Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
face.jpg


来週、衆院法務委員会で可決される可能性のある新設法案「共謀罪」。

戦前の「治安維持法」の復活になるという声も多いこの法案。
法務省は懸念の声についてこんな(「組織的な犯罪の共謀罪」に対する御懸念について)文書を載せています。
組織的な犯罪の共謀罪に関するQ&A

オウム真理教に対して適用が検討された「破壊活動防止法」は暴力主義的破壊活動を“行った”団体に対して適用されるのと違い、共謀罪は犯罪を行わなくても“事前に話し合った”だけで適用することができるのです。


治安維持法は1925年4月に国体(天皇制)や私有財産制を否定する運動(共産主義活動の活発化)を取り締まることを目的として公布、5月に施行。その後何度か強行に改正され、厳罰・重罰化、取締範囲の拡大、刑事手続の簡素化、予防拘禁(懲役終了後の拘禁延長)などが次々と盛り込まれました。

実際に当時の共産主義者たちは暴力による革命を肯定し、テロ事件も起こしていたのですが、法律の強化により多くの活動家や運動家が弾圧され左翼勢力がほぼ壊滅した後も、新興宗教や極右組織、学者やマスコミによる反政府的な言論の弾圧に適用されました。

戦時中の最大の言論弾圧事件とされる横浜事件では、同法で逮捕された編集者と一緒に写真に写っていたというだけで60人が逮捕され、4人が特別高等警察の拷問で死亡、30人が有罪判決を受けました。

1945年の終戦後にも同法は運用されていましたが、GHQによる「政治・宗教の自由に対する制限の解除」(人権指令)を受け廃止となります。遺族は元被告の名誉回復のため、裁判所に再審を請求。昨年2005年に再審開始が決定。今年2006年2月には、同法廃止による恩赦のため免訴という判決が出ましたが、弁護側は翌日控訴しました。再審無罪を訴える闘いは60年以上過ぎた現在も続いているのです。


先の法務省の文書は「共謀罪は治安維持法とは全く違う」とありますが、与党側にさえ「運用によっては甚大な被害をもたらす」という声があり、修正案に「(憲法19条の)思想・良心の自由を侵すことや団体の正当な活動(憲法21条の集会・結社・表現の自由)を制限することがあってはならない」との文章を入れました。(その憲法も改正しようとしていますが)

こんなに私たちの生活に重大な影響を与えかねない法案ですが、マスコミの報道や議論はとても少ないという気がします。
自民党は衆院法務委員会で審議入りというその日に“ホリエモン保釈”をぶつけてきました。利用できるモノは死に体でも骨の髄までしゃぶるのですね。新聞の「共謀罪」の記事はホリエモンの10分の1にも満たないような扱いでした。

一旦法律が制定されてしまえば、改正や拡大解釈はつきものです。近くは自衛隊の海外活動を見ていればわかります。いよいよ名実共に“軍隊”にさえなろうとしています。

安全で平和な社会は誰もが望むことですが、自分には関係なく勝手に与えてくれると思っていたら、後々大きな間違いになりそうな気がしてなりません。
あなたの家にいきなり警察がやって来て、聞いた事もない罪状で逮捕されるという日が来るかもしれません。
その時あなたはどうしますか?


ちなみに韓国では治安維持法をモデルにしたといわれる、「国家保安法」が現在も運用されています。


スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

Σ(´Д`;ノ)ノコェェェエエ !!!

なんでもかんでも締め付けすぎるのはよくないですよねぇ。
アメとムチぐらいがちょうどいい(*'')(*,,)(''*)(,,*)ウンウン
しかしホリエモンえらい感じ変わってましたねw
【2006/05/06 Sat】 URL // 甜々 # [ 編集 ]
治安維持法が施行された当時は、同時に普通選挙も導入されたんです。
まさに“アメとムチ”だったのですが、今はムチとムチとムチ・・・みたいです。( ̄  ̄;
ホリエモン、好き嫌いは別にしておもしろかったですけど。。。
リンクの件、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。m(_ _)m
【2006/05/06 Sat】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/141-9e20f13f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。