Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



埼玉県ふじみ野市の市営プールで、小学二年生の女児が吸水口に吸い込まれて死亡した痛ましい事故。

続報では、プールの管理を委託されていた会社が、実際には自社の社員を派遣せずに、プール監視員の募集や教育も下請けに丸投げしていたことが明らかになりました。

吸水口のフタは針金で止めてあっただけ。緊急対応マニュアルはなし。事故前に外れてプールの底に落ちていたフタを他の児童が見つけ、監視員に手渡したもののそれが何のフタかわからなかったといいます。現場の人間がプールの構造も十分に把握していなかったわけです。

ふじみ野市はこの下請けの件に際して、「契約違反で、大変遺憾。至急調査したい」と会見で述べるも、フタの取り付けの不備については「ボルトなども点検しているはず。(今まで)問題はなかったのだろう」との見解。

二市町が合併した今季から、このプールの市職員による点検が、昨年までの毎日から、2日に1度に減ったことの理由は「合併で管理施設が倍増し、職員の手が回らなくなった」と説明しました。


・・・警察は業務上過失致死の疑いで取り調べをしていますが、果たして責任はどこにあることになるのか、難航しそうな雰囲気ですね。

目の前で娘が吸水口に呑まれるのを目撃した母親は、誰に怒りをぶつければいいのでしょうか。




レバノンではイスラエル軍の空爆によって民間人が多数犠牲になっています。
子供約40人近くが犠牲になった攻撃をきっかけに48時間の期限付き停戦が合意されましたが、その期限も過ぎ去りイスラエルの大規模攻勢が予想される事態に。
もっともその間もヒズボラに対する攻撃は続いていましたが。


今回の空爆で民間人が多数犠牲になってしまう一つの要因は、ヒズボラという組織の性格にもあります。
ヒズボラは対イスラエルの過激派武装組織というだけでなく、レバノン国内では合法的な政党でもあり、2割の議席を抱えています。そして、病院や教育施設の建設・運営などといった活動もしています。

従ってヒズボラの拠点を攻撃するということは、市井の病院や学校を攻撃するということと同義でもあるのです。
またヒズボラはもちろん公言しませんが、一般市民の中にヒズボラのメンバーがいるという状態は、ある程度“人間の盾”の効果を利用しているとも言えます。


現在ヒズボラの活動を支援しているイランなど、アラブ諸国から義勇軍が集結する動きもあるようです。かつてのアフガニスタンではそうして流入してきた武力勢力がタリバンと手を組んだり、アルカイダを生むきっかけとなりました。
隣国シリアはこの機に再びの実効支配のチャンスを狙っています。

今回アメリカが各国への働きかけに及び腰なのは、親イスラエルは当然としても、自身が対テロという口実で大量破壊兵器を持たないイラクへ侵攻した汚点を持つからです。


レバノンの市民もいったい誰に助けを求めればいいのでしょうか。




ところで、自身が中東に行っている間に紛争が拡大したにもかかわらず、何にもしなかったどこかの(アメリカのイラク侵攻を真っ先に支持した)国の首相は、こういう時に次期総裁候補の地元に遊びに行って、吉田松陰や高杉晋作のお墓を見たいと言っているそうです。

平和なのは任期切れ間近のその方の頭の中だけらしいですね。。。



亡くなられた子供さん、多くの方々のご冥福をお祈り致します。





スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ハッキリ言ってあそこまで酷いとは思いませんでしたよ。
管理をしてるというか、バイトの奴らがただ見守ってるだけで、
設備のチェックとか全然してねぇ~んだもん。

とは、言っても亡くなった女の子はどうなんですかね?
面白がって近づいたりとかしたのでしょうか?
もし、面白がって近づいてハマってしまったのなら、
0.1%くらいは反省しないといけませんね。

