Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NOTHING TO LOSE IV?Maybe Tomorrow LESSON 1

先日の記事で“ザ・プラターズ”は世界中にいくつもあると書きましたが、日本にも同じ名前のバンドが同時期に存在したことがありました。
かつて一世を風靡した「レベッカ」がそれです。
安室奈美恵の新譜でそのボーカルだったNokkoの『人魚』をカバーしているということで、にわかに思い出しました。

ファンの方ならご存知と思いますが、ことの顛末は88年頃の「ロッキングオン・ジャパン」誌上でもう一方の主役、木暮武彦(シャケ)のインタビューに詳しいのですが、現在手元にありません。うろ覚えながら書いてみます。(間違ってたら教えてね)

________________________________________

1981年、シャケとNokkoはそれぞれのバンド活動を通じて知り合い、翌年にシャケはNokkoをボーカルとして「レベッカ」を結成。そして二人の恋愛もはじまります。
ちなみに“REBECCA”とは、小説「黒い瞳の少女レベッカ」からリーダーのシャケが命名したもの。

バンドはCBSソニーの目に止まりますが、二人は会社の要求に反発してアメリカで音楽をやろうとデモ・テープを持って渡米。地元のバンドで演奏をしたりしながらレコード会社に売り込むものの成果はなく、資金も底をつき滞在1ヶ月半で挫折。無念の帰国となります。

帰国後、CBSソニーはNokkoにソロデビューを持ちかけますが、バンドにこだわるNokkoはオーディションをすっぽかします。
活動停止状態だった「レベッカ」を再開してほしいというNokkoの願いにより再始動。バンドはCBSソニーとシンコーミュージックのオーディションに合格し、メジャー・デビューが決定します。

84年「レベッカ」はファースト・ミニアルバム「VOICE PRINT」でデビュー。
しかしシャケはバンドの方針などで会社と衝突を繰り返し、セールスも低迷。
ロック指向のシャケを慕っていたNokkoも、ポップ路線に進みたい自分の考えや、Nokkoをメインで売ろうとする会社の思惑との狭間でシャケとの仲にも亀裂が生じます。
結局セカンド・ミニアルバム「NOTHING TO LOSE」を発表したあと、85年にシャケは解雇され、「レベッカ」を脱退。
Nokkoはバンドに残ることを選び、二人の関係も一旦終わりを迎えたようになります。



「レベッカ」を離れたシャケは一緒に脱退した小沼達也(Dr)に加え、小川清史(b)、そしてボーカルのダイヤモンド◇ユカイ(田所豊)とともにその名も「レベッカ♂」を結成。シャケは「レベッカ」の名は自分とともにあると思っていたのです。
ところがおなじ名前での活動に対して、前の会社や事務所から“奴らを使うな”と周辺に圧力がかけられ、「レベッカ♂」は名乗れなくなってしまいます。
それでもシャケは同じ「R」で始まるバンド名にこだわり、4人は血判状に誓いを立て「レッド・ウォーリアーズ」と名前を変えます。
86年、「レッズ」は日本コロンビアからのデビューにこぎつけます。
そのファーストアルバム「Lesson1」には“Special Thanks to REBECCA”と記されていたのでした。

「レッド・ウォーリアーズ」は“SEX, DRUG & ROCK'NROLL”という日本語でやれば笑い者になるような世界観を体現したバンド。
ゴージャスでバカバカしい歌を唄いあげるダイヤモンド◇ユカイと、枷から解き放たれた怒りをぶつけるような色彩豊かなシャケのギターとで、一躍人気を集めました。


一方リーダーでソングライターだったシャケが脱けた「レベッカ」も、土橋安騎夫(key)の作曲により売れるポップ路線を突き進むこととなります。
85年、シャケ脱退後のシングル「LOVE IS CASH」がスマッシュ・ヒット。続く「FRIENDS」で一気に人気を得て、初のフルアルバム「REBECCA IV Maybe tomorrow」はミリオンセラーを記録。
「レベッカ」は現在の女性ボーカル+男性バンドというスタイルのお手本となります。

 Nokkoとシャケは離ればなれになりましたが、実は両者のアルバムにはお互いへの想いを書いたという曲が多いということです。


こうして二つのバンドは互いに快進撃を続けることとなるのですが・・・



89年10月、ライブハウスで潰されかけた結成時からわずか3年で武道館やスタジアムを満員にするバンドとなった「レッド・ウォーリアーズ」はその絶頂時に突如解散します。
理由はシャケの“アメリカへの再挑戦”でした。

同じく超人気バンドとなった「レベッカ」も人気絶頂の90年1月に活動無期休止を宣言(その後解散)し、Nokkoはソロ活動のためにニューヨークへ渡ります。



そして、90年4月、アメリカで再会したNokkoとシャケは、ロサンゼルスで結婚式を挙げることとなるのでした・・・



________________________________________



 しかしながら、二人はその後離婚。「レッドウォーリアーズ」と「レベッカ」も幾度かの再結成と休止を繰り返します。


シャケは「カジノドライブ」というバンドを経て、現在は「サイコデリシャス」というバンドと「深空(Syn-koo)」というユニットで活動を続けています。

Nokkoはソロとしても『人魚』、『ライブがはねたら』などのヒットで成功を収めた後、結婚して家庭に入りますが、現在は「NOKKO&GO」として活動を再開しています。


サイコデリシャス公式ホームページ
nokko公式ホームページ


と、なんだかそのへんのマンガや小説よりもドラマチックな二つのバンドの物語があったのでした。



The Best of Dreams THE BEST OF NOKKO レッド・ソングス ?ベスト・ソングス・コレクション


スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

ビーチクジャケットwwww
【2006/05/25 Thu】 URL // ZENRA-MAN # [ 編集 ]
そ~(笑)
レッズの「Lesson1」、気合い入りまくりのファースト・アルバムに
あえて裸の女性のジャケット。曲の通りにアウトサイダーですな。
レコード会社の広報さんも宣伝しづらかっただろうと思います。(^^;
【2006/05/25 Thu】 URL // NOB # [ 編集 ]
なんか変に興味深いなあと読みふけったワタクシでございます。
人魚はよくカラオケで歌いましたねぇ(*´▽`*)
【2006/05/26 Fri】 URL // 甜々 # [ 編集 ]
ん~(^^
> 甜々さん
芸能界てのは、もっと複雑なドロドロした話はいくらでもありますが、
この話はなんか爽やかな?気がして、ずっと覚えてたんですよね。
ちなみにレッド・ウォーリアーズのカラオケなんかあるのかな??
最近のカラオケは“えぇっ!”と思うような曲まであったりするれど…
あるとしたら「バラとワイン」あたりだろうか…誰かご存知ですか。
【2006/05/26 Fri】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/154-fd0f805a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。