Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AHO.jpg

リンクさせていただいている、ステキ絵師甜々さんのブログ。
そのプロフィールのイラストに「つねにハナたれてますが…何か?(笑)」とあるのですが、なにをかくそうこの私こそ正真正銘のハナタレ小僧だったのです。
(別にいばってナイナイ)

子供時分、常にハナミズ垂らしてる子でありまして、それでも子供なりの美学か袖でハナをふくという行為は大キライ。外出時にハンカチは必須でしたが、家にいる時はピーナッツブックのライナス君よろしく、小脇にハナふきタオルを抱えているのでありました。
(ハナをかんでもかんでもキリがないのです)

学校検診などではいつも「鼻炎」と診断されていたのですが、今考えるとアレルギーだったのですね。透明で水のようにツーッとつたってくるハナミズでしたから。昔はお医者様でも、アレルギーということに詳しくなかったのでしょう。

小学生時代のほとんどは九州に暮らしておりました。で、1、2年時のクラスにはもう一人ハナタレ小僧がおりまして、この子は青ッパナ! ホントにマンガに出てくるようなキャラクターでした。
私はわりと仲がよくて、一緒にいると絵に描いたようなアホの子二人組です。

私は1年の途中で転入してきて、幸いすぐにクラスの子たちとは仲良くなれたのですが、この青バナのT君はどうもクラスの子達からは、嫌われているとまではいかないけど、避けられているようでした。
いつも同じ服を着ていて、その袖でハナをふくものだからカピカピ(^^;
女の子だったらキタナ~イと言いそうだけど、男の子の輪にもあまり入ってこない。なんでそうなのかというのはわからなかったのだけど。


一度だけT君の家に遊びに行ったことがあります。
舗装していない路地からもはずれたところにバラックのような小屋があって、物置かなと思っていたら、そこがT君の家だった。
ウチも長屋のような借家住まいだったのだけど、家に入っても半分くらい土間で、今にも倒れそうだったその建物に子供心に驚いた覚えがあります。


その後、3年進級時のクラス替えでT君とは別れ、いつの間にか話すこともなくなってしまいました。




その頃、子供心に気になっていたことがありました。

父がボウリングが好きでよく街はずれにあるボウリング場に通っていました。
たまにバスに乗って連れて行ってもらえることが、私の楽しみでした。
(木の床のバスの油のニオイも好きだった♪)
バスの窓から風景を見ていると、大通りから伸びる細い路地を挟んで民家が点々と続いている場所がありました。
そこだけ舗装されていない土の道。家々はT君のウチのようなボロボロの木造家屋で、草むした土地にポツンポツンと建っています。
“あそこはなんだろう?”
私の住んでいた街は大都市の部類でしたので、その地域の異様さがくっきりと胸に焼き付いていました。



6年生に上がる時にその街から離れ、いつしかハナミズも止まっていた私は、ある日そのことを父に訊いてみました。

そこはいわゆる部落だったのです。
父はこんな話もしてくれました。当時の彼らの“糾弾”はたいへん激しいもので、その街の大企業の総務課長というのは一年で交替しなくてはならないほどの激務だったということ。
実際に企業側の就職差別などは厳然とあって、父の会社も例に漏れなかった。
そこであらゆるクレームをつけてくるそうで、工場に原料を運ぶ貨車のホコリが車についたから洗いに来いなどと呼ばれることもあったそうです。
父も幹部という人の家に行って大層驚いたことがあるそうで、御殿のような屋敷の庭に黒塗りの高級車が何台も止まっているのを洗車してきたと。

行政の施策や援助で部落地区の整備や各家庭に対して予算が組まれ、企業からもそれなりの金銭は渡っているはずなのに、それを地区の環境改善や一般家庭に使ってしまうと次からそういったお金が入ってきにくくなる、だからそのままにしておく。それなのに一部の人間はそれで豪勢な暮らしをしている。
なんだか割り切れないけれども、これも自分の給料のうちの仕事だと思うようにしていたとのことです。

「生まれながらにいわれのない差別を強いられている人は、本当に気の毒だし悪いことだと思う。でも納得がいかない部分も多々あった」


父の話が全て正しいのかとか、仮に本当でも幹部と呼ばれる人間の一部の不心得なのかということまではわかりません。
しかし父がそういう作業をしてそう思ったのは事実でしょうし、差別や偏見は今もあります。