でも、管理会社、ふじみ野市が悪い!!
ガキじゃないんだから、ちゃんと仕事をしろっ!と言いたい。
【2006/08/03 Thu】 URL // ZENRA-MAN # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> ZENRA-MAN さん
そうですねぇ・・・
監視員はほとんどバイトの高校生。母親が悲鳴を上げて「早く助けて」と言っても
右往左往しているだけだったらしいですね。
結局その孫請け会社の社長しか、まだ謝りに行ってないみたいですしね。。。
【2006/08/03 Thu】 URL // NOB # [ 編集 ]
かわいそうな事故でしたよね・・
責任はプールを管理していた方にあるんじゃないかな~と
思います。
いつ何時子供が近寄るか分からない場所を
きちんと管理しなかった
それがやっぱり一番の問題点ですよね。
怒りをぶつける場所がないのは
一番苦しいですよね
助けを求められないのは
何より悲しいです。
【2006/08/03 Thu】 URL // さくら # [ 編集 ]
私が幼い頃、同じような事件があったと思うのですが・・・夢?
でも親からは、口すっぱく注意された事を覚えています。
子供は「好奇心の塊」ですからね、大人が誘導してあげないと。
まったくマシリト(似てません?)は、しょうがないですよね・・・
アメリカでの酔っ払いオヤジっぷりと言い、恥ずかしいですよ(;´Д`)
【2006/08/03 Thu】 URL // tomocof # [ 編集 ]
NOBさん、こんにちは~☆

ほんとうに悲しく残念な事故です。
管理がきちんとしていれば起こらなかった事故ですよね。
公営のプールはほんとうに危なくていくものではないということも知りました。
私営のプールの管理者がTVに出てきて、自分のところではありえない事故だといっていました。
公営のところは、やはり責任の所在がハッキリしないのでしょう。

ご両親は、まだ怒りの気持ちは感じていないと思います。
突然の悲しみに今はただただ呆然としていると思います。
怒りがこみ上げてくるのはまだ先のことだと思いほんとうにやりきれない思いがします。

自分の身は自分で守らなくてはいけませんが、回りの子供達にも気を配って地域で一緒に事故防止に取り組んでいかなくてはいけないと思いました。
【2006/08/03 Thu】 URL // みえこっち。 # [ 編集 ]
バイトする学生側にとっては、プールの監視員って、「座ってればいい楽チンなバイト」なんですよね(アタシはしたことないけど)。時給もさして高くないし。でもどうやら、雇う側も「座っててくれればいい」としか思ってなかったようです。そりゃ、ふた持って来られてもわかんないわけです。

ヒズボラってちゃんとした政党なんですね~!知らなかった…。アメリカとイスラエルの関係は、歴史的なものもあるのだと認識してますが、たしかにイラクのコトもありますよね。アタシも、この期に及んでどっかのライオン首相がヘンなジョークばっかりかましてるのに、本当に嫌気が差しました。もうとっとと辞めてくれてもいいよ~って思いました(笑)。
【2006/08/03 Thu】 URL // とりじろう(♀) # [ 編集 ]
銭湯でもありますよ。
ちっさい口ですが、
うちの子
吸い寄せられましたもん
手が入るかはいらないかくらいだったんですがね~
【2006/08/03 Thu】 URL // おねえさん!うらら # [ 編集 ]
こういった事件は 私はもう観ないように
しています。親の気持ち 女の子の気持ち・・・
レバノンで亡くなった方 子供達。。。。
私は直視できません。
自分には、・・・今何も出来ない。
ただただ 胸が痛んで 涙が出るくらいです。
でも その涙も  一瞬の出来事。。。
私は これからも生きていき。。。あ~こんなこともそう言えば
あったな~~と時間と共にドンドン忘れていくのでしょう。

