佐世保だったそうです。
広い平地の広島での爆発に成功したので、今度は狭いスリバチ状の地形での爆発データを取りたかったとか。佐世保は軍港があるので候補に。一般市民の命を何とも思っていない実験であったことを証明する最たるものですね。
上のぐしおさんと同じですが、もし小倉でお爺様が犠牲になっていたら、当然キッチンさんも今この世にはいないわけで…。
一瞬にして命を奪われた数万の方々の無念はいかばかりでしょう。

> Luckyさん
上のお二人のコメントにも共通しますが、もし佐世保で投下されていたとしたら…。
ひょっとしたら私も、女将さんやみなさんに会うこともなかったかもしれません。
亡くなられた方のみならず、残された家族、被曝してしまった被害者、どれほどの苦しみを今も抱えているか見当もつきません。
広島や長崎のみならず、日本の国民みなの使命でしょうね。

> さくらさん
私も黙祷を捧げました。
己への気休めではないようにと言い聞かせながら。

【2006/08/09 Wed】 URL // NOB # [ 編集 ]
唯一の被爆国
教育が悪いのかな?
唯一の被爆国って言う自覚が国民にもあまり無いような気がしますね。
自虐的歴史観に基づく教育のせいなのかしら?
そして他国の、被爆者達の現実にも無関心ですよね。
地球からむさぼりつくすように資源を取り尽くし、人を出し抜いて自分だけが繁栄すればいいという今の資本主義の考え方を根本から変えて、共存できる方法を真剣に考えなくてはいけない時代にきていると思います。
核で地球を滅ぼすことがないように親権に考える時が来たようですね。
【2006/08/10 Thu】 URL // みえこっち。 # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> みえこっち。さん
日本の学校の歴史教育は、近代史についての時間があまりに少ないですね。
縄文弥生も大切ですが、今の子供はアメリカと戦争したこともよく学んではいないようで。
近代の歴史を語れば、どうしても自虐史観になりがちですしね。
不確定要素や感情論を排して、日本の近代に何があったのかを理解しないと、
お隣の国とも一生仲良くはできません。まぁ隣国の教育も問題大アリですけれどね(- -;
【2006/08/11 Fri】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/211-c4f920c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。