Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



先週土曜日は、今月末に迫った地元の地域祭りの神輿渡御の半纏合わせでした。
20を超える睦・同好会のみなさまのご協力を得ることができ、たいへん感謝しています。

つつがなく半纏合わせも終わり、何人かの方々と談笑しておりました。
先日の神輿渡御も一緒に担いでいた顔なじみの人たちです。

その中の一人が先日の渡御の際に、後ろから車のクラクションを鳴らされたと憤慨しておりました。
宮入りしてお宮から駅前に向かう旧街道のコースは少々長くて、バス通りにもなっているその道路は神輿が渡り終えるまで、片側を交通規制させてもらっています。
当然少しの間、後ろに車が詰まることになるのですが・・・

「後ろからパッパーって鳴らしやがるから、睨みつけてやった」とのこと。


神輿というのは神社で御魂を入れて神様に宿っていただき、それを担いで氏子町会を巡幸をしてお清めをしているのです。
ですから、その場にたまたま通りかかった車などは、本来その幸運に喜ぶべきものなのです。(^_^)
そういうことを全然知らないわけなんですね。

また、歩道橋や駅前などの高架エントランスの下を神輿が通る場合は、ルートにあたる人は除けないといけないのです。神様の頭上から見おろすことになりますから。
そういうことはきっと誰も教えてくれないのでしょうが。


もっとも氏子であるはずの神輿を持つ町会の方々の意識も、年々変わってきています。
神輿の休憩所や直会を設けるというのはたいへん粋なことで、そのお宅の前で神輿をさしてもらうというのは最大の名誉なのですが、最近は逆に今年も休憩所を出してもらえますかと頼みにいかないといけない状況だったりします。



お前たちが勝手に遊んでいるだけで、回りの迷惑もわからないのかと思ったアナタ。

町内みんなが顔を知っていて、ヨソの家の子供の面倒を見たり叱ったりしてくれる。
ハレの日となれば、お宮に集って祭りに喜び、一緒に神輿を担ぐ。
地域の伝統を伝えながら、一つの物事に携わる多くの人たちの苦労を見聞きして自分もそこに参加する。

そういう集合体が崩れさって無くなりかけているのと、昨今の世知辛い世の中とは無縁ではありません。


もちろん楽しいことばかりじゃありませんけどね。
ただ、古いことが悪いことばかりではないはず。むしろ今だからこそ、もっと見直す必要があると思います。


ウチの子供たちは鳴子踊りや神輿など、祭りとなれば幼稚園の頃から一緒に参加してます。
ヨソのおじちゃんやおばちゃんに誉められたり、叱られたりしながらね。(笑)

とってもありがたくて幸いなことだと、感謝しています。



スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

イラストの法被・・粋 ですね~。朧雑記帳!!
子供にとっては良い環境ですよね。
現代人はせっかちなんですよ。私は田舎育ちです。
だから子供の頃町内会の行事 お祭り 楽しかったです。。
そういった町内会というのは老若男女色々な世代の集まり・・
子供にとって教わることは多いですよね。
そうですよ~。
古いものが全て悪いなんてナンセンス(この言葉が古いw)ですよ。
だとしたら 芸術は残ってないですし歌でも曲でも語られない。
古くても良い物はいっぱいありますよね。
新しいものよいところと古いものの良いところ
合わせれば よりよいものが出来上がりますよね~。
\(^_^)/
【2006/07/04 Tue】 URL // shisuta # [ 編集 ]
兄「車の件然り、歩道橋等の件然り、
  休憩所の件も又然り、
  人々の意識が変化している事は確かです。」

ボ「何か寂しいですね」
兄「そういうワシも年長者に色々教えて頂き、
  件の話も知っている訳で、
  ありがたい事だと思っています」

ボ「そしてそれを伝える事も大事」
兄「物事、事象全てに感謝する。
  そこに神様が宿ると思うんですがね。
  目で見える物のみを追いかける今の日本は、
  少々息苦しいです。
  神事に限らず、下の世代に『ザ・日本』を伝えていくのも、
  ワシらの義務だと思います」