私は 何も出ないし それを体験した方でなければ
本当の気持ちはわからないのだろうと・・・思ってしまう。
私は 自分を とても残酷なんじゃないか・・・と思う時がある。
【2006/08/03 Thu】 URL // shisuta # [ 編集 ]
こういった事件には必ずといっていいほど理不尽さがつきまとって
いるものでございますよね。
毎日のように報道される様々な事件をだんだん直視できなくなって
参りました…。
見て、考えていると気持ちの整理がどうしようもなくなってしまうので
ございます。
辛いことから目をそらしているだけの臆病者なのかも致しません…。
【2006/08/03 Thu】 URL // 花矢 # [ 編集 ]
水難事故、多いですね~夏は。
去年、泳ぐのが得意な長男が荒波にもまれておぼれそうになったんです。
水って怖いな~と実感しました。
管理不足とか戦争でなくなるなんて、問題外!!
プールでなくなった女の子の両親が泣き崩れる様子が
ニュースで流れていましたが、耐え難いものがありました。
【2006/08/03 Thu】 URL // キムねえ # [ 編集 ]
悲しい事故ですね。
ニュースをにを見ても、、、なんだか その責任の行く末が
どうなるのか なんだか なすりつけあいに ならなければ
いいけど、、という印象をおぼえました、、
プールのバイトの子のインタビューも マニュアルとかはみてない
等と 淡々と語ってるように見え、、、
コレじゃ亡くなった子も 残されたご両親も救われないなあと
いたたまれない気持ちになりました。。
【2006/08/04 Fri】 URL // maruko # [ 編集 ]
いろんなところに問題があるようですね。
しかし、これはあってはならない事故です。
人の命の重みをなんと思っているんでしょうか。
すみません、と頭をさげたって、命はかえらない。
母親の気持ちを思うと、なんと声をかけていいのかわかりません。
<-_->
【2006/08/04 Fri】 URL // あすとろ # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> さくらさん
管理会社と市の責任は免れないでしょう。
ただその過失の割合とかね、被害者側からするとくだらないことでもめそうです。
ご両親も今はまだ整理がつかないでしょう。

> tomocofさん
プールの排水口に手や足などを挟まれて溺れるということはありましたね。
ただ今回は吸水口に体ごと…溺死ではなく衝撃でほぼ即死状態ということですから…
マシリト・・・似てるかも( ̄▽ ̄;
ロシアではコサックダンスを踊ったらしいですな。
ちょっと一国の総理としてのパフォーマンスというには、アホくさい。。。

> みえこっち。さん
完全に人災ですから…反対側のフタも引っ張ればとれそうなくらいにユルユルだし。
民間プールでの休憩時間に、監視員が潜ってプール内のチェックをしている映像を見ました。件のプールの監視員は泳げない人もいたそうですね。
ご家族のことを思うと、ほんとにやりきれません。

> とりじろう(♀)さん
プールの監視員は口頭での注意のみだったそうですね。それもきちんと行われていたのか。救急救命のレクチャーなど受けてもいないでしょう。
某国の首相はほんとにしょうもないですな。しかし政治家は選挙民の鑑でもあります。見ていて恥ずかしいと思うような人間を議員に選んでしまう、某国の国民もいただけないかと( ̄- ̄;

> おねえさん!うららさん
よっぽど「おねえさん」が気に入っているのですね~(笑)
銭湯ね、確かに。小さい子はほんとに注意が必要ですね。
いろんな水の事故のニュースも飛び込んでくるし。
気をつけてくださいませ。

> shisuta さん
いつもありがとうです。
お返事書いていたら、ちょっと長くなってしまいましたので、
次の記事にしていしまいました。(^_^

> 花矢さん
暗い理不尽なニュースばかり、本当につらくなりますよね。
でも臆病者だなんて思いませんよ。私だってそうですから。
花矢さんやみなさんにも宛てて次の記事を書いてみました。m(_ _)m

> キムねえさん
なんだか今年は8月早々にして水の事故が多いような気がします。
長男くん、危なかったのですね。泳ぎが得意といっても、自然の前では人は無
力になります。今回は人災ですが、水の力はすごいですよね。
ご両親の悲しみや怒りがこれからさらに増して行くことかと思うと、やりきれません。

ちなみに私はビーチマットに寝そべってプカプカ浮いていたら、いつの間にか海岸からだいぶ離れてしまって監視員に浜から「戻ってきなさい」と放送されて、恥ずかしい思いをしたことがあります(^^;

> maruko さん
プールの管理のずさんさが次々に明らかになる度に、ご両親はどんな思いをしているのだろうと悲しくなってしまいます。
この後、せめて市や管理会社の対応が誠実であることを祈るばかりです。

