Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姉歯建築設計事務所の構造計算書偽造事件が様々な波紋を広げています。
事が大勢の人命に懸かることですのでたいへん深刻な事態なのですが、ニュースで目にする彼ら(一級建築士、民間検査機関、施工業者、販売主)は、責任の所在などまるで人ごとかのように映ります。

で、素朴な疑問なのですが、構造計算書の誤りが見抜けなかったとしても、それを元に建物の設計をした建築士や実際に施工に携わった鉄筋工など現場の人達は、何かおかしいとかいうことに気付かないモノなのでしょうか? 必要強度の30%しかないという建物もあるそうなのに、どこかで誰かわからないのでしょうかね。
建築には全くの素人の私でも、型枠工事のバイトなどの経験からコンクリート壁や柱にどのくらい鉄筋が入っているものかというのは、なんとなく想像ができます。プロの職人が気付けないものなのか、今度親戚の建築士や大工に聞いてみたいものです。

業者からコストダウンの指示があったということを言っているようですが、今回の一級建築士や民間検査機関及び施工業者などは、みな金のために大切な事を忘れてしまったようです。ヤミ金融や悪質リフォーム業者と、何ら異なるところはないでしょう。

願わくはこの事件が、一部の不心得者の仕業であると思いたいですが…。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/13-c009136d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。