Oboro Zakki-Cho
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お神輿でしたっ!

KC3A0128.jpg


明日は長丁場っ♪


KC3A0042.jpg


明日は雨の予報です。降らないでほしいなぁ。
今日だって、すんごく蒸し暑かったし…。( ̄▽ ̄;



スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

The Complete Village Vanguard Recordings, 1961


1961年の6月25日は、ニューヨークのクラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードにてビル・エヴァンス・トリオによる歴史的ライブが行われた日です。この日の演奏から『Waltz for Debby』『Sunday At The Village Vangard』というジャズ史上に残る二枚の傑作アルバムが生まれることとなりました。


ビル・エヴァンス(p)、スコット・ラファロ(b)、ポール・モチアン(ds)という構成の
このピアノ・トリオを語る時に“三位一体”、“インタープレイ”という言葉が使われるのですが難しいことはさておき、要はベースとドラムというリズム隊が単なるサポート役になるのではなく、三人が対等の関係でお互いに影響しあい、さらなる高みを引き出してより緊張感のある演奏に昇華するって感じ方でいいんじゃないかしらん( ̄w ̄

美しいメロディーに絶妙に絡み合うリズム。特にエヴァンスはベースのスコット・ラファロに絶大なる信頼を置いていたようで、彼自身のファースト・トリオは自らが表現したい音楽を最大限に発揮できるものとなりました。


しかし運命は残酷。結成から一年半ほどの活動でジャズ史に最高の革新をもたらしたという評価を得たこのトリオですが、この6月25日のライブ・レコーディングが最後の演奏になってしまうのでした。その10日後の7月6日にラファロは自動車事故により25歳の若さで亡くなってしまいます。トリオが至高の境地に向かっていた途上での若き才能ある朋友の突然の死はエヴァンスに慟哭を与え、その後しばらく演奏活動を止めてしまい麻薬に手を出すようになってしまいます。


美しく繊細で緊張感に溢れた音楽そのもののように、彼自身も脆く傷つきやすい人だったのでしょう。その後も別れを告げた恋人が直後に地下鉄へ飛び込み自殺をしたり、愛する兄にニュー・アルバムを捧げようとしたら完成前に銃によって自殺してしまったりという悲劇の度にさらに麻薬に溺れていったのでした。


1979年、エヴァンスはマーク・ジョンソン(b)、ジョー・ラバーバラ(ds)という新鋭とトリオを組みます。エヴァンス自身が「ラファロ、モチアン時代に匹敵する」と称したトリオでした。長いキャリアの間に様々なミュージシャンとの共演を経ても、目指した形は在りし日の6月25日の三人の姿だったのかもしれません。


新メンバーに全幅の信頼を寄せたエヴァンスですが、この時にはもう長年の麻薬の使用により体は回復不能なダメージを負っていました。
己の死期を知っているかのように精力的な演奏活動を続けるも、1980年9月9日から14日の予定で行われたニューヨークのクラブ、ファット・チューズディでの演奏中の11日、ついに力尽き、4日後の15日に亡くなってしまいます。享年51歳。
これまた一年半ほどの活動だったエヴァンス最後のトリオは、急いでその完成形を見い出そうとするが如く自らの死の直前までライブを続け、一枚もスタジオ録音盤を残すことはありませんでした。


⇒ 続きを読む

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

本日よりFirefox3が正式リリース。
早速ダウンロードしてみました。

むむ、表示が速い。前バージョンよりもブラウジングの性能は確実にアップしているようです。

しかし、まだお気に入りのアドオンが対応できていなかったり、何よりもなぜかこのブログの表示が少々変わってしまいました。本文中でテーブルやタグで組んでいる部分やフォントの大きさが違ってしまっています。
ちょっとスタイルシートなどをいじってみましたが、あまり改善できない…。

ということで、2.0に戻してしまいました( ̄▽ ̄;
またヒマな時にやってみよー。

テーマ:Firefox - ジャンル:コンピュータ

NUDE3.jpg


昨日は乳の日でした。もとい父の日。
のっけからエロオヤジが100人いたら100人が考えるようなボケですみません。
レコードコレクターズという雑誌で「ビートルズの赤盤時代ベスト50曲」という記事を読んでいたら、♪ティットティット♪というコーラスを“おっぱいコーラス”とか書いていたのが印象的だったもので(笑)


母の日ほどには盛り上がらないような父の日ではありますが、みなさんは何かプレゼントなどされましたか。
ホントは“○○の日”なんてセールスに利用されるような特別な日を設けなくても、普段から感謝の気持ちなどを素直に表していられればいいのですけれど。
様々な理由でご両親や愛する人と離別されている方も多いことですし。