ただその話を聞いて思い出したのは、懐かしいT君のことだったのでした。



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ガキの頃はよく、そでで鼻水拭いてたので、袖がテカッてましたよ。
いつもと違った、絵ですね、今日はwww
【2006/06/15 Thu】 URL // ZENRA-MAN # [ 編集 ]
鼻水垂れ流すINGのワタクシです。
ほんとだ~いつもと絵の感じがちがう(・∀・)
ワタクシのすんでる県にもありますが(部落ね)
あの位置づけってなかなかむずかしいですよね。

しかし今日ハナタレ仲間が新たにみつかってうれしいでつwwなんちてw
【2006/06/15 Thu】 URL // 甜々 # [ 編集 ]
未だ人の差別は止む事を知りませんね…

なぜなのでしょうね?人間はこの世にうまれてきた以上同じ土俵に立っているはずなのにおかしいですね…


今も昔も結局は金が支配している部分が多い事は悲しい事だと思います。

T君が今、幸せに暮らしている事を願うばかりですね(^^)


はなたれ小僧だったとは…今は息子がハナをたらしてるのではないですか~NOBさん(*≧m≦*)ププッ
【2006/06/15 Thu】 URL // uroro&urara # [ 編集 ]
はじめまして
履歴から飛んできました
ご訪問ありがとーございますm(_ _"m)ペコリ

いろんな情報てんこ盛りのステキなblogですね~(^_-)-☆

拙blogは 朝ドラ「純情きらり」の「達彦さん」を主にupしてます。
「達彦さん」に想いを注入しながら 独断と偏見で
のんびりやってま~す(^_^;)

よかったら また遊びに来て下さいね~♪
【2006/06/15 Thu】 URL // えつねぇ # [ 編集 ]
私も幼い頃は鼻炎でございました。
今でこそ治っておりますが、彼が年中鼻水の人なので、移されてよく鼻水を
たらしております。

部落差別といえば、北海道ではアイヌへの差別があるところがまだあるようで
ございます。
恋人がアイヌ人だったが故に反対されて、結局結婚できなかった話も聞いたことが
ございます。
そういったことが世の中からなくなってくれればよいのでございますけれどね…。
【2006/06/15 Thu】 URL // 花矢 # [ 編集 ]
昔はよく蓄膿の子がいましたが、それっていわゆる鼻炎だったのかな~??
私も小学生の時、川沿いの集落のお友達とよくあそんでたんですが
後でそこが部落だと知りました。
道徳で学ぶたびになんか納得の行かない差別だと感じつ、
親にはそのこと遊んでいると言えませんでした。
その子達は今、どうなってるんでしょうね.......。
【2006/06/15 Thu】 URL // キムねえ # [ 編集 ]
小さいときって よく鼻炎になってたように思います。
ちくのうしょうっていわれて。。私も耳鼻科通ってました。。苦笑
今はなんでもないですけど、、いつ 治ったんだろ・・・

差別。。は いろんな形で いまだ残ってるし
起こりもしますよね・・・
寂しい話です。
自分が 知らないうちに 関ってるっていうことだけは
しないように。。気をつけていたいです・・・><


【2006/06/15 Thu】 URL // maruko # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
沖縄や西日本の雨はすごかったですね。
みなさんのところは大丈夫ですか? 被害に遭われている方々にお見舞い申し上げます。
こちらはこれから雨のピークのようです。。。

> ZENRA-MANさん
子供の頃は袖でハナをふいていたと。全裸になったのはおいくつからでしょうか。(^^;
絵、違いますか。でもこんな感じで描く方が楽です。(笑

> 甜々さん
なんとなく西の方が多いのかなと思います。
この問題が片付くということは、まだまだずっと長い時間が必要だと感じます。
ハナタレ仲間に加えていただいて、ありがとうございます。(^▽^;

> uroro&uraraさん
“解同”に関わる組織もいくつもあって、それもよくわからないところです。
目的は同じはずなのに。。。
“息子”ですか。嗚咽したり痙攣したりもします・・・って・・・( ̄▽ ̄

> えつねぇさん
はじめまして。なんだかよくわからないブログにコメントありがとうございます。m(_ _)m
最近は朝ドラって見てなかったのですけど、「純情きらり」は見てますよ♪
でも時々見れなくて、ストーリーがいまいち把握できてなかったりします。(^^;
よろしかったら、またよろしくお願い致します。

> 花矢さん
子供のころはみなさん、ハナたれてるのですね(笑)
北海道の知り合いが、東京に転勤してきて花粉症になって、戻ったらシラカバにも
反応するようになってしまったということです。彼氏さんもそんな感じなのでしょうか。

