Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
快方に向かっている風邪ですが、ただいま鼻水と苦闘しております。
ほんとに体中の水分が無くなるかと思うくらいに出てきます。

みなさんは風邪をひかれた時に、すぐに医者に行きますか?
最近は医療や健康を扱った番組が多かったりして、様々な啓蒙にもなっている感がありますが、意外と気にしないで市販薬を服用する方も多いと思います。

でも薬は正しく用いないと、本当にとんでもない事態を引き起こす場合があります。
以下は、私の体験談です・・・

当時、私は結婚して半年ほど。長男の懐妊がわかったのですが、同時に切迫流産だと診断され奥さんはそのまま入院。大事を取って勤めも辞めました。家計の収入は突然半減、その分仕事を頑張らねばという状況の中、少々体調が悪かったりした時などは早めに市販薬を飲んだりしていました。
その服用の仕方が悪かったのです。徹夜もよくある忙しい仕事場で、体調に気を遣うあまりに、まるでビタミン剤のような感じで長期に渡って飲んだりしていました。

ある日のこと、腕に発疹が少し出ているのに気がつきました。よく見ると足にも出ている。私は皮膚がデリケート(笑)で、ちょっと爪で掻いただけでもミミズ腫れみたいになったりします。そんな具合だったので、湿疹が出るようなコトも度々ありましたから、その時も特に気にせず市販の軟膏を塗りました。

ところが手足の湿疹は治まるどころか、徐々に広がっていきます。そのうち胸やお腹の部分などにも現れ、二、三日経つと体中に広がりを見せるようになりました。
湿疹そのものもプツプツと小さく赤かったものが、一つ一つが蚊に刺されたように大きくなってしまっています。いくら薬を塗っても効かない。
さすがにコレはおかしいと、近所の医者に行くことにしました。

初めて行くその内科・皮膚科の医院は建物はかなり古くて小汚い感じさえしますが、かなり大きく、広い待合室には大勢の患者さんが詰めかけています。
私の番になり診察室に行くと、そこには結構お歳を召した先生と中年の看護婦さんがおりました。

診察の結果、過度の疲労やこれまでに飲んでいた薬のせいで体や内蔵がかなり弱っているところに出た薬疹で、用法にあわない塗り薬でさらにかぶれてしまったとのこと。
「これからしばらくの間、湿疹はもっとひどくなるよ」とオマケつき。(T-T)
「全部治ってキレイになるには三ヶ月はかかるね」とも。ええぇ、そんなに?( ̄□ ̄;
で、入院治療を勧められました。
しかし、奥さんは仕事を辞めて自宅静養中。これから子供も生まれてくるという時に、二人して寝込むワケにいきません。服薬と塗り薬による外来治療ということにしました。

「んじゃ、早速薬を塗るね」と三人で隣の処置室に移動し、着ている服を全部脱いでテーブルの上に上がれと言われる。「ヒェ…」(+_+;
「かなりひどいね」と先生。そして二人掛かりで私の体に薬を塗っていきます。
おじいちゃんと中年のおばちゃんとはいえ、かなり恥ずかしいポーズもさせられる。。。緊張してモノも縮み上がります。。。(_ _;

でもそれどころではないのです。先生が塗っている軟膏は、焦げ茶色でベトベトの油のような薬。それをもう全身にくまなく塗りたくられ、その上から包帯でグルグル巻きにされて、本当にミイラ男のようになってしまいました。
「この薬の油は洗っても落ちにくいから、包帯も下着も専用にするか使い捨てだね」とのこと。

家に戻った私の姿を見て、奥さんが「なに? それ!」と驚きます。
事の次第を話すして、とりあえず下着やら包帯を買いに行く事に。



それから自宅での軟膏塗りがはじまりました。たしかに軟膏の油は染み付いたら洗濯しても落ちません。薬を塗ってガーゼをあて、その上から使い捨ての紙製の包帯を巻いて
下着やサポーターで固定するという感じ。
一人ではどうしても塗れない場所があるので、奥さんにも手伝ってもらいます。特に自分では見えない、お尻のワレメや玉袋(^^; の裏側など・・・
四つん這いになって股を広げて塗ってもらっていると、あぁ、もぅしばらく頭が上がらない~という自虐的な気持ちにさせてくれます。

救われたのは首から上と手の先、おちん○ん(^^; には湿疹ができませんでした。普段外気に触れているところや、よく使っている?場所は、やっぱり皮膚が強いのかなぁなどと勝手に考えたりして。あと、湿疹自体の痒みがそれほどなかったこと。
湿疹はさらに膨れ上がり、それぞれが繋がってヤケドのケロイドのような状態にまでなりました。もし顔にまで出てきたら、ホントに入院です。



これから三ヶ月もこの姿で電車通勤するのかい…という思いが頭をよぎります。
季節はもうすぐ夏を迎えるところでした。( ̄- ̄;



つづく


スポンサーサイト

テーマ:たわごと - ジャンル:心と身体

クスッ
笑い事じゃないんでしょうけど 読みながら笑ってしまいましたゴメンナサイ。(NOBさん文章が上手いから)
薬疹こわいですよね、私も市販の風邪薬で胸に発疹できたことあります。
それ以来、自らは薬物は摂らないことにしています。
栄養ドリンクさえ飲みません
それでなくても食品からかなりの薬物が身体の中に入ってきてるんですもの
【2006/04/20 Thu】 URL // うめ # [ 編集 ]
はぁー、僕も小児喘息、アレルギーっ子でいろいろ薬にもアタリましたけど、それほどまでいくとは、、怖いですね。
最近は、風邪ひいても薬はあまり飲みませんね、結局治るまでの期間がかわらないことに気が付いて。
近所の病院<いい味だしてますねぇ。
【2006/04/20 Thu】 URL // やま # [ 編集 ]
サナギマンって
イナズマンになる前の状態の奴だっけ?
【2006/04/20 Thu】 URL // ZENRA-MAN # [ 編集 ]
ありがとうございます
> うめさん
いえ、笑っていただけるとありがたく思います。(^^
うめさんも湿疹できたりしたんですね。日頃の食べ物も重要ですよね~。

> やまさん
あ、私と一緒ですね(^^;
この先生は… 次回に続く。

> ZENRA-MANさん
そーです。「ゴーリキショーライッ!」でっす。(^^
【2006/04/21 Fri】 URL // NOB # [ 編集 ]
ですよねwww
カラオケでよく歌ってますよ、イナズマン!

♪ゴーリキショーライ!!!

って感じでwwww
【2006/04/21 Fri】 URL // ZENRA-MAN # [ 編集 ]
アニメソング、お好きなんですね~。
ウチの神輿同好会の神輿部長も、カラオケ行くと“アニソン・メドレー”とか入れてますよ。
結構盛り上がるんですよね。
ただし、最近のアニメじゃないですけどね(^^;
【2006/04/22 Sat】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/124-1d975f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。