Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、装丁の仕事をさせていただいた書籍の見本誌をいただきました。
絵本が二種。下請け仕事なので奥付のデザイン担当の名前は私ではありませんが(^^;

今回の本の作者はプロではない一般の方。自費出版です。こうして形になって喜んでいることと思いますが、裏表紙にはISBNコードがある。つまり取次で流通できる形式になっているのですね。自費出版の中でもいわゆる共同出版(協力出版)という方法を選んでいるわけです。

自費出版というのは、作者(出版を希望する方)が本の制作費を負担するということです。共同出版というのは出版社が制作費を一部負担したり、一般書店での販売や広告まで受け持ったりという方法です。

自分史や自作の小説・詩・絵・写真などを自ら望んで出版するということは、自由で楽しくてやりがいのあることだと思います。でも世の中、何をするにしても楽しいことばかりではありません。実際に出版に関するトラブルや訴訟なども多く起きています。
気をつけないといけないことがたくさんあります。

まず、本は『売れません』。自費出版で親戚や友達に配るというだけではなく、共同出版で流通に乗せて売ろうとしても無名の素人の本が売れることは、ほとんどありません。
仮に一冊1000円の本を作るのに100万円かかったとして、元を取ろうとした場合に印税は高くて10%としても1万部売らなくてはいけない。
普通の出版社が企画・編集して出している一般書で1万部売れる本というのは、全体の数%しかありません。そのことを理解していないと、自宅が返本の山になる恐れもあります。

それに関連して『プロ・デビュー』志向の方は、流通に乗った本を出版した過去があるという場合、各新人賞の選考基準に抵触する恐れもあります。
趣味だけではなく、実益と職業として考えている方は、大手出版社への持ち込みや「新人賞」への応募という活動を選ぶべきです。

そして以前にも触れましたが(描く(書く)ということ2)、自分が出版した本の内容について様々なコトが起きた場合、責任は自分にあるということ。
そういった事を理解していなくてはいけません。

次は業者(出版社)ですが、上記のことを顧みず、「売れます」などと過大な期待をさせるような甘い事ばかり言うことろはまず信用できません。
「あなたの作品は素晴らしいから一緒にお金を出して出版しませんか」と持ちかけてきても、実際かかる費用は自費出版と何ら変わらない場合があります。

特に共同(協力)出版専門にやっているような会社は、たとえ本が売れなくても自分たちが損をしないようなマージンを必ず取っています。
出来上がってきた本が注文と違うということにならないように、詳細な見積もりをもらい、契約書を交わす際はその見積もりとキチンと見比べる。素人を相手にしている編集者や担当者の対応も重要です。見積もりまではどこでも無料なはず。納得がいくまで細部まで質問し、何社でも比べてみることです。“共同作業”ですから、自分だけが知らないということがないように。
何十~何百万ものお金を出すのですから、不安が残るなら業者を替える、きっぱりと断るという勇気が必要です。

実際に訴訟の際には、曲がりなりにも本が出来あがってしまうので、原告側の契約に関する認識の甘さで費用の返還や賠償が認められないケースが多いようです。


以上カンタンに書きましたが、実際は版形、用紙、印刷方法やデザインに関わることなど、いろいろと細かい打ち合わせや作業も必要になってきます。
はっきりいって本を出すということは面倒くさくてたいへんです(笑)
それでも出したいという方は、業者に丸投げするのではなく、そういったことを全て楽しんでやりこなすという気持ちを持ってがんばってください。

お金はともかく、きっと大きな満足感が得られることでしょう。てか。。(^^;



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ナニをやるにも過程を楽しむ気持ちがなければ
 大変ですね。
売れなくて当たり前、ただ出版にマデ至ったコトに意味があるんだと思えなくちゃ!
【2006/04/13 Thu】 URL // たんぽぽ # [ 編集 ]
本を出すというのは大変なことでございますね。
彼には本を作ってみたら?とは言われたことがあるのでございますが、
その大変さを思うと、さすがに無理そうにございます。
【2006/04/13 Thu】 URL // 花矢 # [ 編集 ]
楽しめるかどうか♪
>たんぽぽさん、花矢さん
なんか大変って強調しすぎちゃったかな(^-^;
今はオンデマンドやダイレクト印刷とかいろんなやり方があるので、小部数のモノなら
一昔前よりは身近なものになっています。
上製本だってやり方を覚えれば自分でできますし、そういった選択肢から好みの方法を
選んで相談すれば難しいばっかりということではありません。
あとはどんな会社相手でも、良い編集さんと悪い編集さんがいますけどね~。
私も昔、グループで小冊子を作ったことがあったのですが、こういった知識が何も無い
学生ばかりだったために、原稿の作り方が悪かったおかげでエラく高くついた憶えが
あります。やっぱり勉強は必要でした。でも楽しかったですよ♪
【2006/04/14 Fri】 URL // NOB # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://noboboro.blog35.fc2.com/tb.php/116-ded79ab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。