日本は単一民族だとかよくいいますが、実際は違います。少数民族も存在しています。
そして部落差別と同じく民族差別もあります。
北海道は元々アイヌの人が暮らしていた土地でしたのにね。。。

> キムねえさん
蓄膿症というのは、副鼻腔炎を繰り返しているうちに慢性化して膿みがたまった状態に
なるものですね。昔はそんな子、よくいました。(^^;
学校の道徳の時間で学ばされただけでは足りないですよね。
一人一人の心に大きく関わる問題だと思います。

> marukoさん
marukoさんも鼻が悪かったのですね。成長に伴って鼻腔も大きくなったり
形も変わってきますから、それでよくなったのでしょうか。

人間ってのはそれでなくても区別や差別をしたがりますよね。
気をつけていないと、すぐに。。。
【2006/06/16 Fri】 URL // NOB # [ 編集 ]
こんにちは☆
ご訪問ありがとうございます^^
私もよく鼻水たらしてましたw
今は気にしますが当時は気にして無かったですねw
【2006/06/16 Fri】 URL // さくら # [ 編集 ]
息子さん痙攣するんですかw

大変ですね(笑)
【2006/06/16 Fri】 URL // uroro&urara # [ 編集 ]
↑態の字に線ひいたんだけど見えないですね(-ω-)
【2006/06/16 Fri】 URL // uroro&urara # [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
> さくらさん
ご訪問、コメントありがとうございました。
なんだか私も昔はハナたれてましたという方が多くて
うれしいやらなんやら。(^^;
またよろしくお願い致します。

> uroro&uraraさん
やっぱりくいついてきましたか(爆)
というか、大変態って。。。_| ̄|○
コメント欄はHTMLとかあまり効かないみたいですね。
というか、大変態って。。。(T-T
へ…へんたいだいっ!
【2006/06/16 Fri】 URL // NOB # [ 編集 ]
訪問ありがとうございます
履歴から来ました。今風邪ひいていて鼻水たれたれ
でございます。機会がありましたらまた訪問くださいませ
【2006/06/16 Fri】 URL // MCマック # [ 編集 ]
餌に釣られたuroroです…OTL


uroroも大変かもです○TZ
【2006/06/16 Fri】 URL // uroro&urara # [ 編集 ]
こんにちは~\(^_^)/

差別は 私も見てきました。
学生の頃の彼が 在日韓国人 だったので・・・
色んな事 見ました。
その時 歴史を真剣に考えました。
私も向こうの親戚の方から見ると 日本人 だったので 厳しかったですね~。「従軍慰安婦」についてどう思う?とかの質問も受けましたね~。

でも子供の頃から そういった大人の世界を知った現実の環境にいる子達は 大人になってから 強いです。私の知り合いに 他にそういった環境の方々 知ってますが みんな 強いです。芯が!すごいです。
私だったら・・・と考えますね~。

差別にもピンキリがあるので 私が 今まで差別をしたことがない・・と言ったら それはウソになりますね。
自分を戒めるのに ありがたい文章でした~。
ありがとうございました。

【2006/06/16 Fri】 URL // shisuta # [ 編集 ]
コメントありがとうございます
> MCマックさん
ご訪問、コメントありがとうございます。
ただいま風邪の真っ最中ですか。ハナタレ仲間が増えてうれしいですが、
こんなブログ読んでないで、早く治してくださいね。(^-^;
またよろしくお願い致します。

> uroroさん
では、大変態コンビということで…よろしくお願いします。。。(T-T

> shisutaさん
いろいろご経験されてきたのですね。
確かに子供の頃からそういったことを知る意義は大きいと思います。
しかし同和問題や在日朝鮮・韓国人、アイヌなどの少数民族の問題というのは、
今の学校の授業でどのくらい取り上げられるのでしょう。
少なくとも私は学校で学んだという覚えはありません。
歴史教育も今生きていくのに一番必要な近代を学ぶ時間は、ものすごく少ない
のではないかと。
アメリカと戦争をしたということさえ、知らないでいるような子供が増えているそうで
これでは、どちらが良い悪いなどという前に問題外ですね。
差別とか歴史の問題はすぐに解決できる様なことではありませんが、少なくとも
何も知らないという人には、事実だけでも伝えて行くようにしなければ、いつまで
たっても改善されていくことはないでしょう。
【2006/06/17 Sat】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/172-a85d167a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。