振り返って私が子供の時分には両親に感謝の念こそあれ、親の幸せを願うというような気持ちは無かったな…というか、頭の中にそういう思考回路がなかったなと。
親はいて当たり前、養ってもらって当然という思い込み。
それは自分が好きになった人や友人への思いも同様で、常に自分の気持ちが優先、自分と関わる他者の幸せを願うことなんて二の次だったと思う。おこちゃまですね。
そういう気持ちというのはやはり態度に表れて、すぐに底が見えるものなんだなと。


先週は暗くて重いニュースばかりで、とても悲しくて切なくてやりきれない思いが胸を渦巻いていて、いろんなコトがうまくいってない自身の現状と合わさってちょっと不安定な気分になっていたりしましたが。

この世の中で起きている事はどこかで誰もが少なからず関わっていて、全ての人は応分な責任を担っている。
けれども個人でその全てに対して解決に向けた取り組みが出来るのかということは、不可能でもあります。

せめてできることは自分の身近な人だけでも優しく慈しむこと。それしかできない。実は難しいことかもしれない。けれどもみんなでそれができれば、明日は変わっていくのだと思います。



ちなみにウチの子供たちからは…何もなかったよん( ̄w ̄



⇒ 続きを読む

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

閲覧いただいたみなさま、ありがとうございました。(^_^


⇒ 続きを読む

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

hibiya01.jpg

日比谷公園です。
外出中にちょっと時間ができたので、ふらりと寄ってみましたよん。
昨日の東京は27℃を超える夏日でした。木陰が涼しかったです。


hibiya02.jpg

噴水の周りには遠足の小学生がた~くさんいました。ちょうどお昼時でしたので、近くの官庁の人たちやサラリーマンもランチタイム。
外でお弁当食べるのって、おいしいよね♪



⇒ 続きを読む

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記



ユダヤ律法に背き婚外子インマヌエルを生んだ母マリアと養父ヨセフは、宗主国ローマの課税台帳への登録ができずパレスチナの地を流転します。
ヨセフはダビデ王の末裔であり、ローマの支配に抵抗していた人々によってインマヌエルは救世主イエスとして反ローマの象徴とされます。

このようにして生まれた原始キリスト教ですが、その後のキリスト教は支配層と密接な関係を築き、中世には教会によるサクラメント(秘跡)を通じて結婚登録による教会簿という形で人々の支配を担います。
しかしフランス革命に代表される近代化・民主化により教会支配は打破され教会簿はうち捨てられることになり、ヨーロッパ諸国では登録による人々の支配は終わることになります。


支配者による徴税と結婚の管理、奴隷の供出を目的とした戸籍制度は中国で出来たものです。
日本にも伝わった登録制度は、古くは天皇家の奴隷台帳といったものでした。律令制により良民と賤民、嫡子と庶子の差別といったことが始まりますが、民衆の抵抗は根強く、時代は地方分権の荘園制に移行したことで中央集権のための戸籍はいったん立ち消えとなります。

全国的な戸籍の復活は明治政府が制定した壬申戸籍で、華族から新平民・土人といった表記も記し差別を広げたうえ、民間の習俗を破壊し戸主に絶大な権限を与え幾度かの改訂の後、男尊女卑・家父長制の「家」という概念が確立。天皇を頂点とする国民皆兵国家は戸籍による支配で完成を見ます。
さらには植民地であった朝鮮や台湾の人々も、創氏改名させられ皇民として徴兵・強制連行が行われたのでした。


1945年、第二次大戦の敗戦によって日本はGHQの占領下に入ります。
GHQは家族主義こそが中央集権・封建制の源だと、宮家の臣籍降下、財閥解体を行って分家や同族を追放し、戸籍は戸主権の廃止に加え三代戸籍を禁じて夫婦と子供だけの構造にし夫婦は平等としました。

しかし1951年に出来た住民登録法は地方自治の資料のためと言いながら戦前の戸籍や原簿がそのまま流用され、夫婦平等のはずの住民票に“世帯主”という表記がされます。さらに67年の住民基本台帳法改正により、再び国家行政のためのものとなってしまいます。


 前置きが長い( ̄▽ ̄;


⇒ 続きを読む

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 朧雑記帳 all rights reserved.
プロフィール

NOB

Author:NOB
いらっしゃいませ♪
ご訪問、感謝します。(^_^
過去記事へのコメントも歓迎。

(リンク・フリーです)
→リンクについて



当ブログのバナーです。
良ければお持ち帰りください。

ご感想・ご要望・その他、
ございましたら下記アドレス

までお願いします。

ランキング&Web募金
最近の記事+コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

iTunes Store

最近のトラックバック
お薦めサイト

自動更新バナー

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

DrecomRSSリーダー

LINK(いつもありがとう)

Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。