ボ「NOBさんの言葉、
  一つ一つに頷いていた兄ちゃんでした」

P.S
兄「ワシが以前、書いた『美人姉妹』も、
  丁度、今日の扉絵の様な感じでした。
  キレイかったなぁ」
【2006/07/04 Tue】 URL // ボル(代筆 兄ちゃん) # [ 編集 ]
うちも祖父が居た頃は、実家の仕事場がお神酒所になっていて
子供心にもちょっと自慢でしたよ。
楽しいと思いますけどね・・・酔っ払ったおっちゃんとか、ク○ガキとかw
何度、近所の人に怒られたことか・・・
私が車椅子生活を始めることになった時も
会う人会う人、涙ためてくれたりも。
マンション暮らしの今、近所付き合いが恋しいです。
そういう暮らしの中で、教わる事って沢山あると思うんですけどね。

なぁんて、近所のおばちゃん風な意見ですが
ワタクシ、生まれは「昭和51年」なので、あしからず(*゚▽゚)
【2006/07/04 Tue】 URL // tomocof # [ 編集 ]
>また、歩道橋や駅前などの高架エントランスの下を神輿が通る場合は、
ルートにあたる人は除けないといけないのです。
神様の頭上から見おろすことになりますから。

これ大阪の天神さんに行った時に初めてしりまして、
子供心に感心したものです。
それにしても上のイケメンはNOBさんですか?(・∀・)カッコヨスィ
【2006/07/04 Tue】 URL // 甜々 # [ 編集 ]
おみこしっていいですよねぇ^^
なんかかっこいいです★
こっちのほうでは、あまり見かけないので
ちょっと寂しいです><
【2006/07/04 Tue】 URL // さくら # [ 編集 ]
俺も、ふんどしなしのマッパで、神輿を担いでみたいものですwww
マッパの神が、降臨するかもしれません。
【2006/07/04 Tue】 URL // ZENRA-MAN # [ 編集 ]
神様を尊重するルールに悪いものは無いですねぇ。
いろいろな宗教に触れる機会があるのですが、いろいろなルールを聞くたび感心します。戒律というのは、訳が堅すぎるなぁ、とおもいますが。
日本人は、あらゆる神様を受け入れられるというの、とても美しいと思います。宗教に関して懐が深いんだなと思います。
マッパの神様は、なんとなく下から見上げては失礼なのかな?とかおもってしまいました、なんでやろ?(笑)
【2006/07/04 Tue】 URL // やま # [ 編集 ]
hello
urara come back!(^^;
【2006/07/04 Tue】 URL // urara # [ 編集 ]
恥ずかしいけれど、、、
知りませんでした。
お神輿は、神様がお清めをしてくださっているんですね。
家の前も、お神輿の休憩所になっていますがありがたいことだったのですね。
感謝の気持ちです。
教えてくださってありがとうございます。
うれしいです。
【2006/07/04 Tue】 URL // みえこっち。 # [ 編集 ]
ご近所づきあい。。。私が子供の頃のような
近隣のヒトと庭でバーベキューやったりとか
隣のおじさんが自転車に乗れるように 練習手伝ってくれたりとか
(乗れた時は近所のオバチャンたちが 喜んでくれました)
そういうの、、、たぶん あんまりないですね。

お祭りって その地域の慣わしだったり
感謝だったり。。色々振り返る いい時なのに。
だんだん 寂しくなりますね~
(TдT)
【2006/07/04 Tue】 URL // maruko # [ 編集 ]
お神輿といえば、幼い頃に町内会のお祭りでかついだものでございました。
私の町内会ではお神輿は子供がかつぐものでございました。
出席者にはおにぎりと図書券がプレゼントされ、楽しみにしていたことが
懐かしゅうございます。
今思えば、あのような町内の大人たちが子供たちを褒めたり叱ったりという
環境は宝物だったのでございますね。
【2006/07/04 Tue】 URL // 花矢 # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> shisuta さん
今は近所づきあいなんて無くなったし、どこも老人世帯と夫婦子供の世帯も
切り離されてるし、病老死ということを家庭でリアルに触れることもない。
それでは実感が全然わかないと思います。
世代ごとに別れてしまった使い捨ての社会では、後に何も残らないですよね。