> あすとろさん
誰も人の命を預かっているという意識はなかったのでしょう。
本当に残された家族の方々にかける言葉がありませんね。
【2006/08/04 Fri】 URL // NOB # [ 編集 ]
遅れたコメントで大変申し訳ないんですが、どちらも本当に悲しい事件ですね。
共通点は馬鹿な大人のせいで子供が犠牲になっている点ですね。
プールでの管理不備による児童死亡事故は去年も起きていました。なぜ行政はその時点で次の犠牲者を出さないための法案を提出、協議しなかったのでしょうか?何のための国会なのか、最近のニュースを見ていると情けなくなってきます。
6時間も給水口の中に閉じ込められてしまった我が子の変わり果てた姿に親は何と声をかけたのでしょうか?何を考えていたのでしょうか?
今回のケースは確実に防げたはずの事故だっただけに両親の後悔は凄まじいものであったと思います。しばらくすると怒りの感情がこみ上げてくるはずです。僕のような第3者が怒りを堪え切れないほどですから・・・。

レバノンでの話も許さないのは民間の犠牲者がたくさん出ていることです。戦争が悪か正義かは今日は置いておきます。(勿論僕は反対ですが・・)
この攻撃には正当性があるなんて知ったこっちゃないんですよ!
彼らからしたら恐怖の戦争に違いないのですから。そして、彼らを助けることができる力も武力以外に存在してないことが悔しく、そして悲しいです。武力に対する恐怖心から生まれる秩序なんて真の平和ではありません。世界中の子供達がいっせいに笑うことのできる日は来るんでしょうか?今武器を持っている大人たちが自分に武器を突きつければ平和な日が訪れるんでしょうね・・・。

長文すみません

【2006/08/04 Fri】 URL // キッチン # [ 編集 ]
こんにちわぁ、NOBさん。
プールでのことについては、原因などが明るみになるにつれて、、
これは事故じゃなくて、事件じゃないかなぁって思ったりもします。
管理態勢の不備はもちろんこと、やはりいっつも思うのですが、
亡くなられた人がいるってことを、どうしてTOPにいる人間は
すぐに、重く受け止めないのかって、パロマやシンドラーやまた
このことでもそうなのですが、思ってしまいますね。
親御さんは、どこに怒りをぶつければいいんでしょうか?
ホント、その通りだと思います。
責任の所在を明らかにするとともに、再発防止に向けて欲しい
って強く思います。  やっぱり、儲けることも大切かもしれない
ですが、、命を大切にする社会になって欲しいですよね。 
【2006/08/05 Sat】 URL // sakuya # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
お返事遅くなってすみません。

> キッチンさん
長文も前の記事へのコメントも全然構わないですよ。ありがとうございます(^^
ほんとうに今度のプール事故は大人のせいで子供が犠牲になった典型ですね。針金での取り付けも結局は市職員立ち会いだったというし。
しかしその後、他の流水プールでも子供二人がわざと吸水口に手足をつけて遊んでいたら、皮膚がくっついて外れなくなってしまって、ポンプを止めて助けたという事故がありましたね。
監視員がその後、吸水口の近くに立つようにしたらしいですが、そのプールの管理体制も、周囲に大人たちもあんな大事故があったというのに何も考えていないわけです。よその子供には無関心。事件が起きて当事者になってからでは遅いのですよ。子供は基本的に危ない遊びが好きなのです。プールに限らず、そういった普段の生活からの私たち一人一人の意識の持ち方も心していかなくてはいけないのですね。
レバノンの話ははるかにレベルの違う話になってしまいますが、そこでも結局は一番弱い立場の者が多く犠牲になってしまう。子供や女性や老人などが。日本は今、仮にも平和な状態ですが取り巻く国々では常にどこかで紛争が起きて、多くの犠牲者が出続けている。そういう世界に一緒に暮らしているんだということだけは忘れないようにしたいです。

> sakuya さん
たとえば村上ファンドの村上氏が、金を儲けて何が悪いとか、株主の利益を考えるのが一番といった発言をしますが、それはやはり間違いなのですよ。
私企業が経済活動で利益を上げたら、それはあまねく社会に還元されるものでなくてはいけないのです。官僚出身のあの方の頭の中にはそういうことが微塵もない。やはり守銭奴なわけです。
パロマやシンドラー社も言い分はあるでしょうが、そう言われても仕方がない。
利益の還元どころか害悪しか及ぼさないような会社や役人は、この世に存在しないほうがいいのです。
【2006/08/07 Mon】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/208-4e840dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。