> ボル君&兄ちゃん
大人は子供に物事を教える義務、褒める義務、叱る義務があると思います。
現在はヨソのウチの子にそんなことをすると、親が怒鳴り込んでくるくらいに
大人世代もバカですから困るんですけどね。

『美人姉妹』というのは、モザイクかかっていたお二人の写真のことですか。
この絵は、ウチの奥さんの写真を元にして描いたんですよ。半纏の色なんか
変えてますが。それから美化400%ほどにしてあるのも言うまでもありません。( ̄w ̄

> tomocof さん
実家が神酒所、それは自慢ですね♪
ご近所づきあいが濃密なのはイヤという人もいるでしょうけど、
困った時に頼れるのは遠くの親戚より、近くの知り合いです。
今はそういう繋がりがないから、一人で抱え込んでしまうお父さんお母さんも多いのが
問題なんだろうと感じますね。
しかしウチもマンションですが、隣に越してきた人からご挨拶いただくことは
ほとんどないですね。( ̄  ̄;
> ワタクシ、生まれは「昭和51年」なので、あしからず(*゚▽゚)
どうせジジイでございます。(^_^; …tomocofさんもそろそろ30ですねっ。(笑)

> 甜々さん
そういう習わしを子供の頃に知っているか否かで、
物事に対する規範が多少なりと変わってくると思います。(^^

> それにしても上のイケメンはNOBさんですか?(・∀・)カッコヨスィ
兄ちゃんのレスにも書きましたが、一応女性のつもりでした。
画力が無いワタシ…(^_^;

> さくらさん
神輿を見る機会があんまり無いですか。近所でやっているのを案外と知らないだけか
もしれませんね。(^^
町の広報紙とか読んでみたりすると、祭りやイベントで担ぎ手が少ない場合は一
般からも募集したりする場合もありますよ♪

> ZENRA-MAN さん
下は締め込みの場合でもみだりに尻は見せないものです。(^^;
裸神輿などはありますが、全裸神輿は知りませんね。。。
全裸女神輿がありましたら、何はなくとも駆けつけますが!( ̄▽ ̄;

> やまさん
私も普段神道などとは無縁です。(笑)
何かコトあると外国の神様まで受け入れられる日本人の柔軟さはいいと思います。
どんなものにも神様が宿るという素朴な信仰は美徳だと思いますけどね。
マッパの神様の神輿はうつむいて担ぐのがキマリです。(笑)

> urara さん
いらっしゃい、おかえりなさいませ。(^^
またよろしくお願い致します♪

> みえこっち。さん
そんなことを知っているだけでも、ただ神輿を見るよりも楽しくなるものでしょ♪
ご自宅の前が休憩所なんですか。(^^
神輿を担いだ方々に酒食を振る舞えるというのは、そのお宅のステータスでも
あるわけです。モノと引き換えにできない、とっても価値あるお金の使い方ですね。

> maruko さん
今は隣のおじちゃん、おばちゃんでも安心できないような時代になってしまって。(- -;
個人の自由も尊重されないといけませんが、地域に住む義務のようなものを
果たさずにいていいということはないのですよね。

> 花矢さん
花矢さんもステキなご町内で育ったのですね。♪
子供神輿、ウチの方にもありますよ。
子供の神輿がある地域はたいてい大人神輿もあると思います。
維持・管理がたいへんとか、神輿を組める人がいなかったり、担ぎ手が少なかったり
とかで、ずっとお蔵にしまわれていたりする神輿も多いことかと思います。
もったいないですが。
【2006/07/05 Wed】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/187-c6fd46c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。